1年間のサピックス生活を終えて、継続が勇退か悩む日々

中学受験
スポンサーリンク

サピックスで4年生を過ごして、新5年クラスが始まりました。サピックスでの1年間を振り返えると、クラス的には一つ上がっただけでした。点数、偏差値はほぼ同じなのでその差は誤差。。ほぼ何も変わっていないと思われる状況に愕然としました。

スポンサーリンク

サピックスのクラスが変わらないと言う事

クラスがほぼ上がっていないというのは、新しい単元を次から次へと学んでいく中で、理解度のレベルは一年前とほぼ変わっていないのだと思われますね。自転車操業的に目の前の新しい単元をこなしていくけれど、一定の理解ができても深い知識、原理原則を理解するほどの余裕がなく毎回消化不良を感じながら学習する。そんな一年だったのかもしれません。

>>【中学受験】解決!!サピックスで成績が上がらなくてもやめる必要がない理由

テキストが良くてもやり切る学力がない

それなりに難易度の高いテキストを一年間学習しているにもかかわらず、落ちこぼれる訳でもなく、一定のレベルでついて行っていた。と、私は解釈しました。

とは言え、4科目の合計の話で、国語と算数の成績は下降傾向にあり、逆に理社が微増。国数の主要二科目に関しては月を追うごとに成績が下がっているので何らかの対策を立てないと五年になると勉強量がさらに増えるし、私もどこまでフォロー出来るかという不安もあり、このまま消化不良量が増えて取り返しのつかない状態になるのでは無いかという危機感を感じました。

家庭学習で親は教えてはいけない

振り返ると、算数は親のわたしが教えられるだろうと思っていましたが、それが逆に悪い方向に向かっていたのだと思います。

親が教えると、子供の思考は、塾の授業が理解できなくても、家で教えてもらえればいいや。という発想になり、塾の授業を軽視してしまう。で、家に持ち帰ってしまうのですが、家では次の塾の日までにやり切らなければ。と追い詰められながら問題を解くため、原理原則の理解より正解する事が目的になり、正解したら勉強から解放される。と、計算方法を覚える事が中心になってしまう。親としては原理原則を教えたいのですが、子供は答えを解く事に終始してしまいます。

半端な理解では学力の定着は見込めない

だから類似問題でも正解率が低く、原理原則を理解してないから知識が定着せず、ケアレスミスが頻発し、それを補うために家庭学習の時間が増えて、子供の集中力も下がり、非効率な日々の学習が、普段の生活を脅かし、一日中サピックスの宿題を解く時間に消費されるけど、勉強時間に対して成績が上がらないという悪循環に陥ってしまう危機感を感じてしまいます。というか、そんな4年生だった気がします。

積み重なる消化不良単元

この状態で5年生に突入すると、さらに学習量が増えますが、親が家庭学習で、全てをサポートできるわけでもなく、わからない物が増え続ける事になり、この大切な一年間が有効に過ごせなくなるリスクを感じました

サピックスのテキストは優秀。これは間違い無いと思います。解説もしっかりしていて、親が見ても、なるほどこう考えればいいのか。という新たな発見もあるので、これは難関校を受けるための教材として持っておきたい教材だと思います。

だけど、そのテキストを理解する場所は塾であるべきで、家庭で教えたとしても、5年に入れば限界となり、子供の意識も変わらなければ、成績も一定以上に上がる事は難しくなります。

そのことを塾に相談すると、

先生
先生

親御さんは教えないでください。

子供がキチンと塾の復習をするように時間の確保と宿題と授業の復習をやり遂げるように習慣付けさせて下さい。

とのコメントがありました。詳しく聞くと次のような理由があるそうです。

家庭学習での親の役割

サピックスの先生の言う親が教えてはいけないというのには次のような理由があります。

親が教えてはいけない理由
  • 小学5年生の受験勉強のレベルは高く、家庭で単発で教えるには時間がかかる。
  • 宿題は授業内容の復習なので、質問教室や授業後に先生に質問する習慣を付けることが重要
  • 親としては、『塾の授業聞いてたら解ける問題だけど、ちゃんと授業聞いてなかったの?』と問いただすだけにして、粘り強さを身に着けさせる声かけをするだけでよい

親が子供の勉強の遅れを心配して教えたくなる気持ちもわかりますが、中途半端に教えても成績は上がらないどころか、下がる可能性もあるとのことです。なんとなく納得です。やっぱり親は教えてはいけないんですね。

>>塾に任せていれば大丈夫?サピックスでの私立中学受験

利用が限定的なサピックスの質問教室

授業で分からない事は、授業の後か質問教室で先生に聞くようにと言われましたが、サピックスでは授業以外での質問する機会は非常に少ないことで有名です。日々質問の行列ができていて、質問できる内容も問題数が決まっているとのことです。それを超えた質問をすることが困難なので、サピックスの授業以外の時間でのサポートを期待することは現実的には困難です。

従って、サピックスの質問教室などを頼るのではなく別の方法を考える必要があります。

授業での理解不足をサピックス以外でフォローする方法

授業の内容が理解できなければサピックスの質問教室などを利用する必要がある。でも、質問教室の活用は限定的。他の方法を考えなければ、どんどんわからない単元が増えて行く。そんな状況を何とかしようと、ネットで勉強法を調べていたら、多くの子供が、サピックスについていける様に個人塾などでフォローアップをしている。という情報が多く見られました。

個人指導塾でサピックスの勉強をフォロー

サピックスの上位に行くための塾って何だろう。そんな事やるなら、ダイレクトに難関中に受かる指導をすればいいのに。などと違和感をかんじたけれど、それは一旦置いておいて、個人塾の特長は、

個人塾のメリット
  • 一対一の完全個人塾なので、先生はうちの子だけを見るため、子供の理解度を確認しながら毎回の進捗を調整してくれる
  • まず志望校を明確にして、その学校に合格するために必要な偏差値と今の偏差値のギャップを受験期に入るまでに埋めるための学習プランを考えて授業を進める
  • 御三家などの合格実績は多い

などがありますが、次のようなマイナスの印象があるのも事実です。

個人塾で注意すべきこと
  • レベルを引き上げる共通のメソッドはなない。
  • だれでも成績が上がります。というような共通のメソッドはない。
  • 合格するための逆引きプランなので、期間が短いほど一コマの量が増え、サピとの兼務は厳しくなりキャパオーバーは変わらないかもしれない
  • 半年後効果なければ志望校を変更すべき。変更した志望校に向けてのカリキュラムを組み直すべきとのアドバイスから、結果にコミットしてくれるわけではない

他塾でフォローアップする一つの手段としては有効なのかもしれないが、個人的には塾でどう過ごすか。家でどう復習するか。それを親とか優しい個人塾の先生など誰かに頼っていては、大きな変化は期待できない様な思われた。

体験授業を受けた感想

体験授業の結果、授業の様子を聞いたところ、割と子供の様子をちゃんと見てくれている様なフィールドバックだったけど、最初のアンケートに書いた親の不安なところとほぼ同じ内容なのと、そこに書いてない内容についてもサピの保護者会で聞いた様な内容がほとんどらしい

トーマスや個別指導塾は、苦手分野のフォローをやってくれるし、サピのクラス上げ対策も請け負っているらしい。でも、

家庭教師でサピックスの勉強をフォロー

個別指導塾ではなく、家庭教師でサピックスの勉強のフォローをする方法もあります。こちらも個人指導と似ていますが、学生のバイトが少ない印象があります。その分授業料は高くなりますが、家庭教師歴の長い先生が多く、子供の性格などを把握した指導方法を受けられるので、個別指導塾よりも短期間で効果が出る可能性はあります。

まとめ

サピックスでの継続が難しいならグレート落として、別の塾で受験勉強するか、授業後にしつこく先生に質問攻めをしてサピックスの塾の中だけで完結する努力をするべきなんだと思います。

それだけの学費をサピックスに投資しているのだから。親も積極的にサピックスに電話して勉強法などを相談するべきなんです。それをせずに個人塾や家庭教師でフォローアップを狙ったところで、個人塾の教師の言うがままにコントロールされて結果納得のいく結論にならず言いくるめられるリスクすらあると思っています。

そうはいっても、なかなか思い通りにはいかずに過ごした4年生。何か変化を起こさなければこのままずるずると変わらぬ日々を過ごして後悔する気がする。

なんとかせねば!

タイトルとURLをコピーしました