中学受験に通用する読解力を身につけるために今すぐにやるべき対策!!

中学受験

こんにちわ。今回も受験に関するプチネタをご紹介します!!

お子さんは読書が好きなんだけど国語の成績が上がらない。そんな悩み持っていませんか?特に男の子は感性という点で未熟な子供が多いので読書をしていてもなかなか成績につながらないケースが多いと聞いています。

では、何をすれば国語の成績が上がるのでしょうか。

中学受験に必要な国語力は読解力に比例する

国語の成績をあるには、読解力を上げる必要があります。読解力が低い子供の国語力を上げる手っ取り早い方法として読書をすることが良く書かれていますよね。

それでも、読書をたくさんしているのになかなか成績が上がらないというご家族多いと聞きます。そんなお子さんが陥っている状況は、

  • そもそも読み込みが足りない
  • 読んでいるけど、読み上げているだけ
  • 情景を想像する経験値が足りない

このどれかだと思います。多くのケースは、文字を読み上げているだけでその内容が頭に入ってきていない。ということだと思います。でも読書すれば必ず読解力は上がります。

読解力は読書量に比例する

読書すれば必ず読解力は上がります。しかし、いきなりサピックスで扱うような難関中学受験校向けの問題解いても自信を無くすだけです。

我が子も国語の成績が際立って悪かったので、サピックスの先生に相談したことがありますが、少しレベルを落とした小説から読み始めたほうが良いとアドバイスをいただきました。

では、具体的にどんな本を読めばよいのでしょうかと聞いたところ、読むのが苦手なら1学年下の国語の授業で扱っている小説が良いということでした。あとは、子供が割と夢中になる本として、ハリーポッターがおすすめの様です。

ハリーポッターを小学4年生の時に読み切れるような子には難関校合格者は多いらしい。

やはり読書か・・・・

先生に勧められるままにハリーポッターを完読することに成功しましたが、国語の成績は微増程度でした。読書は好きなのですが、国語の成績にはむずびついていないようでした。

読書好きだから国語が得意ではない

そこで私は、受験対策の国語読解と好きな本を読む読書とでは、本質的に異なるのではないか?という疑問に行きつきました。

私が高校生の時、日本史が大好きでした。読むのが大好きで教科書も繰り返し読んでいました。しかし、歴史のテストは散々な結果だったことを覚えています。これと同じで、好きでも成績が上がるとは限らないのだと思いました。

おそらく、算数は計算を解くのが好き、方程式を学ぶのが好きとか、算数が楽しいって感じている人は算数のテストの結果はよくなる気がします。「好き」がそのまま学問に直結する強化なのだと思います。

しかし、私の場合歴史は、時代の流れを読み解いてその時の人物の活躍を読んで楽しむことはできますが、何年にどんなイベントがあったのかといった年号問題とか、人物の名前を漢字で書くとか、そういうのって、歴史と関係ないので、覚えられないため、成績に反映されなかったのだと思います。

そう考えると、必ずしも好き⇒成績アップにはつながりません。そうすると、我が子の国語の成績を上げる秘策は読書ではないのではないかという仮説が立ちました。

そもそも、塾や学校の国語の先生が、成績を上げるには読書をするのです。という発言があったなら、自分の役割はない。と言っているのとほぼ同義になってしまいます。

そんな先生は、国語の指導力に何らかの欠陥があるとしか思えません。国語は学問です。従って、解答を導くためのセオリーは確実に何かしらあるはずで、解答は常に一意になるべきである。

国語とは、読書感想文とは異なる、学問なのである。

(参考記事) 厳選!!私立中学受験に必要な読解力が鍛えられる小説20選!!

本当の受験国語の指導方法は

そんなある種悟りにも似た境地に陥ったところで、画期的な国語の学習方法が見えたわけではなく、相変わらず子供の国語力の低さに現実逃避しかけていたのですが、同じことを考えている本を見つけました。

この本です。「お母さんが教える国語」を書いている早川尚子さん。この本によると、なぜ国語ができないのかの本質的な原因を探りながら国語力を上げるための親がどのように子供に接するべきかという点についても書かれています。

この本の非常に参考になる点は、読書して読解力上げるのは必要だけど、いつまでもそれではだめという点が書かれていて、読書に頼るのは4年までで、5年になったら、読書するのではなく、受験国語を解くために文章を読み解く訓練をする。というところ。

それを、どのように訓練するかは、この本に書かれていて、お母さんが読んで理解して子供にやらせる。実践できるかどうかは親子の関わり次第かもしれませんが、中学受験の国語は、確実に正解を得るための解法があると断言している点に非常に共感を得ます。

繰り返しますが、国語の成績を上げる方法は、読書を増やすのではなく、文章を読み解くための受験セオリーを身に着けることと書かれています。それが、読解力を鍛える事であり、国語の成績を上げることにつながります。

詳細は本屋で立ち読みか購入して読んでもらったほうが良いが、当たり前のことも非常に重要な日常であることを記載している点、勉強をしたくない子供の心理を突いて勉強を推進するための声掛け、態度なども書かれていて、当たり前のようで子供との受験勉強のかかわり方を見直さなければならないと強く感じるに至った一冊でした。

まとめ

いかがでしょうか。国語力は読解力に比例しますが、読解力は必ずしも読書量に比例するわけではありません。

読書量で勝負するのは、4年生まででそれ以降は、中学受験国語向けの解法を学ぶことで国語力を向上させることができます。学年ごとの勉強の進め方が異なりますので、ぜひ参考にしていただいて、苦手な国語の克服をしてください

コメント

  1. […] 読解力向上施策 […]

  2. […] 参考:読解力をあげて成績アップ […]

  3. […] (参考記事)読解力を上げるためにやるべきこと […]

タイトルとURLをコピーしました