【中学受験】 塾に任せたら手遅れ!?小5の2月にやるべき事とは!!

中学受験
スポンサーリンク

こんにちわ。俺の息子の話、中学受験準備編です。

小学5年生の2月と言えば、塾は新6年生のコースが始まります。このタイミングでどのような学習をしているのか公開します。

【俺の息子プロフィール】

  • 進学志望校:早稲田中、海城中
  • 滑り止め予定校:芝、城北
  • 早稲田アカデミークラス:SBクラス
  • 早稲田アカデミー偏差値(1月時の成績):53.22
    (国語:35.98、算数:55.6、理科:59.49、社会:60.14)
スポンサーリンク

小6コースのテキスト配布後にやるべきこと

中学受験向けの塾では、2月から新6年生の授業が始まります。早稲田アカデミーは、1月末の組分けの結果でクラスが決まり、クラスに応じたテキストを購入することになります。

早稲アカはクラス毎に異なるテキストを使う

塾から渡された申込書を見ると、SBクラスで申し込むのは

  • 予習シリーズ
  • 練成問題集
  • 4科のまとめ

など、まだまだSBクラスは基本を押さえるための学習が主体となっています。SSクラス向けのテキストを見ると「上位校への算数(PRACTICE)」が対象として追加されています。

SBクラスは上位校を狙うための基礎がまだできていない

という判断なんですね。残念!!

早稲アカはSBクラスには力を入れていない!?

5年の授業で感じたのは、SSクラスの先生は受験特化型でNNクラスの担当を持っていたり、難関中学受験を目指す生徒に教えることを仕事にしている分かりやすい授業を展開する先生が集まっています。

それに対してSBクラスは若手教師だったり、最悪な場合は学生バイトが付く事もあり、カリキュラムに則って授業を進めるけれど、宿題の数が膨大で、個人やそのクラスの学力に合わせた戦略的な工夫をしない印象があります。

これはおそらく小6コースでも同じだと思われます。宿題全部できればSSクラスに上がれるかもしれませんが、分かっている問題、分からない問題すべからく解こうとするとどれだけ時間があっても足りません。

従って、先生と話をして、宿題の取捨選択を許可してもらう必要がありました。すべての宿題をするのではなく、練習問題で解けなかったテーマの基本例題を解くという事ことを先生に宣言しました。

先生は特に反論せず、「ご自由に」という感じで特にアドバイスなどもなく受け入れてくれたので、その進め方に問題があるのかもわからず、あまり思いを持っていないのかもしれないという印象を受けました。

SSクラス以外は月謝要因?

ひょっとしたら早稲アカの方針として、SSクラス以外は毎月月謝を落としていくお客様であり、SSクラスの生徒は合格実績を積み上げてくれる、主要顧客という位置づけなんじゃなかって思ってしまいます。

相談すればアドバイスはもらえるのですが、そのアドバイスが、やはり生徒個別の状況を見てのアドバイスではなく、一般論を語っているような印象がぬぐえません。早稲アカは口が裂けても認めないと思いますけど。

従って、SBクラスにいる間は、講師の言われるままに勉強を行ってもおそらく成果は出ないだろうという結論に至り、自分なりに教材をそろえて子供の弱点を見つけてそこを抑える活動は家庭が主体的にやらなければならないという結論に至っています。

夏までが勝負!!科目ごとの学習プラン

我が息子もSBクラスにいつまでも甘んじるつもりはなく、SSに上がるためには塾だけに頼らずに、自宅でも学習の工夫が必要になってきます。

子供に合ったペースで先取りや復習の時間をプランする必要があります。SSクラスに上がれたら状況は変わるかもしれませんが、少なくともSBクラスの先生の言うことを真に受けすぎると痛い目に合う気がしてなりません。

また、小6コースの前半のNN特訓は見送ることにしました。これは先生に聞いたところ、

前半のNN特訓は学校別の傾向を見た上で、基礎固めを中心とした学習なので、学校固有の問題にはあまり手を付けません。

ということだったので、小6の前半は子供の弱点を家庭で強化する時間に費やした方が得策だろうと判断したためです。

算数の学習プラン

現時点で算数はSSに行っても多少苦労するかもしれないので、より基礎を定着させる必要があります。

算数の勉強で使うテキスト集め

算数に関して早稲田アカデミーで使用している教材のレベル感を私なりに整理すると次のような感じです。念のため購入したサピックスや市販テキストのレベルも私の感覚値で載せています。

テキストのレベル感は私の感覚ですが、早稲田アカデミーでは、SSクラスに行かないと扱われることのない「上位校への算数」のシリーズがあり、上位校を狙うのであれば、これをできるだけ早く解けるようになる必要があると考えられます。

バックアップテキストや上位校への算数シリーズなどは、同じ早稲田アカデミーでも校舎によって授業で使うかどうかはわからない為、申込用紙にテキストが乗っていない可能性があります。我が息子の通う校舎ではバックアップテキストが乗っていなかったため、塾に問い合わせたところ、以下の回答がありました。

バックアップは夏期講習から使うかもしれない。だから、夏期講習の時に購入してもらう予定です。

これを待っていると、夏期講習に入るまでバックアップは手に入りません。今の時点で入手する方法を、こちらの記事に記載したのでご確認いただければと思います。

その他の市販の参考書もamazonなどのページで検索しても見つかると思います。ただ、検索の手間もあるので、ダイレクトに購入ページに行けるリンクを設けました。SSに行ってから活用する参考書ですが、現時点でも使えるテクニックは多いので我が家は小5の時から購入して活用しています。

アフィリエイトをしているので、下記ボタンから購入すると私にインセンティブが入りますが、それを好ましくないとお考えの方は、アマゾンで直接検索して購入してください。

ちなみに、サピックスは、サピックス生しか入手できませんが、メルカリなどで中古の出品を探して購入することは可能だと思います。こちらはダイレクトリンクが出来ないので各人で検索いただければと思います。

算数は夏までにこう戦う!!

「4科のまとめ」は6年の授業が始まる前に塾から送付されて手に入ります。塾長に聞いたところ、

「4科のまとめ」はSSクラスは解けて当たり前なので使いません。これをサクサク解けないと上位校を狙うどころかSBクラスとしてもまだまだ未熟です

ということでした。上位校を狙うのであれば、春期講習が始まる前までに100%解けるようにした方がよさそうです。「4科のまとめ」はテキスト入手次第、毎日コツコツと始める予定です。

バックアップテキストは塾のカリキュラムでは夏期講習で使用予定でしたが、こちらもSSクラスでは使いません。従って、遅くとも春期講習後には着手初めて、夏期講習前には2巡は終わらせたいと思います。

国語の学習プラン

国語の成績は著しく悪いので、そこを強化する必要があります。国語は次の2つに分けて学習する必要があるそうです。

・漢字や文法などの暗記問題
・記述や抜粋の文章読解の問題

国語は、宿題をしっかりやって、あとは、毎日音読と漢字の書き取りを行ってください。

以前このようにアドバイスをもらい進めていましたが、あまり効果が出ていませんでした。

音読の工夫

最近気づいたのですが、文章の音読は、特に物語については、無感情で読むよりも大げさに抑揚をつけて読んだ方が子供の心に残り、正答率が上がっていることが分かりました。

ただ自ら音読しているときは、棒読みになっているので、テストの時などは心の中で棒読みしていて、話が頭に入ってきていないのかもしれません。

ただし、国語は息子が苦手意識を持ってしまっているのでそれを治すための方法を私は持ち合わせていないし、塾の先生もイマイチ頼りにならないので、一度家庭教師をつけて、子供の自信を取り戻すためのコンサルティングをお願いしようと思っています。

国語の成績を上げるのは時間がかかるんです」なんて言っている先生はこれっぽっちも信用できませんね。塾の先生はその発言が多いのですが家庭教師の先生はその回答する人はまずいないです。

国語も学問なので回答のセオリーはあるということです。それを学んで自信を取り戻す手助けは早稲アカの先生では難しいように思えてきました。

まとめ

いよいよ6年コースが始まり中学受験モードが本格化してきます。塾に頼り切った勉強法だと一般的な生徒をペルソナとしたカリキュラムなので、できる問題もできない問題もいっしょくたにされるのでかなり多くの勉強を強いられます。

家庭で考えるべきは、

  • 子供の得手不得手を把握して
  • 弱点を強化するための良質な教材を集めて
  • 計画的に弱点補強を繰り返す

が必要になります。中学受験は親の受験ともいわれています。塾の先生の受験情報を参考にしながらも、お子さんに合ったプランを立てるのが有効だと思います。

※現時点で俺の息子の中学受験は終わっていません。この勉強法が、やってはいけない勉強法になるのか、上位校を目指すためにやるべき勉強法になるのかは判断できないことをご了承いただき、参考程度にご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました