中学受験で偏差値を爆上げする家庭教師の見つけ方

家庭教師

家庭教師に勉強をお願いしようとしたけど、
授業料高い上にまともな先生ってほとんどいないよね。

受験勉強をしている家庭からよく聞かれる意見だと思います。

家庭教師にはいろいろなタイプがいます。お子さんと相性が悪くて成績が上がらないってこともあると思います。まともに教えることができない先生もいるかもしれません。でも、お子さんにぴったりの家庭教師が見つかって、成績がグッと良くなるなんてことがあればめちゃくちゃ嬉しくないですか?

我が家はある方法で、息子にぴったりの家庭教師を見つけることに成功して、成績を継続的に上げていくことに成功しました。

今回は、我が家が行った、息子にぴったりの家庭教師を見つける方法についてご紹介します。ぜひ最後まで読んで実践して、お子さんの成績アップに繋げてあげてください。

スポンサーリンク

中学受験の家庭教師では良い先生が選べない?

塾の先生は、その塾の社員として雇われて授業をしている正社員の人が多いです。

一方で、家庭教師って、現役の大学生がアルバイトでやっている場合もあるし、複数の家庭教師サービスに登録している事業主や一つのサービス専任の社員になっている人もいます。

だから、家庭教師にはまともな先生がいない。そう思われるかもしれませんが、誤解です。

家庭教師になる前の職業

家庭教師にも、元サピックスの教師とか、元浜学園や元日能研の教師とか、ある中学校の試験問題を作問した経験のある先生など、中学受験にさまざまな形で携わってきた教師がたくさんいます。

彼らがなぜ家庭教師の道を選んだのか?それは、塾でちゃんと教えられずクビになったからではありません。

塾だと、子ども一人一人の特徴を踏まえた最適な指導ができないと感じて、塾で教えることに限界を感じていたからだそうです。(全ての先生の意見ではありません。私が聞いた先生たちに限定しての意見です)

家庭教師と比較して塾の先生は優秀??

家庭教師は良い先生がいないという噂がある一方で、塾の先生はみんな優秀なのでしょうか?こちらも家庭教師と同じで、ピンキリだと思います。こんな先生いませんか?

  • 塾のブランド力にあぐらかいて努力せずにに大した指導ができない先生
  • カリキュラムとテキストに沿って授業しているだけの先生
  • 年取って、若手教師にチヤホヤされながら天狗になってる先生
  • 生徒の名前を覚えないまま、保護者面談を始める先生
  • まだ間に合うから頑張ろうって精神論だけ言う先生

もちろん、全員ではありません。でも結構な確率でいるように思えます。なぜかというと、塾の先生は簡単にクビにはならないからです。一方で家庭教師は、クビにはなりませんが、生徒に選ばれなければ収入は減ります。だから指導力を磨くし色々な工夫をします。

中学受験の家庭教師では良い先生が選べる

家庭教師の最大の特徴は良い先生が選べるってことです。

相性が悪いな、教え方下手だなって感じたら、別の先生に変更を依頼できます。時間がかかるかもしれませんが、良い先生に出会うまで先生を選べます。しかも、今の家庭教師はほぼオンラインでの授業なので、東京に住んでいながら大阪のカリスマ家庭教師を指定することもできるんです。これってめちゃくちゃすごいことだと思いませんか?

塾だと通ってる塾の先生の指導しか受けられません。その先生が優秀ならラッキーですが、どんなに分かりづらくても変更することはできません。

塾の先生と家庭教師、どちらが優秀なのかは、断言するのは難しいです。でも、家庭教師の方が優秀な先生が多いと思います。ただ、そうではない先生もいて、教師の母数が圧倒的に家庭教師の方が多いので、良い先生に出会いづらいという印象につながっているのです。

でも、ある方法で、確率を高めることができると思っています。

家庭教師の上手な選び方

家庭教師サービスに登録して、家庭教師から連絡が来るのを待っているだけでは、良い先生が担当する確率は低いと思います。また、出会うまでに時間がかかると思います。登録の際にお願いしたいことを備考欄などに書いておくと、そのフィルターでヒットした先生だけが対象になるので、確率が上がります。

条件は都度変えても問題はないのですが、どんな内容を書いておけば良いのか参考に載せておきます。

バイト家庭教師なら学歴で探す

家庭教師歴が5年以上の先生であれば、最終学歴はほぼ関係なくなりますが、それよりも経験年数が少ない先生や学生のアルバイトなどを候補に入れるのであれば、国立大学の学生特に医学部生などに担当してもらうのをお勧めします。

国立大学の受験は共通テストと自校問題と、ガチで学力を見て合否が決まるので、かなり頭が良い先生が多いです。また、多くの場合中学受験を経験しているので、その辛さを共感できるし、合格した先の未来を語ってもらうこともできるので、子供のやる気に良い影響をもたらしてくれます。

早慶の先生でも良いんじゃね?

良いんですが、早慶には推薦組もいるし、学部によっては、偏差値格差が大きいので、そこまで確認して依頼をした方が良いです。

社会人家庭教師なら実績…ではなく職歴を見る

教え子が早稲田大学に合格しました。などの合格者の実績を載せている先生いますが、その先生の指導だけで合格した生徒なんてほとんどいないはずです。複数の家庭教師を活用しているかもしれないし、他の科目は塾の勉強だけで十分だったかもしれません。だから、教え子の進学先で決めるのは危険です。

社会人家庭教師であれば、家庭教師やる前に何していたのかを確認します。

  • 元サピックスの教師
  • 元浜学園で教えていた先生
  • 元日能研の先生
  • テスト問題の作問をした経験のある先生
  • 元早稲アカのNN特訓コースで指導経験のある先生

など。中学受験に関連した仕事を経験しているかどうかで見極めると良い先生に出会える確率は上がります。

良い家庭教師を探す時期

上述した先生に本当に出会うことってできるのでしょうか。

出会えたらラッキーでしょうか?まぁそうかもしれません。優秀な先生は生徒側で長期間キープしちゃってるから受験が終わるまで解放されないことも多くあります。でも、相性って人それぞれなので、絶対に見つからないってわけではありません。

さらに、家庭教師の空きが発生するのは、受験が終わった2月ですが、夏期講習などの季節講習の直前に開く傾向があります。でも、その時期に探し始めてもまず見つかりません。もっと早い時期、2−3ヶ月前から探し始めて、会いた時に優先的に紹介してもらうように家庭教師の事務所には連絡しておく必要があります。2月から始めたいなら、11月ごろから問い合わせをしておいた方が良いと思います。

無料体験授業をフル活用

担当の家庭教師が見つかると、先生のレジュメが送られてきて、体験授業するかどうかの回答をすることになります。上述したような条件を満たしているかレジュメに記載がない場合は、事務所に確認でも良いですし、体験授業の時に確認でも良いと思います。

できるだけ多くの教師を体験する

こちらからの条件が増えれば増えるほど、該当する教師が見つかる確率は下がります。なので、絶対に譲れない条件とできたら満たして欲しい条件を明確にした上で、多くの体験授業をお願いしてみてください。体験授業とはいえ、通常の学習指導をするので、ただにも関わらずたくさんの指導を受けられます。

条件を提示した後、お子さんと相性の良い先生を探す方法は、最後は無料体験しかないので、できるだけ多くの先生に体験を依頼してみてください。

複数の家庭教師サービスに依頼する

無料体験授業は3回までなど制限しているところもあります。だから、なるべく条件を明確にして確立を上げる必要があります。また、一つのサービスだけではなく、複数のサービスに登録してみてください。

個人でやっている家庭教師も参考にして良いと思います。個人事業主として家庭教師をしている先生の多くはブログを書いています。共感できる先生にメールで問い合わせしてみて、体験授業を申し込むのも良いと思います。個人の家庭教師の方が、組織的に管理していないため、こちらの要望に対してかなり柔軟に対応してくれる先生が多いです。

良い先生の見極めポイント

多くの方が感じている通り、イマイチな家庭教師が多くいるのも事実です。だから、信頼できる家庭教師に出会うために、こちらから条件を出して見極めています。

その見極めポイントの説明です。我が家では体験授業の最初に次の2点を最初に見ていました。

弱点分野の探し方

苦手分野を無くしたいけど、苦手分野が多くて何から手をつければわからない。時間がないので、効率的に進めて苦手分野を克服してほしい。

このようなオーダを事前に伝えておくと、

  • では、確認テストを用意するので、一つずつ確認していきましょう。
  • では、過去の塾の定期テストで使った問題用紙と回答用紙を用意してください。あと、テスト結果のレポートもあるだけ用意してください。

大体この2パターンでした。後者は、問題用紙と回答用紙は当時使ったものを用意して欲しいと言われます。これは、試験で問題のどこにメモやチェックを入れているかを確認しています。途中計算はどこまでかけているかも見ています。それらの情報から子供の理解度をチェックする目的のようです。定期テストのレポートは、各問題の正答率から、底上げすべき分野の分析に使います。

  • 先生が経験から生み出した確認テストを用いる方法
  • 過去のデータを元に未来にどう動くのかをプランするスタイル

我が家は後者の方が優秀だって考えました。

ちなみに、塾に成績を上げるためのアドバイスを求めると、今の成績を見て何が必要か表面的に話をします。苦手分野については、定期テストのレポートで80%の生徒が正解している問題で間違えないようにとアドバイスしてきます。なんで間違えたのかまでは見てくれません。

お子さんの反応

体験授業が退屈だったって感想を述べるような先生だと効果は低いと思います。

体験授業が楽しかったと言う場合、効果は五分五分です。楽しい授業がわかりやすいです保証はありません。

何も誘導することなく、わかりやすかった。って感想を言う先生だと、高い効果が得られる可能性が高いと思います。

塾の授業で「楽しかった。」って返ってくることがあります。何が楽しかったの聞くと、勉強とは関係ない雑談が楽しかったって事がよくありました。そこに塾代を投資していることに違和感を感じていたこともあります。

親から伝えるべきこと

お子さんにぴったりの家庭教師は自分で探すことはできないことがほとんどです。基本は家庭教師サービスが適切と思われる教師を割り当ててきます。でも、こちらの要望を伝えることで、良い家庭教師に繋いでもらう確立を上げます。

参考に我が家が家庭教師をお願いする際にお伝えした要望を紹介します。

利用目的

基礎知識の定着
偏差値アップ
NN合格

利用条件

利用目的の具体的なゴールを伝えています。

3ヶ月間など期間指定
上のクラスに上がるまでのサポート
夏期講習までに偏差値10アップ
次のマンスリーの出題範囲の理解強化

利用期間

基本的にいつでも辞められます。だから、期間を決める必要はないです。でも、先生側は、継続して指導したいと考えています。だから、最初は1−2ヶ月と授業期間を区切って、継続するか検討すると伝えています。

フィードバック方法

授業を終えた後に、メールやレポートで指導結果の報告をするケースが多いです。決められたフォームに授業の内容や宿題、子供の理解度などを報告するところが多いです。が、5分でも良いので、先生から直接言葉で報告してもらうように依頼しています。機械的なレポートではわからない子供のつまづきポイントがわかります。次の授業までに抑えるべき知識や観点なども教えてもらえます。また、直接聞くことで、子供の様子をちゃんと見て指導しているかもわかります。だから、親へ直接フィードバックをできることを条件に入れています。

家庭教師活用の効果

家庭教師を使って驚いたのは、塾でクラスの生徒全員に発信している先生の言葉よりも明確に記憶に残っているということです。生徒が一人でその子向けに話をしているので当たり前なのですが、ぼんやりなんとなくの記憶ではなく、授業後にどんな話をしていたのかを自分の言葉で話せるほど記憶に残っているという点。

他にも、次のような効果が見て取れました。

理解度が上がる

家庭教師の授業を始めて早いタイミングで効果が現れました。親が説明するよりも、塾で先生に聞いた時よりも、苦手分野の理解が明らかに高い。そして、類似の問題含めてミスせず正解することができるようになっています。

パパん
パパん

無料体験授業の時に、算数の速さ問題でダイアグラムと状況図のどっちを使うべきかと、それぞれの作図の方法などを分かりやすく説明してくれたので、速さの問題でミスが大幅に削減されました。

勉強のやり方がわかる

なんで間違ったのか。その根本となる基礎知識の学び直しもするので、勉強の仕方もわかってきます。その内、なぜ間違えたのかを自己分析ができるようになります。そうなると、自ら塾の先生に質問もできるようになります。

パパん
パパん

文章問題では、問題を最後まで読まずに見切り発車して間違えることが多かったのですが、問題文に線を引いたり計算に必要な要素に印をつけるようになり、問われている事と、解くために必要な情報を逆引きで整理するので、ミスった時に何が足りないのかが明確になって、復習速度が上がりました。

質問の仕方がわかる

勉強のやり方がわかると、解けない問題や理解できない問題に直面した時に、何がわからないのかを明確に説明できるようになったので、質問も漠然とした内容から、教えて欲しいポイントを絞って説明できるようになりました。

ママン
ママン

今までは、塾に質問してきなさいって伝えて、質問はしてくるんだけど、それで満足しちゃって先生の説明もあまり頭に入ってないことが多かったんだけど、わからないところが明確になったので、ピンポイントに質問して答えをもらってくるので、質問にかける時間も減りました。

結果的に家庭教師を長期利用することなく、短期で成績を上げることができるので、効果は非常に高かったと思っています。

探すのが面倒くさいなら、受験ドクター

家庭教師サービスはいろいろあって、複数の体験授業とか面倒くさいし、やっぱりあまり信用できないな。って思われている家庭はまだまだいると思います。おっしゃる通り絶対ではありません。

でも、もし優秀な先生に出会うことができて、成績が短期間で向上するなんてことがあったら、コスパの良さに唖然とすると思います。多くの体験をする時間がもったいないって感じているのであれば、中学受験ドクターを試してみてはいかがでしょうか。1番ハズレ教師が少ない印象があります。

まとめ

家庭教師もオンライン化が進み、関西の先生も選べるようになりました。選択肢が全国に広がったので、良い先生に出会える確率は格段に上がってます。

  • 先生を選べない塾より、子供にあった先生を探せる家庭教師
  • 塾のブランドに頼らず努力してる家庭教師
  • お子さんにあった個別指導が得られる家庭教師

授業料が高くなるのは、仕方ないですよね。でも、早いタイミングで家庭教師を有効活用することで支出を抑えることができます。支出を抑えて成績上げて、そして志望校の合格を勝ち取れるなんて最高だと思います。そんなことができるのが家庭教師の活用だとと思います。

タイトルとURLをコピーしました