お高いのはどこ?小学4年生からの中学受験塾の費用比較!!

中学受験
スポンサーリンク

こんにちは。4月から新4年生になるお子さんがいるご家庭では、この時期から中学受験を考え始める時期ではないでしょうか。中学受験向けの塾は、3年の2月から新学年の授業が始まります。

中学受験をするなら、すぐにでも申し込みしなければいけないと思いますが、お子さんをどの塾に通わせるのがよいのでしょうか。今回は、中学受験向けの塾であるサピックスと早稲田アカデミーを比較してみました。

中学受験を考えている方の塾選びの参考になればと思います。

スポンサーリンク

塾の費用比較

入塾してからの費用だけではなく、入塾テストからの費用について比較してみました。各学年で通うコースによっても費用が異なる塾もありますが、新4年生から私立国立中学を目指すコースに入塾する場合に必要な費用について比較しています。

入塾までにかかる費用の比較

入塾までにかかる費用は、サピックスが断トツで高いですね。入塾テストを受けるにも費用が掛かりますし、入塾テストの日程が決まっているのもサピックスだけです。そして、入塾テストで不合格が出るのもサピックスだけです。

その他の塾の入塾テストは無料で受けられます。また、受講者側の都合に合わせて日程調整をしてくれて、テストの結果は入るクラスを判定するだけなので、割と入塾テストは受けやすいのではないでしょうか。

それでも、サピックスは後者によっては満員で入塾テストを実施しない校舎もあるので、サピックスの人気はすごいですね。

入塾テスト入塾金合計
サピックス3,300円33,000円36,300円
早稲田アカデミー 無料22,000円22,000円
四谷大塚 無料22,000円22,000円
日能研 無料22,000円22,000円

学年毎の授業料比較

毎月の授業料もサピックスが断トツで高いです。続くのは四谷大塚、早稲田アカデミーと続きます。なお、ここに記載している料金は毎月の通常授業の月謝(カッコ内は年間の費用)で、授業料の他に、授業で使うテキスト代やマンスリーテストや夏期講習、冬期講習、春期講習、公開模試、志望校別コースなどオプションコースが塾によってさまざまなコースで追加費用が発生します。

どこの塾も高いですね。私立中学の学費と同じくらいの費用が掛かることを覚悟した方がよさそうです。

4年生5年生6年生4年間合計備考
サピックス41,800円
(501,600円)
52,800円
(633,600円)
59,950円
(719,400円)
1,854,600円
早稲田アカデミー30,620円
(367,440円)
47,450円
(569,400円)
48,110円
(577,320円)
1,514,160円
四谷大塚36,300円
(435,600円)
45,100円
(541,200円)
66,917円
(803,004円)

1,779,804円
6年の授業料は、
8月まで57,750円/月
9月から79,750円/月
日能研20,900円
(250,800円)
26,334円
(316,008円)
42,768円
(513,216円)
1,080,024円
Z会(通信) 17,676円
(212,112円)
21,600円
(259,200円)
21,996円
(263,952円)
735,264円

トータルでは、日能研の学費がかなり抑えられそうです。志望中学校への合格実績が同程度であれば日能研で学ぶのがお得なようにも思えます。

参考に東大受験で有名な通信教育のZ会の費用を記載しました。通信教育の中では高額な方ですが、それをはるかに上回る授業料ですね。しかし、Z会は、それ単体で家庭だけで学習するには難易度が高く、家庭教師を取ったり、塾との併用が必要になるので、Z会で中学受験を戦おうと思うとプラスの支出があることを覚悟する必要があります。

夏期講習の受講料比較

季節講習についても比較してみます。サンプルとして夏期講習の受講料を比較してみました。

こちらもサピックスの一人勝ち(?)です。続くのは、早稲田アカデミーです。授業料では四谷大塚の方が高かったのですが、季節講習では早稲田アカデミーが高額になっていますし、日能研よりも低く設定されています。

4年生5年生6年生合計
サピックス90,200円114,400円210,100円423,900円
早稲田アカデミー63,400円120,900円172,700円357,000円
四谷大塚73,700円104,500円139,700円317,900円
日能研40,370円123,310円179,960円343,640円

【中学受験】塾選び!!早稲田アカデミーってどんな塾?

合格実績はサピックスが優勢

続いて合格実績を比較してみました。ここでもやはりサピックスが強いです。続くのは早稲田アカデミーと四谷大塚です。2つの塾の実績は近い数値ですが、早稲田アカデミーの方が多少優位に見えます。学費は四谷大塚の方が高いので早稲田アカデミーの方がお得かもしれません。

高校サピックス 早稲田アカデミー四谷大塚日能研
開成273 10310630
麻布183655453
筑駒7339229
31393030
桜蔭175736124
渋谷教育学園幕張35117615479
早稲田20616117154
慶應普通部107593719
聖光学院225695829
女子学院125605940
武蔵55575027
早大学院57614113
慶應中等部144624416
立教新座167281267176
明大明治6810310740
市川497220308120
ラ・サール2018127104

新4年生から中学受験するならどの塾がお得か?

それぞれの塾に通った場合に必要な費用を比較しました。費用に関してはサピックスが断トツに高額です。それだけの実績があるということだと思います。しかし、サピックスの入塾テストには不合格があります。サピックスの一定水準を満たしていない子供はサピックスに選ばれることすらできません。そうやって、一定水準の生徒を取ることで一定以上の成績を導き出しているというのも事実です。

その他の塾は入塾テストで不合格はありませんが、一番下のクラスに入塾してそこから上のクラスを狙うことができますが、塾にまかせっきりではなく親のサポートが確実に必要となるので、授業料に加えて、子供のモチベーションや親ができるサポート範囲なども確認して入塾先を決めるのが良いと思います。

そして何より塾へ通う場合は、今行っているお稽古事の日程と被ることも考えられ、どれを優先するかはお子さんとしっかり話をして決める必要があります。今のお稽古事をやめることに躊躇しているのであれば、4年の内は、Z会を活用して中学受験の基礎を築くのも一つのやり方ではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました