なかなかわかりづらいカルテットの魅力がますますわからなくなった第8話

NO IMAGE

食卓の楽しみ

カルテットの楽しみは食卓の会話と思っても過言ではないくらい、くだらない言葉の駆け引きが魅力的。

今回も2人前しか作っていないお昼の蕎麦を食べるシーン。初めはすずめと別府が向かい合っていたのに、別府と家森が入れ替わり、その後今度はすずめと真紀が入れ替わり、家森と別府がまた入れ替わり・・・そんな食卓ありえないってくらい2食しかない蕎麦を交互に食べるシーンは、これまでのドラマでは見たことのない独特なリズムを感じます。

そして第8話は4角関係が明るみになる回で、色々な比喩が出てきました。

好きだってことを忘れるくらい、いつも好き

三角コーヒーが好きだというスズメのセリフ。だけど、別府への片思いを表現する言葉としてもつかわれています。

片想いって、1人で見る夢でしょ

別府への片思いを諦めさせようとしているかの家森のセリフ

そしてS・A・J方程式

  • 好きです
  • ありがとう…
  • ・・・冗談です。

「冗談です」の言葉が、「好きです」を帳消しにする特効薬。とまではいかないけれど、振られた後の気まずい空気を無かったかのようにしてもらい、その後も同じフレンドな関係を続けたい。という振られた側の女々しい心理を上手く表現してる方程式。

この方程式は、別府と真紀の会話でも再現されて、つくづくカルテットは言葉のドラマなんだと思いました。

第8話は、片思いのカルテットの4人の心理を上手く表現できていると思いました。
このままラブストーリーの展開になって行くのかと思っていたら、次週の予告に「早乙女 真紀はこの人ではないんです。」との刑事の言葉に唖然。

やっぱり、カルテットはサスペンスドラマなのか。
う〜ん、今後の展開にみぞみぞする。

Uncategorizedカテゴリの最新記事