歯の黄ばみが気になる人必読!!ホワイトニングの美白効果

歯の黄ばみが気になる人必読!!ホワイトニングの美白効果

毎日食後にきちんと歯を磨いているのに黄ばみが気になる。そんなこと感じたことありませんか?

歯が黄ばんでいると、気兼ねなく歯を見せて人前で笑うことも躊躇してしまいますし、周りの人からも、普段の生活がだらしないという印象を持たれてしまいます。

でも、原因がわかれば対策も立てられます。今回は、歯の黄ばみを解消する方法について私の経験を踏まえてご紹介します。

これを読んで皆さんも白い歯を取り戻し、さわやかで白い歯の笑顔で日々の生活送りましょう。

歯の黄ばみの原因

まず、歯が黄ばむ理由を理解するところからですが、歯が黄ばむ原因はいくつかあります。歯の黄ばみの原因として多いのは、たばこ・コーヒー・お茶・ワイン、チョコなど色の濃い食べ物を食べることで黄ばみの原因が歯に付着する外的要因が多いようです。

歯の黄ばみの主な原因
  • 加齢による劣化からくる歯の黄ばみ
  • 歯磨き不足で歯垢が付着することによる黄ばみ
  • 色の濃い食べ物の色素が付着することによる黄ばみ

加齢による劣化からくる歯の黄ばみ

毎日歯を磨いていても、年を重ねるにつれて、歯は黄ばんでいくものです。これは歯の劣化が原因です。具体的には、歯を守る表面のエナメル質が、長年摩耗や食品に含まれる酸に溶かされて薄くなり、歯の内部の黄色い象牙質が見えてくることが原因です。さらに、象牙質自体が加齢と共に色素が濃くなってくることも黄ばみの原因です。 

エナメル質
引用:https://www.kikuchi-shinbi.com/

さらに老化により歯に細かな亀裂が入り、亀裂に飲食物の色素が付着して歯磨きでも除去しずらくなるため、黄ばみが強くなります。

歯磨き不足で歯垢が付着することによる黄ばみ

歯垢によってできる黄ばみは歯磨きが正しくできていないことで磨き残しができることが原因です。正しい歯磨きをすれば除去することができます。

しかし、歯垢による黄ばみは見た目だけにとどまらず、長期的に付着すると、虫歯につながりますし、口臭も伴いますので、正しい歯磨きをして早期に除去する必要があります。

色の濃い食べ物の色素が歯に付着することによる黄ばみ

歯は「ペリクル」と呼ばれる膜で表面を覆われていて、虫歯予防用の働きをしますが、その一方で、食べ物の色素と化学反応を起こして、黄ばみを発生する原因となっています。

ステインはどうやって作られる?
引用:https://clinica.lion.co.jp/

特に、コーヒーやお茶、ワインやココア、チョコレート、カレーライスなど色の濃い飲食物と結合すると、黄ばみが発生します。そのほかにも、バナナ、大豆製品などポリフェノールを含む食品は黄ばみやすい特徴があります。

歯の黄ばみを取り除く方法

それでは、黄ばみを取り除いてもとの白い歯に戻す方法についてご紹介します。黄ばみの原因によって対応が異なりますので、黄ばみの原因に応じた対応を行って、若々しい白い歯を取り戻しましょう。

加齢が原因の歯の黄ばみを取り除く方法

加齢による黄ばみはエナメル質が薄くなるのと歯の表面の亀裂によるものなので、除去することは難しく、ホワイトニングでの治療になります。歯科医院でのホワイトニングは、歯を削ることなく、短時間で高い効果が期待できます

歯垢が付着することによる歯の黄ばみの除去法

歯垢が付着するのは歯磨きが不十分だからです。正しい歯磨きを行えば黄ばみは除去されますし、そもそも黄ばみの原因の発生予防にもなります。

濃い飲食物の色素が歯に付着した黄ばみの除去法

飲食物の色素と歯の表面にある「ペリクル」の結合により作られる黄ばみは、まず、その原因のもととなる成分の確認が必要です。その成分を除去できる成分が配合されているホワイトニング用歯磨き粉を使って歯を磨くことで除去することができます。

正しい歯磨きをして黄ばんだ歯をホワイトニングする方法

加齢で黄ばんだ歯の対処は歯医者でホワイトニングになりますが、それ以外の黄ばみは正しい歯磨きでホワイトニングが可能です。

ホワイトニング専用歯磨き粉を使った歯磨き

もっともお手軽と考えられるのが、ドラッグストアで黄ばみの除去専門の歯磨き粉を購入して歯磨きを行うことです。

ホワイトニング専用の「gc ptcペースト」歯磨き粉は多少高値ですが、研磨剤などを含んでいるため、歯の表面に付いた黄ばみを除去することができます。

分割ポリリン酸ナトリウム配合の歯磨き粉は歯とステインの間の結合を弱める働きにより黄ばみ除去するとともに、歯をコーティングすることで汚れの付着を防ぐ効果が期待できます。
分割ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニング歯磨き粉である「薬用ポリリンジェルWX」は、研磨剤・発泡剤不使用のため、毎日のケアにもおすすめです。

電動歯ブラシを用いた歯磨き

正しく歯が磨けているか不安な方は、電動歯ブラシをお勧めします。電動歯ブラシは1分間の振動数が多く、歯に当てるだけでも汚れの除去効果が高く、磨き終わった後は歯がツルツルでかなりの爽快感が得られます。

私も電動歯ブラシを使っていますが、「ブラックisホワイト電動歯ブラシ」はかなりおすすめです。電動歯ブラシを使う場合、研磨剤を使うと歯を傷つけるので、黄ばみを浮かせて落とすジェルタイプを使用するのがお勧めです。

(参考記事)ブラック is ホワイト電動歯ブラシレビュー

そもそも黄ばみの元を歯に付着させないことが重要

歯の表面は本来つるつるです。これは滑沢なことで歯の表面に細菌や黄ばみが付着しずらく、清潔でいられるように出来ています。

しかし普段の歯のメンテナンスが出来ていないと、表面に傷がついたり、色素が付着したりしてしまいます。逆に言うと日々メンテナンスを行うことで、歯医者に行くことなく長期的にきれいな白い歯を維持することが可能になります。

歯の表面を傷つけないこと

研磨剤配合のホワイトニング歯磨き粉で歯の表面を強く磨くと、細かな傷が付きます。その傷が歯の滑沢さを損ない、細菌や黄ばみの付着に繋がってしまいます。

研磨剤配合のホワイトニングを使用するときは、軽く優しく歯をマッサージするように磨く必要があります。

飲食後のうがいの習慣を身に着ける

コーヒーやお茶・チョコレート、ココアなど黄ばみの原因となる食べ物を食べた後は、うがいや口をゆすぐことで、黄ばみの原因である色素を洗い流して黄ばみの発生を抑止することができます

まとめ

いかがでしたか。黄ばみの原因は大きく3つ考えられますが、対応を間違わなければ黄ばみを除去してきれいな歯を取り戻すことができます。

歯の白さはその人自身を若く見せます。白い歯を見せて笑うと自分も周りも楽しい気持ちになります。

ぜひ、歯の黄ばみ対策をして白い歯を取り戻してみませんか。

健康カテゴリの最新記事