加熱式たばこは良いけどそれ吸う最悪な男に出会った話

加熱式たばこは良いけどそれ吸う最悪な男に出会った話

こんにちわ。ココアンです。最近は、外に出ても喫煙場所がめっきり少なくなって、マナーの悪い日本人も少ないから、外でたばこ歩きする人も見なくなりましたね。

その分、喫煙者は肩身の狭い思いをしていると思います。

私はタバコは吸いませんが、ヘビースモーカーに囲まれて生活していたので、たばこの匂いにそれほど嫌悪感を感じていませんでした。

だから目の前でたばこを吸っていてもなんとも思わないのですが、喫煙者のほうが逆に気を使って、出かける都度、喫煙ルームの場所をチェックしているのがかわいそうに思うことすらありました。

脱たばこを始める大人たち

たばこは体に悪いといわれていますが、私はお酒をよく飲むし、夜更かしするので、たばこを吸う以上に不健康な生活を送っているので、たばこの煙程度では私の健康に大した影響を与えないのではないかと思っています。

それでも、たばこを嫌う人が多いのは事実で、たばこを吸う人は頻繁に喫煙ルームに駆け込んでたばこを吸っているのですが、最近は、たばこを加熱式たばこを使う人が増えてきています。

加熱式たばこは、匂いが全く気にならないので、「禁煙しているの?」と聞いてしまうほど周りの人にとってはストレスのないたばこです。友人が使っていたのは、プルーム・テック・プラス・ウィズという加熱式たばこでした。

加熱式たばこのプルーム・テック・プラス・ウィズの特長

引用:https://ploom.clubjt.jp/techplus/with/concept/

先代のプルーム・テック・プラスもそれなりに好評だった加熱式たばこでしたが、プルーム・テック・プラス・ウィズとなりさらに使い心地は良くなっています。

加熱式たばことは

加熱式たばこは、電子タバコと混同されることが多いのですが、明確に特徴が異なります。

加熱式たばこは、たばこの葉っぱを使っているという意味では一般のたばこと類似していますが、たばこの葉っぱを燃やさずのではなく、加熱して蒸気を発生させる製品で、その蒸気を喫煙者は吸います。

たばこの葉っぱを燃焼させないため、煙や灰も発生せず匂いもしないのが特徴です。それに対して、電子タバコは、たばこの葉っぱは使用しない製品ですので、その点で大きく特徴が異なります。

加熱式たばこの消臭力強化

一般的に加熱式たばこには、それ特有の匂いがあるらしくそれが嫌で加熱式たばこに移行できない人もいると聞いていますが、プルーム・テック・プラス・ウィズは、ニオイを極力抑えることに成功しているため、利用者の満足度が非常に高い商品です。

加熱式たばこのサイズと重量の小型化

加熱式たばこは先代よりもサイズがコンパクトになっていて、長さが約半分程度にまで抑えられています。さらに、重量もおよそ4g程度軽くなっているため、持ち運びでも邪魔にならない大きさに進化しています。

加熱式たばこの高速充電

「プルーム・テック・プラス・ウィズ」の充電時間は、60分の充電で、1箱分の使用が可能になっています。プルーム・テック・プラスの時は、90分ほどかかっていたため、充電時間が1/3短縮されています。

さらに、電気残量も一目でわかるので、充電忘れも防止できます。

それでも気を遣う喫煙者たち

喫煙者たちはきっと煙をぷかぷか吹かせながらたばこを吸いたいのではないだろうか。私はそう思っていたので、加熱式たばこに切り替えた喫煙者たちは、職場の自席で加熱式たばこを吸ってよいと思っていました。

キムチ入りの弁当をコンビニで買って職場で食べる人の方がよっぽど迷惑ですね。

加熱式たばこは「たばこ」に分類されるのか

しかし、加熱式たばこは「タバコ」に分類されるのでしょうか。喫煙者たちは、加熱式たばこを吸うときは、喫煙室に行っています。そして、数少なくなったタバコ喫煙者が輩出したたばこの煙をまとって戻ってきます。

喫煙所からたばこの匂いまとって戻ってくるほうが迷惑な気がするね。

きっと歩きタバコもやらないのでしょう。誰かに当たって怪我させるリスクもなく、歩きスマホよりもよっぽど安全だと思いますが、世間の目を恐れて自由に喫煙できないのは悲しい世の中だと思ってしまいます。

染みついた喫煙者のたばこ加害者意識

加熱式たばこに切り替えた喫煙者たちには、昔からの喫煙者の肩身の狭さや、モラルの問題というか、周りの人の目が気になって、職場の机で吸うのは憚れるようです。

ポテロングを口に加えて仕事している人と大した違いはないのですが、気の毒な加害者意識ですね。モラルってなんだろうと考えさせられます。

ポテロングのほうが、サクサク食べる音する分気になっちゃいますよ!

そして最近・・・

加熱式たばこに切り替えたからといって、偉いわけではない

先日、加熱式たばこに切り替えた喫煙者が、喫煙所から帰って来てその友人と話をしている内容を聞きました。その内容が不愉快だったので引用します。

いつまでたばこなんて吸っているんでしょう。たばこなんて不味いし匂うし、たばこ吸い続けている人が信じられない。加熱式のほうが、全然おいしいのに、なんで切り替えないのでしょう。残念な人たちです。こっちが加熱式使っているのに、周りがタバコだから匂いがくっついちゃうんですよー

これを聞いて、無性に腹が立って来ました。おそらく彼は、少し前までは、他の人同様にたばこを吸っていて、匂いを喫煙所から持ち帰ってきていた人なのに、加熱式に切り替えたとたんに、たばこ喫煙者を馬鹿する発言。

こんな発言して喫煙者を否定するくらいなら、自分の席で加熱式使ってもらったほうがよっぽど助かるのですが、その辺気づかずに自分勝手な理論かざしている人見ると不愉快になります。

加熱式たばこ使っている人の多くはこんなこと感がないと思いますが、色々な状況に置かれている人がいる中で自分の事しか見えずに発言するのは控えなければと思う今日この頃です。

個人的には、加熱式を使う人大賛成です。匂いとか本当に気にならなくなったので自席でじゃんじゃん使っていいと思います!!

健康カテゴリの最新記事