目からウロコ!!サッカーの上達で必要な射程距離

トレーニング

こんにちわ。今回はサッカーの上達に必要な射程距離のお話です。距離感というと、オフェンスで相手を抜き去るときの自分と敵の距離だったり、ディフェンスで相手に抜かれない為の射程距離とかを思い浮かべますよね。

そんな相手との絶妙な距離感はとても重要な要素です。でも、そんな相手との距離だけではないのです。

サッカーで重要なのは思考の射程距離

点取り屋のフォワードはどうやって育てるのかって議論で、中村憲剛は天才的な点取り屋は、その人の持って生まれたセンスでしなかいと言っています。小林悠選手のことを指して言っているのだと思いますが、小林悠選手が日本代表でフロンターレの時のように輝かない理由を考えると、別の答えが見いだせます。

日本代表とフロンターレが戦うとフロンターレが勝つ

小林悠が川崎フロンターレでプレーしている時はかなり生き生きと動き回りチャンスボールの先には彼がいるというくらい得点に絡むシーンが多かった印象があります。

川崎フロンターレというチームはおそらくチームプレーを相当しつこく練習して一定の型を作ったのではないかって思います。

だから、寄せ集めの日本代表と、川崎フロンターレが試合をやると、川崎フロンターレが勝つと思います。ただ、勝つのは最初の数試合だけ。日本代表の選手の方がサッカースキルは高い選手が多いので、フロンターレのチームプレーを抑えて最終的には日本代表選手が試合をコントロールして代表が勝利を重ねると思います。

センスを輝かせるには型が必要

サッカーに限らず勉強も同じですが、学習のステップというのがあって、まず認識することから始めて、次に意識してそれを繰り返せるように反復練習を行います。そして、その先に無意識にそのプレーができるようになります。

センスが良いと言ってもサッカーは団体スポーツなので、周りとの連動は確実に訓練が必要です。小林悠はフロンターレの型を意識して繰り返したからこそ、試合で無意識に体が動くようになったのだと思います。

様々なシチュエーションを想定して、自分がどう動いたら敵がどう動くからどこにスペースができるのかを繰り返し叩き込んだんだと思います。そうしてゴールまでの道筋を立てて練習するので、本番でも無意識にそのプレーが出来ています。

だから、その型がない、日本代表の選手に選ばれても小林悠が輝くには時間が必要なんです。

子供のサッカーのプレーが雑な理由

子供なりに色々と考えてサッカーをしているようなんだけど、まだまだ、目の前の問題に対する対策で手一杯となり、一人かわした後のプレーが雑になってしまいます。

抜く時のドリブルが大きくて、ボールと体の距離が離れて、次に迫ってくるディフェンスにボールを奪われてしまうのです。抜いた先の状況が見えていないためだ。

その先のディフェンスがどこにいるか、それを見て自分はどっちにかわすべきか、抜いた後パスするか、ドリブルか、シュートか?プレーが雑でボールが体から離れるから、相手が近づいてきてもすぐに対処できずとりあえずのかわしができても雑だからその次もまたピンチ。

一度立てたプランは、刻一刻と状況は変わるので、プランの上書きが必要となります。そこに余裕を持って取り組めないと、足元がおぼつかなくなり、プレーがどんどん雑になっていきます。

サッカーは非常に頭の使うスポーツですからボールのおさまりが悪いと何も良いことはありません。

その訓練を繰り返すことで、試合中の思考の瞬発力も上がるので、動きが早くなるし、その分プレーに余裕ができ、周りの状況を見ての判断ができるようになる。すると、その先の動きが予測しやすくなり、思考の射程距離が広がって行くのです。

頭ではわかっているんだけど、そう簡単に上手くはいきません。

私が学生時代バスケをやっていた時も、練習では出来るけど、展開の早い試合で実践できるようになるには、相当な反復練習が必要だった(練習嫌いなので、結局中途半端におわってます。。。)

この、反復練習こそが自分の技術力向上になり、プレー中の思考の射程距離を伸ばす唯一の方法だと思っているんだけど、小学生の子供には非常につまらない練習なので、なかなか教えるのは難しいです。

子供がミニゲームをやっている姿を見ていて思った。

周り見てないなぁ。と。

リフティングは100回くらいならできるようになってきたし、ドリブルもソコソコの精度でボールをキープすることが出来る。でも、ゴールを奪うには至らない。

サッカーする上で重要な事

何故だろう。。

なんども見ていると分かってくるんだけと、一人二人はドリブルで突破できるんだけど、3人目で躓く。そこでボール取られてカウンターを受ける。

マークが付いている味方へのパスで、スペースに走り込む様なパスを出すけど、別のディフェンスにカットされる

相手を抜くためにダブルタッチ、クライフターンを繰り返して、相手のマークをずらす様努力するが、かわしきれてない状態で無理して取られる

どれもこれも単発で出す技の精度は上がってるんだけど、技出しきった後のプレーがなってない。というか、技出すことが目的みたいになっちゃって、上手くできたらそのあと取られても満足。みたいな。。

おい、サッカーの本質ってなんだ?ってツッコミを入れたくなるくらい、技出したあと足が止まってピンチを自分で作ってる。

やっぱり、相手を見て的確に動ける、判断できる様になるには、足技だけ磨いててはダメだなあと思うに至った。

では、そのために何するか?

すごくシンプルなんだけど、周りを見てプレーすることなんだとおもう。進むべき道、ゴールへ続く道それを探すには、グラウンド全体を見渡せる様になるしか無い。足元のボールばかり見ていたら空いたスペースにも気づけないし、味方へのパスの出し先も探せない。それに、ドリブルもボール見てたら精々2名くらいしか間接視野でも認識できない。だからすぐ近くには気づけるし対処できるが、その先に何があるのかを見越した準備ができない。

顔を上げる。ただそれだけでいいのに、全然出来ない。

どうしたものですかね。

タイトルとURLをコピーしました