一発解決!!すぐ転ぶ子どもは体幹不足。自宅で子どもとできる体幹トレーニング

トレーニング

こんにちは。今回は自宅でできる体幹トレーニングのご紹介です。何もない平らな道でつまづいてすぐ転ぶお子さんって結構いますよね。大人からすると、

「なぜ、ここで転ぶ?何もないじゃん」

転んだ子供のイラスト

って感じなんですが、そんな何もないところで転ぶ子どもって、まだ自分の体のコントロールが上手にできていないらしいのです。改善する方法として最適なのは体幹を鍛える事みたいです。

体幹がないとどうなる?

すぐ転ぶ原因に体幹力が低いことと説明しましたが、体幹がないことによるデメリットは他にもいくつか思い当たります。

体幹の無い子どもは何もないところで転ぶ

まずは本気時のテーマであるすく転ぶです。体育の授業では駆けっこが早くて、ただ走るだけなら、クラストップで運動神経は決して悪いわけではない子どもでも体幹が少ないと、体をうまく使いこなせていないため、無意識に歩いていると何もないところでつまづいて転んでしまうことがあります。

駆けっこもなんていうか、早いんだけど、身体中に力が入りすぎている感じで、体のバネとか使わずにブリキのように、全力で誰よりも早く足動かしてるって感じで、しなやかじゃないような走りだったりしていませんか?

足が渦巻きになって走る人のイラスト(男性)

体幹がない子どもは姿勢が悪くなる

お子さんが、自分の机で学校の宿題をしている姿を見たときに姿勢が悪いって感じることありませんか?注意しても数秒後には崩れてしまう。そんな子は体幹力が少ないことが考えられます。姿勢が一定ではなく、崩れた状態でいると集中力も低下するので、学力にも影響してきます。

大人になると、肩こりや腰痛の原因にもなってしまうので、辛いですよね。

体幹がない子どもはバランスが悪い

子どもの走りをよく見ているとなんとなくバランスが悪いってことありますよね。バランスが悪くて、ちょっと何かに当たるとバランス取れずにすぐ転んでしまいます。

その他にも、立ったまま靴下を履けないとか、自転車を低速で焦ぐと転んでしまうとか、つり革使わないと電車乗れないとか、体幹が弱いとバランスが悪くなりすぐによろけてしまいます。

体幹がないと体をうまくコントロールでない

こちらは私の推測と体幹を身に付けた子どもを見て感じたことですが、ジャンプ力が無いのも体感がないことに起因しているように思えます。ジャンプするときの上半身と下半身の動きがバラバラで上に飛ぶための力が上手く体全身に伝わっていないような感じです。

体幹鍛えるとどうなる?

サッカーの試合で、ディフェンスとぶつかるとすぐ転んだり、ボールを追いかけている姿がすっごい足を動かしているように見えるけど早くなかったり、ヘディングできそうな浮き球にジャンプしても全く届いていなかったり、なんでこんなにいびつな動きしているんだろうって日々原因を考えていたんだけど、知り合いのパパから、ラダーやると体の動きがなめらかになると言われました。

体幹鍛えたらバランスが良くなった

体幹が無いとバランスが悪い。ということはバランス力を鍛えるなら体幹力を鍛えればよい。ということで、体幹強化トレーニングをしたところ、割とすぐに効果が出ました。

自分の体の中心がしっかり安定してくるみたいで、立った時の姿勢がまっすぐに立つ事が出来て、ふらふら動かなくなりました。

体幹鍛えたら体の操作がわかってくる

ジャンプ力の低さを懸念していたのですが、少し体の使い方がわかってきたのか、地面を蹴った足の勢いをそのまま上に勢いを止めることなく飛び上がる事が出来るようになっています。本人は全く無自覚ですが、妻と私の両名が明らかな変化を感じています。

体幹鍛えたら平地ですぐには転ばなくなった

本記事のメインの悩みのテーマですが、平地で転ぶ所業が体幹を鍛えることでほぼなくなりました。足を上げたつもりが上がり切っていなくって転んでしまうというようなことが無くなってきたのだと思います。

体幹鍛えたらサッカーで転ばなくなった

そして、試合でも心なしか転ぶ頻度が減って、転びそうになっても踏ん張ばる事が出来るようになりました。子どものサッカーでなかなか上達しない、早く走れないなどの壁にぶつかったときのアドバイスとして体幹強化というのはよく耳にしますが、今回体幹を鍛えて驚くほどの効果を実感するに至りました。

それくらい、体幹力というのは世の中に浸透している強化ポイントなんです。
足もそこそこ早く、運動神経が良い子どもの多くは、今の年齢に即した体幹は持っていますが、それ以上の上達を見込もうとしたときにまだ体幹が十分強化されていない為、思ったより上達しないと言う事になります。

従って、サッカーにおいても、年齢基準で見たときの能力は非常に高くても、それよりも先で戦うことを考えたときに、まずやるべきことは、体幹力を強化することです。
逆に年齢相当の運動能力を要していないお子さんも体幹が備わっていないので、運動能力が上がらないということになります。

子どもの体幹力を強化する方法

子どもが転ばず安定して動くには体幹力の強化が必要です。その方法はいろいろありますが、いくつかおすすめのトレーニング方法をご紹介します。

サッカーやっているならラダートレーニング

サッカーをやっている選手の多くが体幹力を重視していますよね。
長友選手とかヨーロッパで活躍する選手の多くは体幹を強化するトレーニングを毎日やっています

Jリーガも体幹の重要性を感じて続々選手独自の体幹本を出版しているくらい注目されているトレーニングですね。

そして、サッカーをやっている子であればラダーでのトレーニングは、体幹を鍛えながら細かいステップの訓練にもなるので一石二鳥のトレーニングです。

即効性を求めるなら一本歯下駄トレーニング

その他の方法として、色々試してみました。その中で、一本歯下駄で歩行することで体感が強化されるトレーニングというのが効果ありました
初めはなかなか歩けませんが、なれると動かずにその場で立っていることもできるようになる。それくらいバランス力が強化されます。

一本歯下駄の効果はこちらの記事でも紹介していますので参考にどうぞ

基礎からきっちり鍛えるならコパ流体幹トレーニング

でも、妻が見つけてきたこのトレーニングが本場トレーニングで正確にトレーニングすることで、子どもの体幹は早く安定します。その正体はこれです。

子どもの体幹鍛えてバランス良くしようって本です。中のモデルも子供で、説明も細かく記載されているので、子どもにもとっつきやすそうです。

よく見ると、モデルの子は、レアルマドリードの下部組織で活躍中の中井卓大君ですね!さらによくよく読むと、中井くんもこの著者の木場氏のトレーニングを積んで転ばないバランスを身につけています。長友選手も久保選手もこのトレーニングを行っていることで有名ですよね。ヨーロッパで活躍するサッカー選手と同じトレーニングがこれ一冊で体験できるなんてありがたい一冊です。

問題は、この本を読んで正確に子どもにやらせるだけの私の理解が追いつくかです。

まとめ

体幹を効率的に鍛える方法として、一本歯下駄とラダートレーニングをご紹介しました。本格的に強化するのであれば、木場先生が開設している体幹を鍛えるトレーニングを受けられるのが良いと思いますが、近くに無い人は、本を見ながら自宅で実施することでも鍛える事が出来ます。

バランス訓練の新常識!一本歯下駄で体感マスター

トレーニングをおろそかにして動きが悪いのも、無理に試合に出てけがをするのももったいないですから、日々隙間時間を使って体幹トレーニングは実施してみてください。


タイトルとURLをコピーしました