子供がすぐ転ぶ理由は体幹不足。そうは言っても子供には通じない

子供がすぐ転ぶ理由は体幹不足。そうは言っても子供には通じない

なぜ、ここで転ぶ?何もないじゃん。って所で転びまくる我が子はバランスが悪いのだろうか。
駆けっこは早い。ただ走るだけなら、クラストップらいし。でも、その姿を見ていると、何かおかしい。なんだろう。

足が渦巻きになって走る人のイラスト(男性)

なんていうか、身体中に力が入りすぎている感じで、体のバネとか使わずにブリキのように、全力で誰よりも早く足動かしてるって感じで、しなやかじゃない。

何もないところでつまづく子供は体感不足

そしてバランスが悪く、ちょっと何かに当たると体の制御が利かず転んでしまう。。

そう言えば、ジャンプ力も無いし、ディフェンスとぶつかるとすぐ転ぶし、体のバネがほとんどない感じ。
んで、知り合いのパパに聞いたら、ラダーやると良いよって。

どうやら簡単に転ぶのは体幹が無いからで、バランスをすぐ崩してしまうのが原因らしいです。
体幹鍛えると、自分の体の中心がしっかり安定してくるので、簡単には転ばなくなります。

子供のサッカーでなかなか上達しない、早く走れないなどの壁にぶつかったときのアドバイスとして体幹強化というのはよく耳にします。
それくらい、体幹力というのは世の中に浸透している強化ポイントなんです。
足もそこそこ早く、運動神経が良い子供の多くは、今の年齢に即した体幹は持っていますが、それ以上の上達を見込もうとしたときにまだ体幹が十分強化されていない為、思ったより成長しない。ということになります。
なので、年齢基準で見たときの能力は非常に高くても、それよりも先で戦うことを考えたときに、まずやるべきことは、体幹力を強化することです。
逆に年齢相当の運動能力を要していないお子さんも体幹が備わっていないので、運動能力が上がらないということになります。

子供の体幹力強化の方法

バランスボールのイラスト

子供が転ばず安定して動くには体幹力の強化が必要です。その方法はいろいろありますが、いくつかおすすめのトレーニング方法をご紹介します。

サッカーやっているならラダートレーニング

サッカーをやっている選手の多くが体幹力を重視していますよね。
長友選手とかヨーロッパで活躍する選手の多くは体感を強化するトレーニングを毎日やっているらしく、Jリーガも体幹の重要性を感じて続々選手独自の体幹本を出版しているくらい注目されているトレーニングですね。

そして、サッカーをやっている子であればラダーでのトレーニングは、体幹を鍛えながら細かいステップの訓練にもなるので一石二鳥のトレーニングです。

即効性を求めるなら一本歯下駄トレーニング

その他の方法として、色々試してみました。その中で、一本歯下駄で歩行することで体感が強化されるトレーニングというのが効果ありました。
初めはなかなか歩けませんが、なれると動かずにその場で立っていることもできるようになる。それくらいバランス力が強化されます。

バランス訓練の新常識!一本歯下駄で体感マスター

基礎からきっちり鍛えるならコパ流体幹トレーニング

でも、妻が見つけてきたこのトレーニングが本場トレーニングで正確にトレーニングすることで、子供の体幹は早く安定します。

その正体はこれ

子供の運動能力が高まる「体幹バランス」トレーニング

子供の体幹鍛えてバランス良くしようって本です。中のモデルも子供で、説明も細かく記載されているので、子供にもとっつきやすそう。
って。よく見ると、モデルの子は、レアルのカンテラにいる中井卓大君ですね!
よくよく読むと、中井くんもこの著者の木場氏のトレーニングを積んで転ばないバランスを身につけています。長友選手も久保選手もこのトレーニングを行っていることで有名ですよね。
ヨーロッパで活躍するサッカー選手と同じトレーニングがこれ一冊で体験できるなんてありがたい一冊です。

問題は、この本を読んで正確に子供にやらせるだけの私の理解が追いつくかです。



トレーニングカテゴリの最新記事