風間スタイルはなぜ見ていて楽しかったのか

NO IMAGE

風間監督23日付で、名古屋グランパスを解任

クラブ公式発表前に退任報道が流れ、クラブ側が正式発表では無いと弁明していたけど、結局本日正式に退任が発表された

正式な発表ではなく何も決まっていないと言うクラブ側の説明はなんだったのかとおもうくらいのスピードで、なんのサプライズもなく退任することが発表された。

ここ2年は、開幕直後に快進撃を続けて、後半から減速し降格争いに加わるのが続いているけど、終始攻撃的なスタイルは貫いているその戦い方は見ていて楽しかった。

風間監督の名古屋就任前は川崎フロンターレの監督をしてて、スタイルは非常に似ていたから、名古屋 対 川崎の戦いはとても見応えがあり、他のチームももっと攻撃にこだわった戦術を取ればJリーグも盛り上がるのになぁと風間サッカーは見る人に興奮を与える戦いだった。

後任はマッシモ フィッカデンティ監督。過去にFC東京やサガン鳥栖を率いた経験があり、守備的な戦術を得意としているそうな。

攻撃的なサッカーをしていた名古屋がどんな形でマッシモ フィッカデンティのサッカーに変化していくのか、攻撃のスタイル保ちつつ守備力も上がればさらに楽しいチームになる気もするが、過去のJリーグでの成績を見るとFC東京もサガン鳥栖も優勝争いする様な成績は残していないので、果たしてこの交代はどの様に名古屋グランパスを変えていくのかいささか不安にはなります。

川崎サッカーが進化して名古屋が成熟しなかった理由

同じ風間監督が率いた名古屋と川崎。いずれもスタイルは同じながらも川崎は毎年優勝争いに食い込む戦いを続けている。

名古屋が同じ道を歩めなかったのはなぜか、川崎にあって名古屋にないもの。色々あるかもしれない。

が・・・

色々違いはあるけれど、そのそれぞれは大した問題ではなくたった一つだけ、大きな違いがあるとすれば、絶対的なMF中村憲剛の存在な気がしてならない。

あのグラウンド全体を俯瞰したプレー正確なスルーパスなど、中盤を制する選手が名古屋にはいない。と言うのが大きな大きな名古屋に足りていない点なんだと思う。

どちらもの差攻撃的ではあるが、ゴールシーンを遡ると川崎の攻撃はゴールに向けてのボール運びがあらかじめ的確にプランされていたかの様に綺麗にパスが繋がることが多い。

名古屋のそれもそうなんだけど、ギリギリのところでボールをつなぐ様なプランはあったかもしれないけど、状況に応じて変更しながら進む様な、余裕はあまり感じないプレーに思えていた。

そんなMFがまだ名古屋に育っていない時から風間攻撃サッカーの構築をしていたから、攻撃の起点が曖昧だったのかもしれない。

日本サッカーにおけるMFの存在

中村憲剛もそうだし、過去振り返っても、ラモス瑠偉に始まり、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、遠藤保仁、現代表でも不動になりつつある柴崎岳などを見ても日本のサッカーを支えてきたのは常にMFだった。代表だけではなく各チームでもMFがどれだけチームのスタイルとマッチしているかで、そのチームのレベルは大きく変わってくる。

それは、大学サッカーでも、高校でも中学でも当然少年サッカーでも同様に中盤をコントロールできるチームは強い。

じゃあどんなMFが優秀か?

視野が広い

これに尽きる気がする。これをどうにかして少年期に身につけるのか。視野を広くするには、顔を上げて周りをよく見ること。周りをよく見よう。と伝えると首をキョロキョロ振るけど、実際はよく見てますってフリをしてるだけで、あまり見ていない。

最終的には首のフリを最小限にして、グラウンドの状況を掌握できるようになるのが理想なんだけど、顔上げてキョロキョロしてるフリだけで、何を見るべきかなど全く理解していない。

子供のセンス。もあるかもしれないが、それだけではなく練習方法で身につける方法があるはずだと思い模索を続けてます。

トレーニングカテゴリの最新記事