射程距離を広げる

射程距離を広げる

子供がミニゲームをやっている姿を見ていて思った。

周り見てないなぁ。と。

リフティングは100回くらいならできるようになってきたし、ドリブルもソコソコの精度でボールをキープすることが出来る。でも、ゴールを奪うには至らない。

サッカーする上で重要な事

ミニゲームでの我が子の姿を見ているとそれほど下手ではない。けどなんか違う。なんか安心できない。慌ててる。

何故だろう。。

なんども見ていると分かってくるんだけと、一人二人はドリブルで突破できるんだけど、3人目で躓く。そこでボール取られてカウンターを受ける。

マークが付いている味方へのパスで、スペースに走り込む様なパスを出すけど、別のディフェンスにカットされる

相手を抜くためにダブルタッチ、クライフターンを繰り返して、相手のマークをずらす様努力するが、かわしきれてない状態で無理して取られる

どれもこれも単発で出す技の精度は上がってるんだけど、技出しきった後のプレーがなってない。というか、技出すことが目的みたいになっちゃって、上手くできたらそのあと取られても満足。みたいな。。

おい、サッカーの本質ってなんだ?ってツッコミを入れたくなるくらい、技出したあと足が止まってピンチを自分で作ってる。

やっぱり、相手を見て的確に動ける、判断できる様になるには、足技だけ磨いててはダメだなあと思うに至った。

では、そのために何するか?

すごくシンプルなんだけど、周りを見てプレーすることなんだとおもう。進むべき道、ゴールへ続く道それを探すには、グラウンド全体を見渡せる様になるしか無い。足元のボールばかり見ていたら空いたスペースにも気づけないし、味方へのパスの出し先も探せない。それに、ドリブルもボール見てたら精々2名くらいしか間接視野でも認識できない。だからすぐ近くには気づけるし対処できるが、その先に何があるのかを見越した準備ができない。

顔を上げる。ただそれだけでいいのに、全然出来ない。

どうしたものですかね。

トレーニングカテゴリの最新記事