スカウトの目にも止まらず、セレクションも受けずにプロサッカー選手になる方法

スカウトの目にも止まらず、セレクションも受けずにプロサッカー選手になる方法

こんにちわ。

スカウトの目にも止まらず、セレクションも受けずにプロサッカー選手になる方法を考えてみました。プロのサッカー選手になる秘訣は

  • サッカーをやめずに続ける事
  • サッカーを楽しむこと

とかって、Jリーガーが語っているの見たことありますけど、それ当たり前の最低条件で、それだけではなれっこないですよね。確率的にはこの2つを継続していてもプロのサッカー選手になれない人数の方が圧倒的に多く、プロになるのは非常に狭き門だと思います。

そんな狭き門を通る方法ってどんな方法があるのでしょうか?サッカーの技術だけでは語れない「運」も必要なんですが、手繰り寄せる方法もないわけではありません。

Jリーガーになる方法

Jリーグのクラブに入団するには、おもに3つのルートがあります。Jリーグには、プロ野球のようなドラフト制度はなく、選手と球団が合意すれば入団することが可能です。

Jリーガーになる方法
  • Jリーグクラブの下部組織から昇格
  • 高校、大学サッカーで実績を残してスカウトを受ける
  • セレクションに合格する

Jリーグクラブの下部組織から昇格

Jリーグの各クラブは、小学生~高校生まで各年代で、下部組織にあたるチームを持って各世代で指導しながら選手育成をしています。

その下部組織に入り、最終的にユースチームでの活躍が認められればプロ契約を結べます。クラブ側はトップチームに入る選手は育成ではなく即戦力になりうる選手と契約したいので、下部組織で若手を育てる仕組みを作ってそこで開花した選手をJ1チームがスカウトするという方法です。

下記はJ1とJ2に所属している一都三県のチームです。いずれも下部組織があり、それぞれのチームに合った選手育成を行っています。

高校、大学サッカーで実績を残してスカウトを受ける

次に、高校や大学のサッカー部で技術を磨き、大会で好成績を残し、スカウトマンの目に止まる方法です。スカウトマンが足を運ぶような公式戦や選抜チームに選ばれるなど、スカウトの目に留まることで、プロチームからオファーをもらえる可能性があります。

こちらは、東京・神奈川・千葉・埼玉の強豪チームです。

サッカー強豪高校

  • 昌平
  • 西武台高校
  • 武南高校
  • 流通経済大柏高校
  • 市立船橋高校
  • 帝京高校
  • 國學院久我山
  • 都立東久留米総合
  • 桐光学園高校
  • 東海大学付属相模高校

サッカー強豪大学

  • 明治大学
  • 法政大学
  • 流通経済大学
  • 筑波大学

セレクションに合格する

J2やJ3やJFLなどのチームでは、トップリーグに昇格する為に一般公募のような方法でプロテストを行っているチームがあります。高校や大学で好成績を残した選手の多くはJ1のスカウトマンにチェックされている為、J1昇格経験のないチームとプロ契約を結ぶ選手はあまり多くありません。

従って、J2、J3、JFLのチームが上位リーグに昇格するための選手補強は、J1がスカウトしなかった、高校、大学ではまだ花開いていない原石を探してある程度育てることで、チーム力の強化を図ります。

プロ選手になれるほどの選手になるには、自分の努力の他に指導者との出会いも重要ですが、良い指導者に出会えるかは「運」も必要になります。運を手繰り寄せるには、行動することです。

J1に固執せずに、J2、J3、JFLのセレクションなどを受けて積極的に新たな出会いを見つけることも、プロへの道の一つになると思います。

なお、どのチームがセレクションを行っているのかは、HPには書かれていないことが多く、実際にクラブに問い合わせてみたほうが良いです。基本的には自由契約になった選手などが受けるイベントですが、経歴などにより無所属でも受けられるケースや、Jクラブ合同セレクションを紹介してくれる可能性もあります。

海外から注目されつつある日本のサッカー

日本代表選手の海外での活躍が当たり前になってきた昨今、スターの原石が日本のサッカー界にはたくさん埋もれている。という目で海外チームのスカウトから日本選手は注目されているようです。

最近では、名前も組織も忘れてしまいましたが、日本のJリーグクラブのスカウトマンがノーマークだった無名選手を海外のスカウトマンによって海外デビューするケースも出てきています。

またイニエスタやポドルスキ、ビジャなどヨーロッパからの日本移籍選手が日本人のサッカーレベルの高さをヨーロッパのマスコミでも報じていることから今後ますますヨーロッパから注目される選手が出てくると思われます。ターゲット層はかなり低く少年サッカーのレベルからスカウトがれをつけているケースもあります。

いきなり海外組になり逆輸入する方法

海外から注目されている日本のサッカーですが、その注目されている海外チームのプロサッカー選手になるための方法は2ルートほどあります

セレクションを受ける

日本で開催している海外チームのセレクションを受ける方法です。昨今の日本代表の活躍が海外でも注目されているため、原石を早く手に入れて育ててチーム戦力にすると考えている海外チームが増えてきました。

また、安い契約金で入団させて育ててから移籍させることで、移籍金を手に入れて次の原石の発掘をするというような海外クラブも増えてきています。

海外クラブの指導力は、基本スキルであるパス、トラップ、ドリブルのスキルからトップリーグで活躍するためのメンタルトレーニング、戦術などの指導が受けられるので、海外のトップチームでなくても質の高い指導を受けることがかのうです。

Jクラブの国内組は経由せずいきなり海外組になって、日本に戻ってくるという考え方も、ヨーロッパの各クラブが注目しているので、いきなり海外組でプロ契約のほうが現実的に可能性が高くなる時代が来るかもしれません。


サッカー留学して海外でスカウトされる

こっちはスカウト受けるのではなく、まず海外へサッカー留学してそこでスキル磨いてスカウト受けてしまう方法です。

ヨーロッパのサッカーの指導力はかなり高く、日本人コーチの指導では得られない経験、自分でも気づかなかった特技を見つけることも可能です。

またサッカー以外の経験も併せて身につくので、プロになるならない関わらず生涯サッカーに関わって行きたいと思っている人が、世界を体験するという意味でもよい経験になるので、サッカーに関わって生きていきたいという人がサッカー留学するというのは、最近trendになりつつあります。

サッカー留学関連のサイト

ユーロプラス
footballatuk

TOP

プロカテゴリの最新記事