名古屋グランパス J2第6節5対1で圧勝

J2第6節、ようやく佐藤寿人が待望の移籍後初ゴール!
また、永井龍、シモビッチのゴールで、前半だけで3点のリード。後半は、フェリペ・ガルシアの2ゴールで、名古屋が大量5得点で熊本に快勝した。

この結果、第2位に浮上した名古屋グランパスだが、上位チームとしては、得失点差に大きな懸念を感じる。
熊本戦で5得点上げているため、4/2時点では12得点とJ2で一番得点しているチームとなったが、前節と同程度の得点だったら、9得点程度で、まぁ良いとしても、失点は6失点していて、一位の東京Vの1失点と大きく差がある。6失点は10位前後にいるチームと同程度の失点量になっている。
今はたまたまうまく回っているだけで、長いリーグ戦の中で綻びが出てくるのではないかと心配してしまう。

そんななか、アーセナルのベンゲル監督が今期でアーセナルを、退団する可能ありとの報道がBBCで伝えられた。

ベンゲル監督と言えば元名古屋グランパスの監督である。
アーセナルを辞めても現役は続けると生涯現役を貫くコメントを出しているので、是非ともアーセナル退団の折には、名古屋グランパスを再度率いて、J1復帰のサポートをして頂きたい。


風間監督も良いんだけどな。やっぱりベンゲル監督のサッカーで名古屋グランパスが戦う姿が見たい!!

タイトルとURLをコピーしました