FC東京2連勝でも、安定感はまだないと感じる第2節

FC東京開幕2連勝も不安がつきまとう結果では?

FC東京はJリーグ第2節大宮アルディージャ戦を2-0で勝利し、開幕2連勝を飾った。

スッキリとした勝利ではない

ただ、大久保などチームに新たに移籍してきた選手とのプレー、チームプレーがまだフィットしていないような、組織として構築中の印象が強い中での勝利だった。
そして、FWのゴールではないが2得点あげたこと、そして完封で抑えて2連勝出来ているということは、非常に大きな自信となり、今後のチーム構築にとって大きな影響を及ぼすだろう。

森重、丸山がいることによる安心感

安定感のある森重、丸山がいることで全体が総崩れしないで入られたようにも思える。森DFながらも先制点をとった森重、どちらかというと終始押され気味だったFC東京が相手の攻撃を0点に抑えるなど、日本代表常連になっているDF2名の技術力と判断力に助けられていると感じされられた。

攻撃の連動性はまだまだ発展途上。新戦力がどのように、いつFC東京に融合するか、まだまだ未知数だが、チームとして完成するまではDF陣に助けられるシーンが増えそうだ。

選手は口々に
「今は『良くなくても勝つ』というのが大切」
「勝って自信をつけていくことが大事」
と、勝つことでリズムを作れる事もあるので、引き続き内容よりも結果を重視してリーグを突き進んで欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました