要熟考!!誰のため?サッカーのチーム移籍を考える

練馬区

こんにちは。

まだまだ小学生で将来何になるかわからないけれど、今はサッカーに夢中。でも今のチームは試合の数が少ないとか、試合に全然勝てない弱小チームだとか、そもそも試合に出させてもらえないとか、このままでは、サッカーがあまりうまくならないまま小学生時代のサッカーが終わってしまう。

だったら、試合に出られるチームへ移籍をした方が良いんじゃないか?って検討している親御さんって多いのではないでしょうか。

でも、チームの移籍を考える前に、今のお子さんが置かれている状況振り返ってからでも遅くはありません。今回は、移籍を考えている人に向けて、我が家で移籍をやめた経験をご紹介します。

移籍してでもうまくなりたいサッカー

子供が小学3年生の終わりに「サッカーがもっと上手くなりたい」と言ってきたんです。小学4年生になるにあたって、中学受験に向けてサッカーの時間を減らすことを検討していた時期の事でした。

将来を考えて受験を強要するか、サッカーを続けるべきか

親としては、子供が受験したくないのに勉強を強要するのはかわいそうだし、サッカー続けたいならその気持ちを尊重したいと思いました。

でも、そうはいっても、サッカーを続けて、地元の中学に進学して、サッカー部に入って引退後に高校受験をしたところで、中堅高校に行けるかどうかもわかりません

さらにその先の大学も・・・と、学歴を重視して子供の将来を考えると、中学受験をあきらめて、サッカーを選ぶことが、この先の将来にどれだけのメリットがあるのか、正直なところわかりません。

サッカーを選ぶ唯一の理由

サッカーを続ける理由があるとしたら、今子供がやりたがっている事を尊重する。ただそれだけではないかと思います。でも、その選択が将来的に後悔につながるかもしれないと思う気持ちも強く、非常に悩みました。

移籍してでもサッカーしたいという強い気持ちで決断

今のチームでは試合少ないから別のチームに行くでもいいとまで言いだしました。そこまで本気でサッカーがやりたいのだろう。と思い、サッカーを続ける決断をしました。

それにしても、今のチームメイトとは仲良く練習していて、いじめとかもなく特に不満はないだろうと思っていたのですが、それよりもサッカーが上手くなりたいという気持ちが勝ったようです。

子どものサッカー熱が高まった理由

サッカーが上手くなりたいという発言で、将来プロサッカー選手になりたいと思うようになったのかと思い訊ねてみたころ、「いや、それはムリっしょ」と、既に現実を直視する思考力は育まれていました。では、なぜ急にサッカー熱が上がってきたのでしょうか?

理由を聞くと簡単な理由でした。風間八宏のDVDの影響でした。このDVDをいつの間にか自分で見て感化された結果、サッカー熱に火が付いたようです。

かなり昔に購入して個人的にはわかりやすくて子供のためになると思っていましたが、当時の我が子のサッカー熱に火をつけるには至らず、息子の心には響かないDVDだと思って諦めていたのですが、この中学受験を検討始めたタイミングで興味を持ったのはちょっと悩ましいです。

サッカー上達のために移籍すべきか?

息子は別のチームに移動してでもサッカーが上手くなりたいと言いました。

サッカーが上手くなるには、レベルに合ったチームに移籍して練習することが効果的なので、移籍という選択が誤っているとは思いません。しかし、移籍しなければサッカーが上手くならないかというとそんなことはありません。

サッカーチーム移籍のメリット

子どもがチームを移籍するメリットは、あまり多いとは思えません。今より強いチームへする事がメリットになるのは、次の3点くらいではないでしょうか

  • 競争相手ができて個の能力が向上する
  • 仲の良いチームメイトができる
  • 良い指導者に巡り会える

従って、今のチームの指導者が合わなかったり、チームメイトと仲良くできないといった場合は、移籍させることのメリットは大きいと思います。

移籍先が子供にとって最適なチームであれば、サッカーを楽しんでスキルを磨くことができるでしょう。

サッカーチーム移籍のデメリット

一方で移籍をさせるデメリットもいくつかあります。

  • レベルの高さについていけず自信をなくす
  • チームメイトに馴染めず孤独感を感じる
  • 元のチームから裏切りや逃げだと中傷されて関係が悪化する
  • 厳しいコーチの指導で子供がサッカーを嫌いになる。
  • レギュラーチームに入れず、コーチの指導のレベルがあまり変わらない

移籍すればサッカーが上達するわけではありません。今のチームメイトやコーチとの関係が良好であるなら移籍しない事のメリットの方が多いと思います。

それでも移籍をさせたいと保護者の方が考えてしまうのは、保護者のエゴでしかありません。ですので、事前に移籍させるチームの体制や監督の評判などを調べて、子供に負担の無い移籍をするように十分に配慮して決断する必要があります。

移籍しなくてもサッカーはうまくなる

今のチームでは試合に出られないしうまくなる見込みがないって思っている親御さんが移籍を考えるのはムリもありませんが、移籍をしなくても個人のスキルを磨く方法はあります。

移籍しなくてもできるサッカースキルの向上

サッカーの基本スキルは「止める」「蹴る」「運ぶ」「外す」の4スキルです。個人のスキルを磨くというのは、この4スキルの上達ではないかと思います。

「止める」「蹴る」「運ぶ」「外す」が重要なのは、サッカーをやっている人にとっては当たり前の常識ですよね。プロのサッカー選手でもこれをおろそかにすることなく日々訓練していると聞きます。しかし、だからこそ難しく、日々の練習でこれを意識しているかどうかで、技術の向上に大きく差が出てきます。

重要なのはチーム練習ではなく個人練習

そして、この「止める」「蹴る」「運ぶ」の技術は、チーム内で育成するものではなく、個々人の努力で磨かれるスキルです。所属するチームが強くても弱くても個人で練習する分には関係ないですよね。風間八宏のFOOTBALL CLINICではこの基本技術をとても分かりやすく解説していて、子供と一緒に見る教材として非常にためになります。

風間八宏の言葉や戦術は、イビチャ・オシムやアーセン・ベンゲルの思考に類似しているて、言葉の節々に納得感があります。そして、子供のサッカーの上達にわかりやすいDVD も出しているので、彼の言葉には注目をしてしまいます。DVDの解説も同様にわかりやすい内容でした。

チームプレーの向上も移籍は不要

多くの基本スキルは個人でできますが、「外す」動きの練習や組織的に動く練習は一人ではできません。これらは、チーム練習やスクールでの練習が必要です。

しかし、強豪チームに移籍しなくても今のチームメイトと練習することでその技術を磨くことは可能です。仲の良いチームメイトとゲーム感覚でリラックスして練習した方が「外す」動きは上達する可能性が高いです。

>>風間八宏監督が語る“フリーになるための極意”。

組織的な動きを学ぶチーム力は中学生からで充分

サッカーで必要な組織的に動くチーム力です。各選手が与えられたポジションに応じた役割を果たすことでサッカーチームとして機能します。

個々人の動きは当然ながら、チームとしての戦術や刻一刻と状況が変わる中で、各選手が戦術を理解して連動した動きをすることが求められてきます。

強豪チームに移籍したら組織プレーは学べる

これは、強豪チームに移籍して、組織的に動く練習を繰り返すことで身につくと思います。しかし、小学生で学べるのは、決められた型でしかありません。コーチの指示でチームとして連動した動きを身に着ける事が出来るようにそのチームでのパターンを多くのシチュエーション事の動きや役割をたたき込まれます。

組織プレーの本質の理解は難しく応用が利かない

ただ、そのたたき込まれた動きの本質を理解できる子供はそれほど多くはないと思います。多くの選手は、暗記学習と同じで、シチュエーションAならフォーメーションA,シチュエーションBならフォーメーションBという形で型にはまった動きを覚えるだけで、本質はわからないまま指示通り動く選手になってしまいます。

組織プレーは中学からでも十分

持論ですが、組織プレーは小学生の時に覚える必要はないと思います。組織プレーで教え込まれた型の重要性を理解するのは、中学や高校でサッカーを続けていれば理解できることで、小学生の時にそれができている必然性や将来に向けてのアドバンテージにはならないと考えます。

将来に向けてのアドバンテージを得たいのであれば、今は、基本スキルの定着に重視してあとは、賢くなることです。

考えることはサッカーでも重要

考えて考えて自分で決められる実行力を身に付けることが重要です。中学受験が重要かはさておき、サッカーばかりをやっていても思考力が育まれていないと、チーム戦術の理解が足りなかったり、試合中の想像力や閃き、愛手の裏をとるプレーなど賢いと思われるインテリジェントなサッカーは出来ません。

与えられたポジションで機械的に動いていると思考力が奪われてしまうリスクがあります。少なくとも限定的な思考力になってしまい、別のポジションでの応用力が利かなくなる可能性があります。サッカーの原理原則を理解して、ポジションごとの動きは自分で考えて決めて動けるようになる練習が必要ですが、強豪チームほど、型にはめがちでその思考力を奪ってしまうリスクがあると思われます。

まとめ

個人キルを伸ばす目的でチームを移籍して新しい環境に慣れるところから始めるのはリスクにしかなりません。今のチームの人間関係に不満が無いのであれば今のチームに所属しながら個人技を磨くのがベストな選択だと思います。

そこで、チームワークを大事さを学びつつ、このスキルを自分の意識を変えることで伸ばすことが重要だと思います。

練馬区のサッカーを牽引する強豪チーム

タイトルとURLをコピーしました