断トツ二番手!!練馬サッカーを引っ張る第二集団

断トツ二番手!!練馬サッカーを引っ張る第二集団

U12の試合結果がやっとアップデートされました。
いや、大体のグループは割と頻繁に更新されてたんだけど、Cグループが一ヶ月以上の沈黙を破ってかようやくアップデートされました。

Cグループに特段注目していたというわけではないですが、これでようやく全グループの結果がアップデートされました。

また、第3回 TOMAS交流会 東京都3年生サッカー交流会も予選リーグ全試合の結果がアップデートされていますね。

この3年生の初めての公式戦であるTOMAS交流会と小学6年生最後の戦いとなるU-12サッカーリーグ、この2つのリーグから練馬区の少年サッカーチームの強豪チームを見つけてみようと思います。
あ、練馬区のFC大泉学園は練馬区であって練馬区のチームじゃない。っていうわけではないですが、別格チーム、断トツ一番なので、それに続く練馬区第二集団として練馬サッカーを引っ張るチームの分析です。


まず、各大会の各グループ上位2チームをリストアップ

第3回 TOMAS交流会 東京都3年生サッカー交流会

グループ1位チーム得点失点2位チーム得点失点
Aコレーガ120南光133
B南が丘222大二510
C不二234光和224
D大泉学園401開三128
EUPFC291ワンハート87
FPELADA250FCSU138
G南町アロー113SCカナリーズ84
H開一90ムサシ153
Iサウスユーベ200GROUND LINE57
J仲町291貫井95

三井のリハウス 東京都U-12サッカー後期リーグ

グループ1位チーム得点失点2位チーム得点失点
AUPFC243PELADA162
Bベガ233練馬FC212
Cコレーガ317春日398
Dサウスユーベ342開四SC274
E大二412大東257
F南町アロー365立野344

2大会共に1位のチーム

  • コレーガ
  • サウスユーベ
  • UPFA
  • 南町アロー

2大会共に2位以内のチーム

  • 大二小

最少失点(2失点)チーム(U12版)

  • サウスユーベ
  • 大二小
  • PELADA
  • 練馬FC

最少失点(0点)チーム(TOMAS)

  • コレーガ
  • PELADA
  • 開一
  • サウスユーベ

高得点チーム(30点以上)(U12)

チーム 得点    
コレーガ31
サウスユーベ34
立野34
南町アロー36
春日39
大二41

最高得点チーム(20点以上)(TOMAS)

チーム得点    
サウスユーベ20
南が丘22
光和22
不二23
PELADA25
UPFC29
仲町29

※ちなみに、FC大泉学園は40得点

結論

まぁ、思いつく限りの多軸でランキングしてみましたが、結局のところどうなのよ。ってのは、親御さんが、どの軸に重きを置くかによると思います。
守りが大事だと思うなら失点の少ないチームだし、得点力ならどこのチームか。
ただ、TOMASで上位だったからU12まで上位をキープするかというと、小学6年間で子供の身体能力は大きく変化することもあり、一人のテクニシャンがチーム力を大きく変えてしまう特殊変異もあるわけで、正確な分析というのは難しいとは思いつつも、公式戦の入口であるTOMASから出口となるU12まで上位を保つのは、個々の能力のほかに、チーム指導者による影響も大きいので、とりあえず、上記ランキングに多く名を連ねたチームというのは、それなりの指導方法を持ってチーム構築をしているのではないかと思います。

ランキング登場数上位チーム

チーム数が多くないので、2回以上登場しているチームを一覧にすると以下6チームとなります。長きにわたるFC大泉学園王制を脅かす可能性のあるチームは、以下6チームではないかと思うに至った今日この頃です。

チームランキング登場回数
サウスユーベ5
PELADA3
コレーガ3
UPFC2
大二2
南町アロー2

練馬区カテゴリの最新記事