中学受験に向けて塾に行く?それともサッカー続ける?本音で答えられない子供の事情

中学受験に向けて塾に行く?それともサッカー続ける?本音で答えられない子供の事情

こんにちわ。今日もスポーツバカの子供を持つ親の苦悩を解消していきたいと思います

4月から小学5年生のお子さんをもつご家族は、サッカーなどのスポーツを続けるか、中学受験に向けてスポーツはいったんお休みして受験に向けての塾に通わせるべきかを悩む時期です。

中学受験とサッカーとで忙しい小学生最後の2年間

多くの塾は2月にも新学年コースが始まり、受験に向けて勉強量が増える学年です。学校が6年になってから教えることを5年生~6年の前期までの期間で学習を終えて、6年生の後半は受験対策の演習を解く期間になります。

そして、サッカーも5年、6年は公式戦がおおく、練習試合も4年生の時と比べると多くなります。

子供は確実にサッカーを続けたい

小学5年と6年の2年間は何をやるにしてもイベントが多く、両立するのは非常に難しい学年です。

元々勉強も好きな子どもであれば、サッカー続けるのか勉強をしっかりやって良い中学目指すのかなどの話ができるのですが、家庭学習は学校の宿題だけというお子さんは、まずどんなに私立中学の魅力を伝えても、サッカーを続ける魅力にはかないません。

親はサッカーは一時中断して中学受験を希望する

親としては、スポーツも我慢してほしくないという気持ちを持っています。しかし、学校の勉強だけで公立中学に進学してたとしても、その先の高校受験・大学受験でよい学校へ進学というのは厳しいことを盛っています。

だからスポーツもやめさせたくないけど中学受験の勉強も始めさせたい。でも、家庭だけで教えるのが難しいから塾にも行かせたい。そう思って、塾とスポーツ両方をやりながらでも軸に通えないものだろうか。って考えますよね。

中学受験とスポーツの両立は可能か?

5年から受験モードに入る家庭も多いなか、子供がサッカーなどのスポーツに熱中していたら勉強とスポーツを両立するか、受験をあきらめるか、サッカー辞めて勉強一本にするか親としては悩ましい季節ですよね。

一年前にも同じ様な悩みを抱えて結局サッカーを選んだのですが、息子自身の思いは、私立の中高一貫に行きたいという思いが強く、塾に通って勉強とサッカーを両立させつつ難関中への合格を勝ち取りたい。

そう考えますよね。って、それができればだれも苦労しない。それができないから多くの家庭では簗むのです。

受験する?と聞いてYesと答えても本当のところは遊びたい

受験していい学校受かってそのあとでサッカーするってのはどう?

こんな質問を投げかけると、ちょっとん悩んだ末に勉強を取ることがあります。でも大した勉強はしません。我が子なので当然だけど、本当に勉強嫌いなんだなぁと思い知らされます。受験を選んだ理由は、

サッカー小僧が中学受験をする理由
  • 勉強なんてしたくないから
  • 私立中学は高校受験がなく、サッカーを長く楽しめるから

という明確な答えが返ってきました。理由が明確なのは立派な事だし、中高一貫のメリットも理解しているようです。

早大学院などの大学付属の中学がいいとも言っています。大学まで約束されているので、学費は他の私立と比べても高額ですが、お金のことを考えずに我が子は、明確に勉強が嫌いだから中学受験で終わらせたい。と考えている様でした。

内容はともかく理由を明確に表現できることは重要なのだが、問題はその理由でこのキツい受験を乗り越えられるのかなぁという不安を覚えます。

ただし今現在の息子の気持ちはかなり本気モードなのでじゃあサッカー辞めるの?これからはサッカーと受験の両立はとても厳しくなるよ

練馬区カテゴリの最新記事