練馬区ハトマークフェアプレーカップの結果から我が子をどこのチームに入れるか考える

練馬区

小学4年生を中心に行われるハトマークフェアプレーカップの練馬地区大会が終了しました。練馬区の大会でつまらないのは、優勝するチームが大抵FC大泉学園であると言う事です。今回も、予想を裏切ることなくFC大泉学園の優勝で幕を閉じました。

>>相変わらずFC大泉学園一強の練馬区の中で最近別のチームが気になってしかたがない話

そして、練馬区の大会で楽しいのは2位以下のチームがなかなか混戦だという点です。第二集団のチームはどこが勝ち進んでもおかしくはないチームが乱立していて、4年生のこの大会の結果がその先に続く公式試合の優劣に影響することもあります。

3年生までスクールに通っていた少年が、このフェアプレーカップの結果で参加するチームをお選ぶ選手も一定数います。

練馬区のハトマーク地区大会は2年連続FC大泉学園が優勝

今年のハトマーク練馬地区大会から中央大会へ進出を果たしたのは次の3チームです。

  1. FC大泉学園
  2. ウナ・プリマヴェーラ
  3. PELADA FC

見慣れたチームたちですね。結果は練馬少年サッカーのページで確認できます。

FC大泉学園の天下は続く

ここ数年、練馬区の少年サッカーはFC大泉学園の天下が続いているように思えます。ダントツかと言うとそんなことはないのだと思いますが、接戦をモノにする勝ち方を知っているチームですね。

また、コーチが雑誌の取材を受けていたりトレセンコーチだったりとサッカーのうまい少年が集まってくる環境が整っているように思います。

では、みんなFC大泉学園にはいれば順風満帆かと言うと、レギュラーの人数は限られているので、やはり全員がハッピーという訳ではないのかなぁと思います。

FC大泉学園以外で所属させるとしたらどのチーム?

強豪チームに所属しているからうまくなるというものでもなく、試合出場回数が少ないと、なかなかサッカーが上達しないものです。

今回のハトマークフェアプレーカップの結果からFC大泉学園以外のチームに所属するならどこ?を分析して見ました。

練馬区チームランキング算定基準

考え方としては、2点差までは、実力僅差と考え、

算定基準
  • 優勝したFC大泉学園と対戦したチームで得失点差が2点以内で敗北したチームをリストする。
  • リストしたチームと対戦して得失点差が2点以内で敗北したチームをリストする。

・・・という感じでリストして見見ました。

  • ウナ・プリマヴェーラFC(2-0)
  • PELADA FC (1-1)
  • 向山サッカー少年団(1-0)
  • コレーガサッカークラブ(1-0)
  • サウスユーベFC U-12 (1-0)
  • 練馬FC U-12(2-1)

勝負は時の運とは言え僅差で勝敗が決しているチームはそれほど多くありません。子供を入団させるチームに迷っている方の参考になればと思います。

結果だけで正確なチームの強弱は判断できない

また、各チームの知り合いに聞いたところ、4年生大会にもかかわらず、チーム内では3年生の試合としてアナウンスしているチームもあるらしい。噂だと大泉ロッソとコレーガは3年生主体のチームとのことだ。(あくまでも噂です。違うかもしれません)

ちなみに噂が正しかったとしたら、コレーガは初戦で負けているが、相手は準優勝の ウナ・プリマヴェーラFCです 。勝っていたら3年チームで決勝に進んで中央大会へ進出していたかもしれない。
と考えると、コレーガというチームは侮れない。(あくまでも噂です・・・)

まとめ

大会の結果だけでどのチームが強いのかを純粋に判断することはできないのですが、上位に食い込むチームが弱いということはないと思います。まずは、見学、体験入部をしてみて判断が良いと思います。

少なくともコーチが怖くて委縮しちゃうようなチームで子供がすくすく成長することはないので、コーチの存在を確認してから入れるチームを選択する必要はありそうです。

タイトルとURLをコピーしました