退路を断つ、この決断が大きな変化を生む

退路を断つ、この決断が大きな変化を生む

とくダネの笠井アナウンサーの降板を見て思うこと

笠井信輔アナウンサーが、フジテレビを退社し、小倉智昭キャスターの芸能事務所「オールラウンド」に所属を移して、フリーで活動するとのコメントを発表しました。

管理職として共感できる退社理由

フリーになる事を決断した理由は

  • もっと広い世界でしゃべりたい、書きたいから
  • 自分の知識や体験を生かした仕事にさらに携わっていきたいという思いから

とのこと。会社員としてある程度年を重ねると、若手の教育や管理など、管理職としての仕事が増える。また、自社で提供している商品、製品より他社の方が優れてて、このお客さんには他社の方が良いと分かっていても、それが言えないジレンマなど、企業に所属している事での制約も顧客ファーストでプライド持って仕事している人には、仕事に対する思いだったり、自分を偽っていることへの憤りなども感じながら仕事をしていると、そう言った柵からの解放を望む気持ちは非常に共感できる。

我をも!と思うことはあれど、フリーになってもやって行けるだけのスキルを持ち合わせていないので、笠井さんが、定年間近にもかかわらず、フリーになる事を決断したニュースには勇気を与えてくれた。(見習って独立だー!とはならないけど)

退路を断ために、とくダネ!をも降板

転籍先が小倉キャスターの事務所なので、とくダネ!を継続することも可能だったはずだけど、フリーでやって行く覚悟を持つために、とくダネ!も卒業する決断をしたとの事。

これとても重要だと思います。独立する決断以前にサラリーマンである事に何の疑問、不安を持たずに、いや、思ってても、独立する発想には至らない人が世の中のほとんどで、そんな中で笠井さんは決断した。

そして、ダメだったら・・・。

と考える逃げ道をなくし、とくダネをフリーで成功しなかった時の逃げ場とせず、後戻りできないを状況を作り出す。

そして新しい世界へ、新しい壁に立ち向かう状況を作り出している。

これが例えば、とくダネ!を続けていたら、他の仕事は上手くいかず、ダメならとくダネ続ければ良いや。と、越えるべき壁から逃げて元の慣れ親しんだ仕事に戻ってしまう可能性がある。そうすると、本来進むべき、進みたい道を進むことを忘れてしまう。

笠井アナはその逃げ道をなくして、やるしかないって状況を自ら作り上げている。

退路をたった人の方が成長は早い

当たり前だけど、壁を一つ二つと乗り越えた人と、越えられなかった人が得られる経験値には圧倒的に差が生まれる。
またそれが自信に変わるという好循環にもなる。

ダメだったらどうしよう。とか、こっちの方がいいかも。とか、色々考えることもなくなる。進むしかないのだから。悩むことが勿体なくなる。時間の使い方も変わる。集中力も上がる。

自分を崖っぷちに追いやることが、最大のリスクヘッジで、ハイパフォーマンスを出し続ける効果的な対策になる。

後がないという状況ほど頭が活性化し行動力が生まれる。もしかしたら、サッカーなどのスポーツにも同じことが言えるかもしれない

子供の覚悟。。なんか違う・・

プロのサッカー選手になる人は、そもそもの天才肌の人は例外として、多くの選手は血の滲むような練習を重ねてきた。

それと比べると普通レベルの練習量でヘトヘトになっている我が子はまだまだ足元にも及ぶわけもなく日々遊びながらサッカーしています。

そんな我が子は、大の勉強嫌い。学校の宿題やるにも2〜3時間かかる。集中してもなく、だらだらと過ごしてる。

そんな我が子は、将来プロのサッカー選手になると言って聞かない。

プロになるから勉強はしない。サッカーで生きて行くから勉強できないのは仕方ない。

ある意味退路を断つ発言なんだけど、言うほどサッカーしてないし。。。退路を断って覚悟決めたら変わるのかな。。

イヤイヤ、なんか違う。何か考え方が根本的に間違っている。

何かが違う。でも何だろう。。

ブログカテゴリの最新記事