本田久々出場!決勝点を演出

NO IMAGE

12月4日のクロトーネ戦に本田が5試合ぶりに出場

本田は後半36分に1対1の同点の場面で出場した。
残り時間がわずかな中で、後半41分のフリーキックを任される。
本田の蹴ったフリーキックは、ゴール前でFWのジャンルカ・ラパドゥーラが蹴り込みこれが決勝ゴールとなりACミランは勝点を32に伸ばしている。
先日、モンテッラ監督にプロの模範選手と言わしめた本田が、試合でも結果を出し、またACミランで息を吹き返し、存在感を示し始めるのか。
まだ後半終了間際でのチャンスしか与えられていないので、まだ信頼を得ているとは言えないが、チョット期待してしまうフリーキックでしたね!!

次回の活躍も期待!!

ブログカテゴリの最新記事