一人でも習得可能?小学生によるプログラミング学習 | ねりまじん

一人でも習得可能?小学生によるプログラミング学習

教育


2020年からプログラミング教育が学校のカリキュラムに追加されましたが、その内容はまだはっきりとはわかっていない状況で一体どんな授業になるのか気になりますよね。

プログラミングって難しそう

学校以外で何か学ばせたほうがいいのかしら

そうですよね!不安ですよね。

学校の先生もプログラムを教えたことがない先生が大多数で、

教える側も教わる側も混乱している状況です

今回は、学校で始まったプログラミング教育がどういうものなのかを解説するとともに、プログラミングを習いたいお子さん向けに初級でお手軽に学習できるオンラインサイトについてご紹介します。

学校の教育だけでは不安だから、家庭でも何か考えたいけど
なるべくお金をかけないでプログラミングが学ぶ方法ってないのかな

こんな事考えているご家庭向けにぴったりな記事だと思います。自宅で独学も十分可能です。とりあえず、やってみて、興味なければやめれば良い。気楽に始められる教材ですので、是非ご覧ください。

プログラミング教育とは

2020年から始まった小学校でのプログラミング教育とは、どのような目的で小学生から導入することになっているのでしょうか。

文部科学省のホームページにはプログラミング教育の手引きに目的が記載されています。色々とゴチャゴチャ書かれていますが、要するに以下の2つを軸とした教育を行うということのようです。

プログラミング教育手引き
  • 生活の中に活用されているコンピュータの仕組みを理解する
  • プログラミング的思考を身につける

参考:小学校プログラミング教育の手引き

注目すべきなのは、プログラミング的思考です。これは、言い方を変えると論理的思考力を育てることを意味します。プログラミングは書いた通りにしか動かないので、正確にプログラミングしないと思った通りに動いてくれません。

プログラミング教育の必要性

この正確にプログラミングするためのプロセスは論理的思考力を鍛える良い訓練なので、そのための教材と考えると、プログラミング教育は理に適った教育と言えるかもしれません。

論理的思考力は、大人になると自分の思考を整理する為にも重要な思考方法です。従っていずれは持ち合わせたほうが良い思考方です。一方で、感情思考というのも必要な思考です。相手の気持ちに立って物事を考えて発言できるというのは、論理思考だけではなく、感情思考も重要です。

この2つの思考のバランスが重要になってきますが、論理思考は大人になる家庭である程度鍛えられる思考なので、小学生のうちは、感情思考を育む教育を優先した方が良いと考えています。

従って、個人的には、プログラミング的思考を意識する必要はなく、プログラミングという遊びを楽しむという感覚でとらえて、プログラミングに触れるのが良いと思います。

先生はプログラムは書かない

先述したプログラミング教育の目的から考えると、先生がプログラムを書ける必要性はありません。実際に文科省のページにも教員がプログラムを書ける必要はないと記載されています。

先生は、プログラミング教育の基本的思想を理解して、その考え方を子供達に伝えることができれば、今までの科目の中でも取り入れた授業をすることは可能です。

そのための教員向けの教科指導ページも作られているということなので、やはりプログラミンができるようになる事は副次的な効果であり、教育の本質ではないということが分かります。

家庭で考えるべきプログラミング教育

文科省のプログラミング教育方針を見る限り、バリバリプログラミングができるようになる子供を育てる事が目的ではありませんが、これを機にプログラミングを経験させたいと考えるご家庭もあると思います。

私は我が子を以前よりプログラミング教室に通わせていた経験を踏まえておすすめの勉強法というのを解説いたします

プログラミングの学習法

小学生でもプログラミングを習得して AndroidやiPhoneのアプリを開発している小学生が世界中にいます。頭の柔らかい小学生ならではの発想から大人では考えつかないようなユニークなアプリが子供の手によってつくられています。

今まではアイディアを持っていても、作ることができませんでしたが、今は子どもでも比較的容易にアプリを作る事が出来る環境が整ってきています。

作ったアプリを披露する大会も増加

いくつかの教室ではコンテストがあって、自分の作ったものをそのコンテストで披露するというイベントも多く、多くの人に見てもらうことで商品化につながるというケースも増えています。

うちの子はコンテストに出展するまでは至っていませんが、通っていた教室内での発表会に参加することで、非常に刺激のある体験をしています。

これは、プログラムを作るという体験ではなく、作成過程でどこを工夫したのかをプレゼンテーションするという体験で、これは、論理的な思考を培っていくことができてます

学校での教育方針

プログラミング的思考を身につけるという目的で、学校ではどのような指導を行っているのでしょうか。実は、学校では具体的な指導方法は決まっていません。今までの学校の授業の中で、プログラミング的な考え方を取り入れた学習をするというのもあれば、無料のコンテンツを使ってプログラミングを作る体験をする授業を展開している学校もあります。

ただし、先生自体がプログラムに対する知識を持ち合わせていないので、先生がどういった形で教えればいいかというところはまだ全然未知数なところで、先生の授業の進め方に依存する状況です。

独学でできるのか

学校での教育方針があいまいなので、家庭で何かしら進めた方が良いのではと思う気持ちもありますが、その必要性は実はあまりありません。しかし、プログラミングを書いて動かすという体験は、子供にとっても刺激があり確実に楽しいことなので、小学生の内からプログラミングを身につけること自体は否定すべきことではありません。

しかも、世の中には多くの教材がオンラインで無料で学べるサービスがあります。そのサービスを使うことで家庭内で独学でプログラムの基本的な動きを理解することはできます。

無料で体験できるプログラミングサービス

どのサービスも基本的には同じ考え方同じ仕組みで構成されているので、どこのサービスを使っても身に付けられる技術は同じだと思ってもらって構いません。

無料で学べるプログラミング講座はこちらのサイトで紹介しています。

始めて学ぶならまずはこれから

まず簡単なものから始めるという意味では低学年のお子さんがやれるものとしては上のオンラインの無料コースを使って簡単に動きを学ぶことをおススメします。直感で作る事が出来るので、作って→動きを試して→直して→動かして・・・といった形でトライアンドエラーを繰り返しながら動作を確認するので、お子さんも楽しみながら体験できると思います。

初心者向けプログラミングサイト
  • スクラッチJr
  • スクラッチ

こちらで簡単な動作というのは理解できると思いますので、一度試してみて、お子さんがもっといろいろな動きを学びたいなど、物足りなさを感じた際には、有料のプログラミング教室への参加を検討すればよいと思います。

まとめ

繰り返しますが、学校教育の目的を満たすなら無料のオンライン学習で十分です。

お子さんが興味を持って、教室が良いなどは、もっと学びたいと意思を示してからでも十分です。学校では特別な教育は行われません。

うちの息子はオンライン学習だけで事象を論理的に整理して考える思考をほんの少し身につけたので、オンライン授業だけでもかなりの効果が期待できると感じています。