中学受験勉強にも有効か?プログラミング教育の本質とは | ねりまじん

中学受験勉強にも有効か?プログラミング教育の本質とは

教育

2020年から必須化された小学校のプログラミング教育の意義は

コロナの影響で学校が休校になった今年、オンラインの授業でコンピュータに触る機会が強制的に増えるかと思いましたが、公立小学校は何の対策もなくただ緊急事態解除を待つばかり。

一体プログラミングってどんな事をするのだろう?とまだその実態を感じることができないのが実態ですね。

今回はプログラミング教育が必須化された経緯と、それをどのように子供の成長に繋げるべきかIT業界に長くいる私と子供に対してプログラミング教育に早くから初めていた私の経験からお話しできればと思います。

1.プログラミング教育必須化の目的は思考力強化にあり

2020年から学校での教育が必須化されましたが、その目的ってなんなのか、文科省のホームページを探って見た所、以下の2つが大きな狙いとして書かれています。

  1. 家電 や自動車をはじめ身近なものの多くにもコンピュータが内蔵されている。これらコンピュータを適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを 知ることが重要
  2. 子供が秘めている可能性を発掘し、将来の 社会で活躍できるきっかけとなることも期待できる

うーむ・・・人とコミュニケーション取るときは、目的を明確にすること。と子供に散々教えてきた私としては、この2つの柱はなんとも分かりにくく子供には説明できないな・・・という感想を抱き、プログラミング教育の本質を見誤ってしまうような懸念さえ覚えました。

さらに読み進めると、プログラミング的思考を育むという記載があります。
「プログラミング的思考」とは、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、その記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

要は論理的思考力の強化ですね。これは私も重要な思考力だと思っています。

ただ、プログラミングの教育でも育むことはできますが、元々ある国語や算数の授業でも論理的思考を教えることはできると思っています。

あえてプログラミングというツールを使う理由は、子供が楽しみながら身に付けられる点と、学校の先生自体が論理的思考で物事を教えられる人材がいないというのも実態としてはあるのかと思います。

2.学校で教えられることって何?

では、突然科目として追加されたプログラミング教育。これ学校の先生は目的を理解して子供達に教えられるのだろうか。

先生は常に忙しい生き物。なのに自分達もあまり経験のないプログラミングを教えるなんて現実的なのだろうか。その辺文科省がどう考えているのかを探ってみた。すると、教師への期待として以下のような記載がある。

教師が自らプログラミングを体験することが重要です。「プログラミングは難しそうだ」という印象がもたれがちですが、今日、プログ ラミングは、「正三角形をかくプログラムの例」や第 3章の指導例に示すような、教育用に開発されたビジュアル型プログラミン グ言語 などの発展・普及により、児童も含めて多くの人々が容易に体験し たり活用したりすることができるようになっています。 教師が自ら実際に体験することによって、プログラミングはそれほど難し いものではなく、むしろ面白いものだということが実感でき、さらに、授業でこんな使い方ができそうだというアイディアも湧いてくるものと思われます。

とのこと。。。

他人事感満載!!!

はっきり言って無理でしょう。どこにそんな時間の余裕があるのだろうか・・・。と無責任な記述に無関係ながら怒りすら覚えてしまうのだけど、手引書の第三版には、企業と連携しながら授業を行う、ICT環境や教材の整備、研修方法など、教師向けの指南書についても追加されています。具体的には、各学校にお任せ感満載ですが、初版の書きっぷりよりは現場を意識してくれているようなので、今後の改善にも期待したいところです。

とはいえ、改定すればプログラミングを教えられるかっていうとそんなことはなく、うまくIT企業と連携して意味のある授業を展開してほしいと思いますね。

学校に期待するのは、一般IT企業で子供向けに実施しているプログラミング教室に負けないくらい充実した教育っていうと無理がありますが、行政のサポートを受けながら、コンピュータに触れられる環境の提供は是非ともお願いしたいです。公立小に通う家庭ではまだまだ自宅でPCをさわれない家庭もあるので、PCやタブレットを貸し出してコンピュータを短に感じてもらうことができれば学校にでの教育としては最低限の役割は果たしているのではないでしょうか。

3.プログラミングを通して本当に学んで欲しいこと

では、プログラミング教育で本当に学んでほしいことは一体何か?それは、先述した通りですが、プログラミング的思考を養い、「順序立てて考え、試行錯誤し、ものごとを解決する力」この論理的思考力を身につけること。これにつきますね。

国語や算数でもできるといいましたが、学校教育の限界もあり、学校で身につけるのは限界があります。プログラミングを学んで思考力を身に付けたいのであれば、IT企業が開催しているプログラミング教室に参加するのが手っ取り早いと思います。

私も長男が幼稚園の時にプログラミング教室に通わせました。10年以上前で、まだプログラミングが小学生の授業必須かになるプランすらなかった頃ですが、多くの参加者もいてとても刺激になりました。

その教室は、Tech Kids School 。渋谷にあるサイバーエージェントが主体の会社です。

4.オススメのプログラミングスクールは?

いくつかお試しでプログラミング教室に通いましたが、自由に触らせて楽しさを覚えてもらうことを目的とした教室がまだまだ多くを占めている中、Tech Kids School はマニュアルもただ真似るではなく、考えさせる課題もあり、初心者から段階的にレベルを上げて学んでいける作りになっていたので、私の中ではTech Kids School が一番のオススメとなっています。

10年以上前にすでにある程度の指導方法は確立されていて、今年の9月からはなんとオンラインでの教室「Tech Kids Online Coaching」も始まったので、コロナで外出は避けたいとい人にもオススメの教室だと思います。

我が子が通っていた時に何に感心したかというと、2つ。

・コーチの指導が手厚く、親切丁寧に初心者の子供にサポートしてくれる
・教科書は全て解説せず、考える余地を残したバランスの良い教材

特に2つ目のある程度考える余地を残した記載になっていることが重要で、子供達はトライアンドエラーを繰り返しながらプログラミング体験ができます。これって、かなりの思考力が鍛えられる作業で、難しすぎても簡単すぎてもダメなので、かなり絶妙なテキストだなって思います。

プログラミングって学べば誰でも書けるんですよ。どう動かせば良いか決まっているならね。

でも、ここの教室は、ゴールは見せるけどそれを実装するためのステップは自分で考える必要があって、そのゴールまでの道筋は自分で作らなければならない。それこそ正にロジカルシンキングの入り口。

それって、通常のコミュニケーションでも同じで、何を伝えたいか(これがゴール)で、どうすれば正確に伝えられるか(これは作業ステップ)この2つを組み合わせないと正しく伝えられないし人も動かせない。なのでプログラミングで鍛える思考力は、口頭で何かを説明する時や文章を書く時に正確に相手に伝える論理的思考力の強化につながることになり、それって、中学受験の国語だったり、算数の解法を整理する足がかりとなる思考力なので、中学受験にも全く関係のない勉強というわけではないと思っています。

ただ、そこまでの事を考えて教える先生が学校にいるかは懐疑的で、まずは先生の能力向上が先ですね。なので、学校でのプログラミング授業が有益なものになるのはもっと先、もしくは途中で頓挫する可能性もあります。

次回の記事では私の息子が通っていたTech Kids School についてもう少し細かく紹介しようと思います。

「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!