徹底解明!!小学校でプログラミング教育が必修化!子供の教育はどう変わる?

プログラミング
スポンサーリンク

2020年にプログラミング教育が小学校で必修化されました。プログラミング教育が始まってなにがどう変わったの?家庭では何すればよいの?どんな知識が身に付くの?と実態がよくわからなくてヤキモキしている人がほとんどかもしれません。

今回は、文部科学省で定義しているプログラミング教育を見ながら、なぜプログラミング教育が必須化となったのか。その必要性は何なのかを徹底解明していこうと思います。

最後まで読めば、プログラミング教育の目的や、プログラミングの教室に通う必要性なども理解できます。

スポンサーリンク

小学校のプログラミング教育とは

「プログラミング教育」と聞いて何をする教育なのか理解できる人は少ないと思います。プログラミングという言葉で思いつくのは、ソフトウェア会社などのIT企業に勤めてパソコンやスマホのアプリを開発する事というイメージしかありません。

そんなものを小学校で教育する必要があるのだろうか?国全体で子供をIT企業に就職させるための教育なのか?と皆さん不思議に思うかもしれません。

文部科学省で提唱しているプログラミング教育とは

それでは、政府が掲げているプログラミング教育の趣旨は以下のようになっています。

家電や自動車をはじめ身近なものには、コンピュータが内蔵されていますが、普段はそれを意識することなく使えています。これからの世の中は、それをそのまま受け入れるだけではなく、それら機械がどのような仕組みで動いているのかを適切に理解し、活用できる能力が求められる。

コンピュータとは人が命令を与えることによって動作します。この命令が「プログラム」であり、命令を与えることが「プログラミング」です。

プログラミング教育の位置付け

プログラミング教育は、学習指導要領において「学習の基盤となる資質・能力」と位置付けられた「情報活用能力」の育成や情報手段(ICT)を「適切に活用した学習活動の充実」を進める中・・・・

文部科学省のプログラミング教育要綱より

文科省の説明を見ていても難解な表現が多いのですが、要するにプログラミング教育の必須化とは、プログラミング的思考を身につけることが目的です。表現を変えると論理的思考力を身につける事、さらにわかりやすく言うと、何かの作業を行うときの手順を正確に順序だてて整理する力と考えればよいかと思います。

小学校のプログラミング教育の狙い

小学校でプログラミング教育を必須化する狙いは2つあります。

プログラミング的思考を身につける

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力を身につけることが目的です。

プログラミングという言葉で勘違いしてしまいがちですがプログラミングしてスマホのアプリを開発できる人材ではなく、物事を理論的に考えて目的に向かって必要なタスクを正しい手順で遂行する力を身につけることを目的にしています。

知識及び技能を深める

身近な生活でコンピュータが活用されていることや問題の解決には必要な手順があることに気付くことを目的としています。物事を表面的に理解してわかったつもりになるのではなく、本質に対して興味を持ち「なぜ?」という疑問や仮説思考などから自ら知識や技能を身につける思考や習慣を身につけることが目的です。

プログラミング言語の習得は目的ではない

プログラミング教育を通じて、子供が自らプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりすることは考えられるが、それ自体を、プログラミング教育のねらいとはしていないと明記されています。

このことから、IT企業に就職してプログラムが書けるようになることが目的ではないことがわかります。

なぜ、小学校でプログラミング教育を必須化するのか?

プログラミング教育であることを意識することなくプログラミング的思考を育むための教材として小学生の授業が最適であると考えていることが大きな要因だと思います。

小学生の授業は方程式を使って問題を解くスキルを身につけるのではなく、現実にできているかは別として、実体験から学ぶ、身の回りの不思議に気づいて考えいる体験、物事の原理原則を学ぶ体験。この辺に重きを置いた教育を行っていて、その教育の中にプログラミング的思考を取り入れることで、より思考プロセスを整理する訓練ができると考えているようです。

小学校の授業でプログラミング教育を取り入れる例

小学校の科目としてプログラミングという教科ができるわけではありません。これまでの算数・国語・理化・社会の各科目の授業の中でプログラミング的思考を用いた授業を展開することを求めているのがプログラミング教育です。

算数の授業で用いる例

正三角形、正四角形、正五角形など正多角形の本質を理解して、複数の多角形を書く場面を考えてみます。

多角形の特性は、2つのルールがあります。このルールを使えば、何辺の正多角形を作りたいかがわかれば、同じ方法で多角形を作ることができます。

  • 辺の長さがすべて等しい
  • 多角形の外角の和は360°


これを、正確に作図する方法を手順化するというのがプログラミングという言葉で表現されています。

もちろん、実際にコンピュータで多角形を作図する時の同じ手順を繰り返すことで図形を描く事が出来ますが、そこのプログラミングの言語を学ぶということではなく、物事を正確に進めるために手順を明確にする思考力を育むというのがプログラミング的思考です。

国が小学生にプログラミング教育を取り入れる狙いとは?

英語教育は、国際社会が当たり前のこれからの世の中において、世界で活躍する人材を育成するためには、日本人の英語力の低さが足かせとなるため、中学からの学習ではなく、小学生から早めに英語に触れる機会を設けるという目的がある気がします。

では、プログラミング教育の導入は中学、高校での導入がない中でなぜ小学校からの導入なのでしょうか。

授業の具体的な内容は決まっていない

プログラミング教育の具体的なコンテンツについては、先述したような多角形の意味を例として、「プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく場面(5年・算数)」と文部省の「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」には示されていますが、小学校の学習カリキュラムの説明の中では具体的にどのような指導を行うべきかについては定義されていません。

算数に限らず、色々な授業でプログラミング的思考を取り入れ、各学校の創意工夫で積極的に取り組むことが望まれており、各学校で自由に実施することになっています。

やることが決まっていないので、先生も何をすればいいのか、誰も正解がわからず、方針だけ打ち出されてあとは現場任せという無責任な形でスタートしているので誰も保護者への説明もできないでいるのが今の状況なのだと思います。

そして、各学校で積極的に取り入れるというあいまいな表現なので、取り入れているかどうかを確認する方法もなく、学校側としては無理に考えずに放置しても差支えのない指針として考えている節もあります。

プログラミング的思考は早めに習慣化するのが望ましい

具体的な方法が文科省から提示されていないため、学校の教師としては駒ている状況ですが、プログラミング的思考を子供たちが早いうちから習慣化することは将来的には非常に有効な思考だと思います。

プログラミング的思考というのは言い方を変えると論理的思考、ロジカルシンキングができる思考の基礎であるので、大人になってから身につけようとしても時間がかかりますし、人によってはストレスになります。

人は感情的な生き物でありながらも論理的思考ができる人材を世の中は必要としているので、早いうちからこのプログラミング的思考を身につけるのが必要だと判断して小学生のうちから教育に取り組もうとしているのだと思います。

先生たちはプログラミング教育ができるのか?

プログラミング教育の必修化における一番の不安材料は、学校の先生がプログラミング教育を各授業のコンテンツに入れて指導できるかという点です。

結論から言うと難しいと思います。

本質を理解していない可能性の高い教員たち

先述した通り、文科省化からの明確な指針がなく各学校での努力にゆだねられていることから、プログラミング的思考を経験していない学校の先生が頭を悩ませていると思います。

また、全員ではないでしょうが、プログラミング教育の本質を勘違いして、ITに詳しくないから、教えられないという先生がいる可能性もあります。

多くの公立小学校のホームページを見てもプログラミング教育に関する指針を提示している学校は見当たらず、ある程度自由な授業ができるのは魅力ととらえるか、明確な指針がないので、どうしてよいのかわからないと戸惑うかは、学校および先生の資質によると思いますが、公立小学校の教員の多くは後者ではないかと思います。

プログラミング教育ができる教員を育成する組織が設立

明確な指針が学校から出ていないことで保護者としても不安が募ります。そんな不安の声に対し「未来の学びコンソーシアム」という組織が設立されました。

文科省・総務省・経産省が連携をとり、学校関係者、自治体関係者、教育/IT関連企業/ベンチャー企業などと共に設立した官民協働の組織です。

この組織の狙いは、教師がプログラミング教育に対して抱いている不安を解消し、安心して取り組めるようにすることのようです。実際の指導案などが紹介されています。詳細は割愛しますが、これを各学校の先生全員が取り組めるかというとかなり時間を要するというか、教員免許を取るときの条件として教師教育をする必要がある気がします。

まずは、学校の教員の不安を取り除くという活動をしているくらいなので、プログラミング教育の必須化という取り組み自体がまだまだ時期尚早なのかもしれません。

プログラミング教室の乱立

プログラミング教育という目的がプログラミングができるようになることではないとお伝えしましたが、プログラミング的思考力を鍛える方法として、プログラミング言語を使ってコンピュータで動く簡単なアプリを作るというのは有効な手段です。

本質を理解しているかはわかりませんが、このプログラミングができるようになるための学習塾が世の中に大量に発足されています。その教室について知りたい方は、こちらの記事を参照してみてください。

まとめ

今回はプログラミング教育の学校の取り組み状況を見てきましたが、まだまだ学校の教員の教育ができていない状況で子供たちへの変化は先のことになるという結論に至っています。

しかしながら、プログラミング的思考をお子さんが早いうちから身につけるのは将来に向けて有効なほうほうなので、学校に頼ることなくご家庭の中で取り組みを始めてみてはいかがでしょうか。

【体験あり】厳選!!プログラミングが楽しく身に付く子供向けスクール
学校教育でプログラミング教育が始めったこともあり、子供向け...
タイトルとURLをコピーしました