【体験あり】厳選!!プログラミングが楽しく身に付く子供向けスクール

プログラミング

学校教育でプログラミング教育が始めったこともあり、子供向けのプログラミングスクールが増えていますね。

学校教育で始まったプログラミング教育の目的はプログラミングが書けるようになることではありません。「プログラミング的思考」を身につけることを目的としています。

でも、そのプログラミング的思考、すなわち論理的思考力を鍛える方法としてプログラミングを作れるようになることは役立ちますし、何より子供が楽しく学べるのがプログラミングの魅力です。

今回は、プログラミングを楽しく学習できるスクールや無料のオンライン教材についてご紹介します。

>>徹底解明!!小学校でプログラミング教育が必修化!子供の教育はどう変わる?

無料のプログラミング講座から始めてみる

いきなり有料のプログラミングスクールを利用するのではなく、まずは無料でプログラミングってどんなものか試して見たいって考えるのが人の常だと思います。

無料の講座は複数存在しますが、指導してくれる講師はいないので、初めは自分で進めるのは難しいので、親がサポートしてあげる必要があります

しかし、無料でもかなりしっかりした構成のプログラミングスクールがあるので、超初級者でも親のちょっとしたサポートで使えるようになり、楽しく遊びながら、プログラミングの基礎を学ぶことができると思います。

Scratch(スクラッチ)

https://scratch.mit.edu/

子供向けの視覚的に理解ができるように開発されたプログラミング学習サイトです。MITメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで作られて、無償で提供されているサービスです。

直感的に作ることができ、自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションなど多彩なコンテンツを作ることができるようになります。

インストールも不要で、ブラウザがあれば体験できるのでオススメです。

>>SCRATCHの公式ページはこちら

Scratch! for About

スクラッチJr

https://www.fun-scratchjr.com/

スクラッチよりもさらに優しく、教育用の低年齢向け(5-7歳)プログラミング・アプリです。Scratchという有名なプログラミング言語がベースで小さな子供でもたのしく考えながら、ストレスを感じることなくプログラミングの考え方に触れることができる教材です。

>>スクラッチJrの公式ページはこちら

Hour of Code/code.org

https://hourofcode.com/au/ja

Hour of Codeは、Hour of Codeとコンピュータサイエンス教育週間諮問委員会および審査委員会のほか、マイクロソフト、アップル、アマゾン、Boys and Girls Clubs of America、College Boardなど、Hour of Codeをサポートするために集まったパートナーの史上初めての連合によって推進されているプログラムです。

主催企業のcode.orgのサイトでは、ゲーム感覚で、プログラムの動きを学ぶことができるのでストレス無しで体験できるのでは無いかと思います。

>>Code.Orgの公式ページはこちら

Hour of Code – WORLDWIDE

本格的に学ぶプログラミングスクール

教育の定番になりつつあるプログラミングスクールです。有料のスクールですが、パッと調べただけでも、都内でこんなにヒットします。。

プログラミングスクール一覧

どのスクールも、それぞれの特長を生かして、親切丁寧に教えてくれます。一方で気になるのは受講料ですよね。いろいろなコースがあるので、詳細は各サイトのホームページを参照したほうが良いと思いますが、初心者が受講するときの目安を以下にまとめています。

教室/講座名授業形態月額入会金授業時間体験有無
Z開プログラミング講座オンライン5,800~なし90~150分なし
TechKidsSchool教室25,000~なし120分あり
TechKidsOnlineオンライン12,000~なし90分あり
LITALICOワンダー教室5,250~15,00090分あり
LITALICOワンダーオンライン4,00015,00060分あり
D-Schoolオンライン3,980~なし120分あり
Arschoolオンライン10,00010,00090分あり

通信講座の大手Z会が開くプログラミングスクール

昔から、東大行くならZ会通信講座といわれていましたが、そのZ会がオンラインのプログラミングスクールを開講しました。

Z会のプログラミングスクールでは、LEGO® Educationを用いてプログラミングを学びます。レゴブロックやセンサーを使用してロボットを作り、そこにプログラムを組み込むことで、実際のロボットの動きを見てプログラミングを学びます。

Z会プログラミング講座 with LEGO® Education

>>Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら

講師陣が充実しているTech Kidsプログラミング講座

Tech Kids Schoolは教室もオンラインも少し高めの設定です。オンラインは2020年9月に開校したばかりで歴史は浅いですが、教室は10年以上前から渋谷で運営している老舗のスクールです。

サイバーエージェントが運営の母体となっていて、講師陣にITスキルを持った優秀なスタッフが多く、プログラミングも楽しく受講できます

Tech Kids Online Coaching 紹介ムービー

>>「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!

多彩なプログラミングコースのあるLITALICO

池袋、渋谷などの複数拠点にプログラミングスクールを構えているLITALICOは、Z会のようなLEGO® Educationを用いたプログラミングやPC上で動くプログラミングなど様々なコースが用意されています。

経営母体や講師の情報は見つけられませんでしたが、元Google 米国本社 副社長兼 Google Japan 代表取締役社長の村上氏や元文部科学副大臣の鈴木氏から推薦の声を発信しているので、それなりの指導力があるのではないかと推測されます。

以上、どのプログラミングスクールも実際にどんな形で授業が進むのかはわからないので心配ですよね

  • 色々な特徴があって自分の子供に合うか?
  • 先生がわかりやすく教えてくれるか?
  • そもそも、まだ早いのでは?

体験教室を用意しているプログラミングスクールがほとんどなので、少しでも不安をお持ちであれば、一度体験教室で雰囲気をつかんでみるとよいと思います。

まとめ

親心の本質は将来プログラムを作成する仕事について欲しいと言うより、次のような大人になってほしいという思いからプログラミング教育を検討している方が多いのではないでしょうか。

  • 物事、事象をロジカルに整理できる、分析できる思考を身につけて欲しい。
  • コンピュータに強くなって欲しい

プログラミングが書ける必要はない。そう思っていたとしても、プログラミングを書く遊びを通して、上記のような素養は頼みながら備わっていくものです。

ぜひ、お子さんにプログラミングを体験してもらって新しい世界を感じ取ってもらいましょう。

>>「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!

>>プログラミングを学ぶロボット教室!!「自考力キッズ」の資料請求はこちら

>>子供向けプログラミング教室「エジソンアカデミー」の資料請求はこちら

>>KOOV子供向け プログラミング教室の無料体験はこちら

>>子ども向けプログラミング・ロボット教室【LITALICOワンダー】の資料請求はこちら

マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】の資料請求はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました