中学受験

中学受験で成績が上がらず伸び悩んでいる時の打開策

中学受験勉強をしていると、成績が上がらないって伸び悩みの時期は誰にでもあります。

こんなに勉強しているのに、成績が上がらない
塾の宿題は全部やっている。大変だけど頑張っているのになんで成績上がらないの??

塾に通って中学受験勉強をしているご家庭の多くがつまづくポイントですよね。でも、

みんなも同じくらい頑張って勉強しているんだから、そんな簡単には上がらないですよ

中学受験の勉強をしているご家庭は、みんな同じだけ勉強してます。同じだけ必死なんです。みんなと同じ勉強をしていたら、あなたのお子さんだけ成績が上がるなんて都合の良い話はありません。むしろ上のクラスの子供との成績さは広がっていきます。

じゃあ、成績上げて上のクラスに行くなんて無理なの?って思っちゃいますよ

いいえ、そんな中でも、一つ抜け出して、偏差値を上げていく子どもがいます。

パパん

うちの子も同じでした。もっと早くやり方変えればよかったと思っています。でも第一志望に受かったので、よしとしています。

これから、具体的な方法をお伝えします。一言で言うと、みんなと違うことやるんです。

学習方法を変えて、成績を上げる方法

みんなと同じことやっていてもいきなり成績は上がりません。同じことと言っても、上のクラスの子たちと同じことはやっていません。下のクラスの授業は、基本的な知識の定着がメインです。一方で上のクラスの生徒は応用問題を解いています。だから、上のクラスの生徒との実力差は日に日に広がっていきます。

じゃあ、上のクラスの学習法を真似ればいいのかというと、そんなこともないのです。

パパン

一刻も早く上のクラスに上がって勉強をすることがめちゃくちゃ大切なんです。けど、たまたま知ってる問題が多くてクラスが上がると、ついていけなくて地獄を見ます。

上のクラスの生徒は、そこで学べるだけの下地、すなわち基礎学力ができている前提なんです。だから、下のクラスの子供は、効率的にその下地を身につければいいのです。

塾の学習法が非効率となることがある

塾の下のクラスで学んでいるのは、応用問題を解くために必要な基礎知識の定着です。ただし、集団塾という性格上、個々の生徒に合わせての最適な学習法の提供はできません

塾ができるのは、全体網羅的な指導です。これ全部できればOKよ。ってそんな感じ。多くの子供が苦手とする分野の問題を出して、解説を進めていきます。その分野があなたのお子さんの得意分野だとしても関係なく指導します。

苦手分野がわかっている場合は非効率

そして、苦手分野を強化したいって思っても、大量に宿題が出て、それを解かないとって気持ちが優先するから、苦手分野の強化は後回しになっちゃう。

そして、いよいよ、塾でも自分の苦手分野の解説が始まるぞ。ってなっても、他の分野と同じテンポで進んでいく。えー。もっとじっくりと時間かけて理解したいのに・・・

ってなっちゃいます。そして大量の宿題に埋もれていく…

これはめちゃくちゃもったいないですよね。

苦手分野がわかっていないなら効果あり

塾では、どんどん次の分野に進んでいってしまいます。なぜなら、塾は全分野網羅的に高速で振り返っているからです。

自分の苦手分野がわかっていない子供には有効だけど、わかっている子供には、非効率な勉強法になっちゃいます。時間がかかるし、深く学べず消化不良。

パパン

わかっていない分野が多くて、自分で把握できていない場合は、塾の勉強法で一通り復習できるので有効だと思います。

成績が上がらない時の具体的な打開法

ここまでの説明で、やることは見えてきたと思いますが、勉強をたくさんしているのに成績が上がらないって時は、身についていない基礎分野を重点的に強化すればいいんです。

応用問題が解けなくて成績が上がらないのではないのです。応用問題を解くための基礎知識が定着していないから成績が上がらないのです。

パパン

周りは、応用問題などを解き始めたりしているので、めちゃくちゃ焦るかもしれませんが、基礎ができていない状態で応用を多く解いても、成績は下がってしまうリスクがあるので、グッと堪えて基礎に目を向けてみましょう。

そして、苦手分野がどれで、どこの基礎が不十分なのかは、ご家族の方が1番知っているはずなんです。

苦手分野の克服術!苦手分野は家族が1番知っている(はず)

お子さんの苦手分野を探す方法。そのヒントは、これまでの模試の結果が全て教えてくれます。模試の結果シートから苦手分野を見つけることができます。塾の授業に合わせて、全てを見直す必要はないんですよ。

模試の結果をよく見ると、苦手分野が何か、ある程度あたりが着くはずです。そこを重点的にテキストを見て振り返れば良いのです。

そうやって、基礎知識を効率的に定着させて、弱点をなくすことがめちゃくちゃ重要なんです。

成績を上げるには、応用問題には手を出さず、基本知識を網羅的に理解して苦手をなくすこと

シンプルですが、なかなか後回しにされてしまうポイントです。

パパン

受験に間に合うのか?って不安いっぱいになりますが、一番の近道です。解けない応用問題をたくさん解いても、焦りが募って非効率。基本ができれば応用の理解も早いので効果絶大です

苦手分野を塾の先生に相談する方法もあり

塾の先生も模試の結果は見れるので相談するのもありです。でも、先生は忙しいので、点数と偏差値を見て一般論しか語ってくれない可能性が高いです。

・もっと漢字の練習をした方が良いですね。
・もっと図形の問題に解き慣れた方が良いですね。

ほとんどの先生は、こんな程度のアドバイスになると思います。繰り返しの学習量が足りないよ。ってことです。でも、もっと本質的には、分からないポイントがあって、そこの理解をすれば、問題量を増やさなくても理解できるかもしれませんが、そこまでは言及してくれません。

パパン

絶対にいないってわけではありません。このアドバイスに対して、もっと具体的な対策とかわかっている分野の授業の宿題の削減など色々と相談できるので先生とのコミュニケーションもとても重要です。

成績が伸び悩んだ時に活用した勉強法

成績の伸び悩みって1回だけじゃなくって、受験勉強をしていると所々で直面するんですよね。

どのレベルで伸び悩んでいるのかで、その対策・勉強法は変わってくると思います。でも今の塾のクラスの先生に言われている内容だけをやっても大きな伸びは期待できないです。

これ、先生デスってるけど、メチャクチャ大切な視点です。

早稲アカのクラスで考えるなら、それぞれ次のような対策が考えられます

SAクラスから抜け出したい時の対策

SAクラスを抜け出したいのであれば、まずは、算数と国語のレベルを上げることに終始することになると思います。理科、社会はとりあえず、授業をちゃんと聞いて宿題をするだけでも大丈夫だと思います。

算数強化方法

基礎の基礎をより多く詰め込む必要があります。難しい計算をする必要はないので、基本的な問題を確実に取れるようにする学習が必要です。予習シリーズの例題までを完璧に解けるようにすれば、SBクラスでもついていけるようになります。

国語強化方法

国語は語彙力が少ないとそもそも文章が読めません。塾のテキストの漢字をしっかり覚えるようにするだけで成績は上がります。漢字の学習は、「読み」と「書き」だけではなく、「意味」も併せてで覚えることを意識することで、読める文章が増えてきます

また、好きな本を読むのではなく、コナン教材や出口の国語を活用すると、簡単な文章の読み方の練習になると思います。

SBクラスから一歩抜き出ることができない時の対策

塾の授業スタイルだとまだ基本事項が定着していないというクラスという位置付けです。ただ、お子さんによっては、算数は得意だからSBクラスでもトップクラスにいるとか、国語は苦手でまだSAレベルなど、教科毎の成績のブレ幅が多い生徒もいます。苦手だなって思った教科はSAで紹介した参考書から確認いただいた方が良いと思います。SSクラスに上がるために我が家で実践した教材は下記になります。

算数の強化方法

算数は予習シリーズの類題までを完璧にすればSSクラスに上がるだけの実力は身に付きます。本当に算数はこれだけでかなりの成績アップが狙えます。

国語の強化方法

国語は、引き続き語彙力の強化ですが、漢字は漢検を使って進めた方が、良いと思います。また、出口の国語や読みテクといった教材は、受験国語の考え方を学べるので、上位を狙うなら手をつけ始めた方が良い教材です。

理科・社会の強化方法

理科と社会は、サピックスのコアプラスをできる限り暗記することが成績アップにつながります。ただ、テキストをじっくり読み続けるのは飽きると思います。その場合は、理科は、スタディサプリで実験動画を見ながら進めると理解が深まります。動画なので、子供ウケも悪くないので、お勧めです。

SSクラスで低迷している時の対策

ようやくSSクラスに上がったとしても、まだボーダーレベルの可能性が高いです。まだ、基礎が盤石になっていない可能性があるので、ある程度の知識を持った人がより成績を上げるために役立つだろうと思う教材を紹介します。

算数の強化方法

算数は「コベツバ」を使ってみることをお勧めします。解説動画の教材ですが、模試の解説速報も出ますし、サピや予シリテキスト問題もかなり分かりやすく解説しています。間違えた問題は、解くためにどんな基礎が必要かがわかり、やり直しもできるので、算数強化には効果的な教材です。

国語の強化方法

国語は、SBの対策と同様に漢検の勉強と出口の国語を継続して進めるのが良いと思います。どちらの教材も、複数のレベルがあるので、段階的にレベルを上げて進めていくようにすればかなりの実力がついてくると思います。

理科の強化方法

理社も、引き続きコアプラスを完璧にすればかなりの知識が身に付きます。また、入手可能ならサピックス6年のサマーサピックスのテキストを使うと、知識と理論を体系的に理解を深めることができます。

理科は分野毎の依存がありません。天体と電磁気の分野に関連はなく、それぞれ別の知識が必要になるということです。それぞれ独立した分野をサマーサピックスでは重要単元をコンパクトに復習できます。

また、理科は分野によって計算問題がありますが、それ自体は算数のように難しいものではありません。基礎知識が身に付いていれば容易に解けるのですが、サマーサピックスを使うと、コアプラスより計算が多いので、強化も容易にできます。

社会の強化方法

社会は、コアプラスの他には、スタディアップもお勧めです。歴史、地理、公民がかなり体系的に整理されたテキストで音声による先生の解説がガンガン進むので、テキストとセットで比較的早く記憶の定着が図れます。教材自体は高いのですが、半額以上でも欲しがる人がいるので、教材費の回収は容易です。

うちの子の例なので、これが絶対ではないですが、偏差値基準で考えると大きくずれていない気がします。1番家庭学習で教えずらかったのは国語です。

これだけやったら塾いらなくね?って思うけど・・・

塾の勉強以外に上記の家庭学習やったら、塾行く必要ってないんじゃない?ってくらいの量ですよね。でも、塾は継続した方が良いと思っています。

皆さんも塾に子供を通わせていて感じていることだと思いますが、理由はいくつかあります。

ペース配分は塾に通わせたほうがいい

受験期に入るまでの学習カリキュラムを家庭で作るのは難しいです。そこは経験豊富の塾に任せて、家庭では、苦手分野の克服に力を入れる方が効率的です。塾と家庭で得意なことが異なるので、うまく塾を使いこなした方が良いと思います。

友達と一緒に学ぶモチベーション

中学受験をするのは小学生。まだまだ幼い子供なんです。親が勉強しなさいと小言を言うよりも、一緒に頑張っている友達から受ける刺激の方が大きいです。

友達が勉強しているから自分もやる。友達に成績抜かれそうだから頑張る。それが受験のモチベーションにつながることは多々あります。

クラス内の順位成績が上がる楽しみ

友達と一緒に勉強していて、抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返していると、子供の勉強熱も上がることがあります。

でも、注意したいのは、SSクラスには上がれないけど、SBクラスでは1・2番目に勉強ができるって立ち位置。居心地いいんですよね。2番手クラスのトップだから。これが、SSクラスに上がったら、序列は変わって下位からのスタートになるんです。授業も難しくて辛くなる。だから、できるだけ早くSSにあがった方が良いですし、しっかり基礎ができていたらそれほど苦労はしないです。

上のこと家庭学習だけでやるのは無理ゲじゃね?

はい。基本的に塾の学習に加えて上のことをやるのはお子さん一人でやり遂げるのは不可能です。これは、お母さんが、頑張るしかないです。

食事作る時間惜しんで、横につきっきり。でも、食事も重要。だから食事宅配使ったりして、できるだけ時間を確保してお子さんに付き合ってあげる必要があります。

でも、我が家ではやっぱり疲弊しちゃいました。。。

だから、我が家は家庭教師を活用していました

いくら頑張ろうと気合を入れても、家事をやりつつ子供の受験勉強を一緒に付き合うのって相当器用な人じゃないと疲弊すると思うんですよね。

我が家は、塾の宿題をやるだけでも大変な作業で、親が横にいてもなかなか進まなかったんです。それで、家庭教師を利用しようって考えたんです。

紹介したような教材は家庭教師が使っていた教材です。

うちは、小4から不定期に活用してます。最初の家庭教師が分かりやすかったこともあり、不定期に相談しています。で、その家庭教師たちに教えてもらった教材なので、上の教材を効率的に進めるために家庭教師を雇ったのではなく、雇った家庭教師たちが、上の教材を進めてきた。ってことです。

家庭教師が、子供の疑問点と解消方法を1番熟知している

実際にお母様やお父様が教材を使って、家庭学習を進めていくことができるのは、小学4年生までと考えた方が良いです。

パパン

ただし、小4のお子さんが、わからなければ親に聞けばいいやって気持ちになってしまうのは危険です。小5、6では親が教えるのが難しい問題が増えてきます。そうなってからだと、なかなか塾や家庭教師に質問できない子供になってしまいます。なので、親は勉強に口出ししないでサポートするのが良いと思います。

それ以降の問題は徐々に難易度が上がっていきます。そうなると、お忙しい親御さんがしっかりと教えるだけの体力がなくなってしまいます。

一方で、家庭教師は、いろいろな子供に勉強を教えてきたノウハウがあります。そのさまざまな子供への教え方のパターンを知っている教師がいます。どの家庭教師が優秀なのか、お子さんと相性が良いのかの見極めは難しです。でも、体験授業を受けて、わかりやすかったかどうかで判断できると思います。そういう先生に巡り会えたら、活用しない手はありません。

子供が学習方法を理解すれば、家庭教師は卒業できる

基本的にわからない問題を塾で質問して解決すれば、家庭教師は不要なんです。成績がトップクラスの子供は塾で質問を沢山して、先生をフルに活用しています

でも、そこまでの成績じゃない子供は、自分が何を理解していないのかも曖昧で、本当に理解しなければいけない知識がなんなのかわかりません。だから、塾の先生への質問も曖昧になるし、先生もオーソドックスな解説しかしないので、本当にわからないポイントには届かないんです。

家庭教師は、子供が何を理解していないのか分析しながら指導します。すると、子供も何を質問すれば解けるかがわかるようになります。ここまでくれば、家庭教師に頼らずとも塾の先生に質問もいけるので家庭教師は必要なくなります。

家庭教師の利用前に準備すること・考えること

事前の準備をせずに家庭教師をお願いしても、効率的ではありません。都度教師が変わることもあります。だから、事前にこちらから伝えることは整理しておいた方が良いです。

そうはいっても、それほど大変な作業ではありません。毎回整理して伝えるのが手間だというだけです。無料体験の授業を効率的に進めるためにも事前に準備しておくと良いと思います。

過去の模試の結果を準備する

過去の模試の結果も問題と回答と塾の分析したレポートと全て用意します。この模試の結果のデータから大体の苦手分野を分析してくれます。

パパん

まず、全体のレポートを見て偏差値と、多くの人が正解しているのに自分の子供が間違っている問題とか、どの分野での失点が多いのかをざっと眺めた後で、実際の模試の解答を見てどんなところでミスっているのかを確認するという作業で超概要を把握してから具体的な理解度の確認に進んできます。

多くの家庭教師が、無料体験でも惜しみなく時間を使ってみてくれます。生徒の状況に寄り添うことが継続的な顧客獲得につながるからです。

志望校を明確にする

中学受験は、行けるところに行ければいいやって場合、家庭教師使っても効果は少ないです。目標がないから、どこまでやるかプランができないからです。仮でもいいから、欲張ってもいいから志望校をたてましょう。

勉強を進めていくにあたって変更があってもいいですが、その志望校の偏差値とお子さんの学力のギャップを把握することがまず初めにやることになります。

塾vs家庭教師

この志望校を決めて塾の先生に相談に行くと

頑張りましょう。今から頑張れば、きっと合格できます!

って言ってくれると思います。でも、この激励の言葉だけだと思います。ひょっとしたら、今からだと厳しいって言われるかもしれません。

一方で、依頼した家庭教師は、次のような話をしてくれました。

まずは基本問題をどれくらい把握しているか、チェックさせて下さい。塾のカリキュラムと併行しながら、志望校の試験で出そうな問題を使って、基礎を定着させて、徐々に難易度を上げていきましょう。

今、SBクラスなので、ここから偏差値を上げるのはかなりの勉強が必要ですが、まず、3ヶ月後の組み分けでクラスをあげることを目標にして、がんばりましょう。

また、宿題も多い塾なので、全部はやらずに、やるべきものと不要なものを見極めて効率的に進めましょう。宿題が出たら、どんな宿題が出たのか連絡ください。

その上で、足りない教材、家庭教師の授業で扱う教材はプリントしてPDFで送るので、カテキョ授業の後にそれで復習をお願いします。

こんな感じで具体的なプランと使用する教材の指示が出てきます。そして、時間と共に、子どもの成績の遷移と共にプランの見直しをしてくれます。

授業の1時間は完全に先生を独占できるので、費用対効果を考えると非常にリーズナブルだと感じました。

家庭教師に抵抗のあるご家庭向け教材

ここまでで、家庭教師の有効性についてお伝えしました。それでも、家庭教師を頼むことに抵抗のある方は多いのが現状です。

家庭教師の利用する際の不安事

でも、それって仕方のないことです。家庭教師の活用にはいろいろな不安や抵抗意識があるものです。

  • ちょっと授業料が高いよね
  • 子供が勉強漬けになってかわいそう
  • 良い先生って本当にいるの?
  • 先生によって教え方違うから成績を上がるか不安
  • 家に来てもらうことに抵抗がある

などなど、不安を探したらキリがありません。

ただ、目の前の原石を磨き上げる機会をミスミス逃してしまうなんてもったいないですよね。ひょっとしたら御三家に合格する力があるかもしれないのに。

家庭教師と同じメソッドで学習できる教材

わからない問題の解説を基本知識にまで遡って学習してくれる。これが、塾ではできない、家庭教師を活用する大きな目的です。

そして、それと同じことをしてくれる教材があります。それは「すらら」という、AIを用いたオンライン学習教材です。対象学年も広く網羅的に確実に基本知識を定着することに役立ちます。詳細はこちらの記事で紹介しています。

まとめ

成績が伸び悩んでいるお子さんは、苦手分野を基本からやり直すこと効果であると説明しました。

基本のやり直しは、お子さんの学力(所属クラス)により適切な教材は異なります。そこで、学力毎の具体的な打開策についてご紹介しました。

お子さんの成績が上がらない時の具体的な打開策

さらに、それを家庭学習だけで対応するのは非常に大変です。だから、家庭教師を活用した方が良いと言う点もお伝えしています。

ただし、家庭教師は授業料が高い印象があります。でも、お子さんへの個別対応をしてくれるメリットがあります。そして、短期で苦手教科を克服できる可能性があるので、めちゃくちゃ有効な対策です。

家庭教師を使って効率的に家庭学習を進める方法

家庭教師の授業料が高いのは仕方がないのです。でも、それでお子さんの学力が上がって、志望校に手が届くなら、高くない買い物だと思います。できるだけ早い時期に家庭教師に基礎を指導してもらうことが、結果的に料金を抑えることになります。

家庭教師は初めは依頼しずらいかもしれません。でも一度経験するとそれほど手間でないことに気づけます。小学6年になってギリギリで活用して、その有効性に気づいて後悔するのは避けたいですよね。まずは無料体験授業を受けてから、活用するかを検討すれば良いと思います。

サクッと苦手科目を強化するオンライン家庭教師のススメ
家庭教師の指導法とそっくな「すらら」の学習教材

 

-中学受験
-, ,