1年間のサピックス生活を終えて、継続が勇退か悩む日々

中学受験

サピックスで4年生を過ごして、新5年クラスが始まりました。サピックスでの1年間を振り返えると、クラスは一つだけ上がりました。でも、点数、偏差値はほぼ同じなのでその差は誤差です。ほぼ何も変わっていない状況に愕然としました。

スポンサーリンク

サピックスのクラスが変わらないと言う事

クラスが上がらないのは、理解度レベルが変わっていないという事です。自転車操業的に目の前の新しい単元をこなすので精一杯という事です。

パパん
パパん

原理原則の理解には至らず消化不良のまま過ごした一年間だったんだと思います。

テキストが良くてもやり切る学力がない

入塾した当初から、サピックスのテキストは非常にわかりやすい印象がありました。これで一年間学習すれば、かなり学力上がるだろうと思っていました。でも、テキストが良いだけでは、成績は上がらないという事です。

4教科の成績をそれぞれ見ると、理科と社会は微増しています。一方で、国語と算数が月を追うごとに下がっています。

パパん
パパん

理科と社会は暗記に頼ってある程度成績はキープできていました。でも、算数と国語は暗記では太刀打ちできないという事だったのかもしれません。

学習量の増える5年に向けて不安増大

中学受験の要は算数、そして国語です。この2教科の対策をしないと、このまま下がり続けてしまう。そんな不安が日に日に増してきました。

パパん
パパん

算数に関しては、サピックス入塾当初から、わからない問題は私が家で解説していました。それで息子の理解が深まるので、このまま、私がフォローし続ければ大丈夫だろうって思っていたんです。

入塾当初は、算数は家庭学習で私がフォローできるだろうと軽く考えていました。でも、授業を理解できていない為、想定よりもフォローに時間がかかっていました

小5年になると勉強量が増えるため、私がフォロー出来るかわかりません。このまま消化不良量続いて取り返しのつかなくなるという危機感を感じました。

やってはいけない親のサポート

振り返ると、サピックスに入塾しただけで、少し舞い上がっていたかもしれません。多少難しくても、親がサポートすれば大丈夫だろうと甘い考えを持っていたと思います。

パパん
パパん

難しい入塾テストを突破して舞い上がっていましたね。このままサピックスで学べば学力が伸びて難関中も狙えるって勘違いしていました。

家庭学習で親が教えてはいけない

まず、算数は私が教えられるだろうと思っていました。これは、特にお父様方で同じ考えの方が多いと思います。でもそれが、逆に悪い方向に向かっていたのだと思います。

パパん
パパん

実際に教えることはできると思います。でも、別の問題が浮き彫りになります。

親が教えると、子供は授業が分からなくても、親に聞けばいいと考えるようになります。すると、授業中で理解する気持ちと努力が薄れてしまいます。で、ほぼ理解していないまま家に持ち帰ってしまいます。

表面的なサポートで終わらせはいけない

でも、家ではそんなに教える時間の確保はできません。だから、原理原則の理解より問題に正解する事が目的になってしまいます。お子さんも早く勉強から解放され為に計算方法を覚える事が中心になってしまいます。親としては原理原則を教えたいのですが、子供は答えを解く事に終始してしまいます。

この家庭学習方法だと、表面的な理解にしか至りません。原理原則を理解していないから、類似問題でも正解できません。ケアレスミスっぽい過ちが頻発して、それを補う家庭学習の時間が増加します。

時間を決めて教えてはいけない

学習量が増えると、勉強時間も増加して、子供の集中力も下がってきます。それに気づくと、つい「ここまでやったら今日は終わろう。」と甘い言葉をかけてしまうのではないでしょうか。

非効率に勉強時間増えても仕方ないから、時間を決めてここまでやったら終わろう。そんな判断だと思います。でも、それでは、勉強量に比例して成績が上がりません。教えるべき内容ではなく、勉強した時間で判断しているためです。これでは、子供も自信を失っていく悪循環に陥いるリスクがあります。

パパん
パパん

小4の問題は、答えは解けるんですよ。でも、息子にうまく教えられない分野が増えてきました。教える時間も係るようになり、その内、解説を見て理解する事を期待してました。小5になり、それがさらに増えたらやばいなって感じました。

5年生では、さらに難易度と学習量が増えます。そして難易度も上がる為、親は全てを家庭学習でカバーできません。わからない分野が増え続けて、中途半端な一年になってしまうリスクを感じました。

親がやるべきサポート

サピックスのテキストは優秀です。これは間違いありません。解説もしっかりしています。だから、このテキストを理解すれば、難関校も夢ではないと感じます。

でも、そのテキストを理解する場所は塾であるべきでした。家庭学習には限界があり、塾で学び、子供の意識も変える必要性を感じました。そのことをサピックスの先生に相談すると、

塾講師
塾講師

親御さんは教えないでください。

子供がキチンと塾の復習をするように時間の確保と宿題と授業の復習をやり遂げるように習慣付けさせて下さい。

とのアドバイスがありました。そして、家庭学習で親には次のようなことを期待しているとのことでした。

家庭学習での親の役割

サピックスの先生の言う親が教えてはいけないというのには次のような理由があります。

親が教えてはいけない理由
  • 小学5年生の受験勉強のレベルは高く、家庭で単発で教えるには時間がかかる。
  • 宿題は授業内容の復習。だから、質問教室や授業中に質問する習慣を付けることが重要。
  • 親は『塾の授業聞いてたら解ける問題だけど、ちゃんと聞いてなかったの?』と問いただすだけにして、粘り強さを身に着けさせる声かけをお願いしたい。
パパん
パパん

親が子供の勉強の遅れを心配して教えたくなる気持ちもわかります。でも、中途半端に教えても成績は上がらないどころか、下がることもあるそうです。

なんとなく納得です。やっぱり親は教えてはいけないんですね。

利用が限定的なサピックスの質問教室

授業で分からない事は、授業の後か質問教室で先生に聞くようにと言われました。しかし、サピックスでは授業以外での質問する機会は非常に少ないことで有名です。毎日、質問の行列ができていて、質問できる内容も問題数が決まっています。それ以上の質問をサピックスに期待する野間難しいと思っています。

ママン
ママン

息子の通う校舎では1回に2つまでの質問まででした。それ以上の質問がある子供は行列に並びなおして質問していました。だから、帰宅の時間がかなり遅くなっていました。校舎によって違うかもしれませんが、生徒の多くが授業後に質問をしていました。

従って、サピックスの質問教室などを頼るのではなく別の方法を考える必要があります。

サピックス以外で授業の理解をフォローする方法

授業が理解できなければサピックスの質問教室などを利用する必要があります。でも、質問教室の活用は限定的です。だかあら、別の方法を考えなければ、わからない単元が増えて行きます。そんな状況を変えようと、ネットでサピックスの勉強法を調べてみました。すると、サピックスの授業をフォローする個人塾を活用している生徒が多いことが分かりました。

>>解決!!サピックスで成績が上がらなくてもやめる必要がない理由

個人指導塾でサピックスの勉強をフォロー

サピックスの上位に行くための塾って何だろう。そんな事やるなら、ダイレクトに難関中に受かる指導をすればいいのに。と違和感を感じましたが、とりあえず、体験授業を申し込んでみました。

その際に先生から聞いた話から個人塾のメリットと注意事項をまとめてみました。

個人指導塾のメリット

サピックスの授業をフォローする個人指導塾には次の様なメリットがあります。

個人塾のメリット
  • 一対一の完全個人塾なので、子供の理解度を確認しながら毎回の進捗を調整してくれる
  • まず志望校を明確にして、合格するための生徒に合った学習プランで授業を進める
  • サピックスとの併用で、御三家などの合格実績は多い

一方で次のようなマイナスの面も多くあると感じました。

個人指導塾のデメリット

個人塾で注意すべきこと
  • だれでも成績が上がる決まった指導法はない。
  • 合格するための逆引きでプランを立てる。
  • だから、期間が短かったり、学力ギャップが大きいと、1コマの学習量が増える。
  • 半年後に効果なければ志望校を変更することを提案することが多い
  • 受かる可能性のある学校に向けた指導カなので、結果を保証するものではない。
パパん
パパん

あくまでも、塾のフォローという位置づけ考えているようでした。自分達で主体的にプランを立てて合格に導くという意識は感じられませんでした。

塾の授業をフォローする手段としては有効かもしれません。でも、継続して活用するメリットは強く感じませんでしたね。

ママン
ママン

無料体験の授業を受けましたが、子供の反応を見ながら教えてもらえているようでした。

家庭教師でサピックスの勉強をフォロー

個別指導塾ではなく、家庭教師でサピックスの勉強のフォローをする方法もあります。こちらも個人指導と似ていますが、学生のバイトが少ない印象があります。その分授業料は高くなりますが、家庭教師歴の長い先生が多く、子供の性格などを把握した指導方法を受けられるので、個別指導塾よりも短期間で効果が出る可能性はあります。

まとめ

サピックスでの継続が難しいならグレート落として、別の塾で受験勉強するか、授業後にしつこく先生に質問攻めをしてサピックスの塾の中だけで完結する努力をするべきなんだと思います。

それだけの学費をサピックスに投資しているのだから。親も積極的にサピックスに電話して勉強法などを相談するべきなんです。それをせずに個人塾や家庭教師でフォローアップを狙ったところで、個人塾の教師の言うがままにコントロールされて結果納得のいく結論にならず言いくるめられるリスクすらあると思っています。

そうはいっても、なかなか思い通りにはいかずに過ごした4年生。何か変化を起こさなければこのままずるずると変わらぬ日々を過ごして後悔する気がする。

なんとかせねば!

タイトルとURLをコピーしました