【成績まとめ】早稲田アカデミー小学6年テスト結果一覧

中学受験
スポンサーリンク

こんにちわ。中学受験を始めた息子の話です。6年生に入り引き続き早稲田アカデミーで中学受験勉強を進めています。

この記事では、6年で俺の息子が受けた組分けテストや公開模試などの成績を載せています。成績の推移、模試に向けての勉強法などを記録しています。

小学5年生の時の組分けテストの推移を参考にしたい方はこちらをご覧ください
>>【成績まとめ】早稲田アカデミー小学5年組分けテスト結果一覧

スポンサーリンク

小学6年の組分けテストの結果

次男6年生の早稲田アカデミーの組分けテストの偏差値推移です。小学5年から大きな成績変動もなく、Bクラスを抜け出す事が出来ずにここまで来ていましたが、6年生最後の組分けテストで、ようやくSSクラスへの基準を突破しました!!

実施月5・6年 公開組分けテスト実施回国語算数理科社会4科合計
1月5年志望校判定2回48.1152.3355.6844.6444.64
1月5年第9回組分けテスト35.9855.659.4960.1453.22
3月6年第1回組分けテスト48.2662.7953.4750.7755.49
4月6年合不合判定テスト1回48.5259.1156.6651.5854.34
5月6年第2回組分けテスト49.4554.7852.8453.2753.04
6月6年第3回組分けテスト46.9261.4160.5553.0656.28
7月6年合不合判定テスト2回50.6362.1856.3748.7455.35

小6最後の組分けテストでSSクラスに上がれたのは非常に意味が大きく、夏休みの夏期講習をSSクラスで受けられます。早稲アカの先生の保護者会での説明を聞いている人は、気づいたかもしれませんが、SA,SBクラスとSSクラスでは大きく扱いが異なっています。

  • 「SAクラスとSBクラスは・・・・、そしてSSクラスでは・・・・」
    という先生の説明が随所にみられる
  • SSクラスで扱うテキストは最難関向けのテキストを扱って授業が行われる
  • SSクラスの授業の方が、楽しい

このタイミングで、SSクラスへ行けなかったら、正直なところ転塾も視野に入れていただけに、本当に安どしています。国語は、相変わらず偏差値50前後で推移しているところが今後の課題になってきています。

4科全体の推移

4科の全体の推移をグラフで表現しました。

グラフで見ても明らかなのは、国語の足の引っ張りは5年生の時と変わりませんが、引っ張り具合がかなり軽減されてきました。どの程度の効果があるのか懐疑的でしたが、この対策が良い方に息子の成長を促したのかもしれません。

算数のテスト結果の推移

SSクラスに上がってわかったことは、SBの時に家庭学習で勉強した内容とほぼ同じレベルの授業という事でした。

テストでは、簡単な計算ミスや答え欄に転記ミスなど信じられないミスは相変わらずやっていますが、分からない単元はほぼなくなっており、試験対策として過去問を解くなどをしなくても偏差値60越えを維持できるようになっているのは、我が子にとっても自身になってきています。

ポイント

必須例題を100%解けるようにすることで、SSクラスでやっていける最低限の知識は身に付く

理科のテスト結果の推移

半べそ書きながら「頑張って覚えているけど、覚えられないんだよ!!」と切れ気味に口答えしながら繰り返し勉強していましたが、やはり、今一つ安定感の無い状況です。しかし、大きく崩れることはなく、回答までの速度を上げることで正答率を上げられるような印象があります。問題をみたら瞬時に解法が思い浮かぶくらいの訓練が必要になってきそうです。

ポイント

理科は、難易度よりも情報量!!コツコツ根気強く繰り返しの学習が成績向上の秘訣!!

記憶単元にコアプラス

覚えるしかない知識を本で効率的に学習するならコアプラスがおススメです。情報量がどこのテキストよりも多いにもかかわらず、かなり緻密に整理されているのでわかりやすく覚えられると思います。

勘違いしてはいけないのは、整理していてわかりやすいけれど覚えるには繰り返しの確認が必要ということです。その点は、どの参考書でも同じだと思いますがコアプラスは多分一番理解しやすく構成されていると思います。

社会のテスト結果の推移

社会は今回は、勉強不足を自覚していたため想定通り(より少し低いですが)の得点です。覚えれば得点できるというレベルまで理解度は来ているので、理科同様に問題慣れをして問題文を読んだら解法が思い浮かぶというレベルまで繰り返し解く必要性を感じました。

全くわからないではなく、時間があれば思い出せて解けるレベルなので、その訓練さえできれば、得点につながるように思えます。

ポイント

出題傾向は多様だけど必要な知識は限定的!!
コツコツと継続して学習することが、知識安定につながる!!

国語のテスト結果の推移

第2回合不合判定で、初の偏差値50突破です。とはいえ、誤差でたまたまという印象もぬぐえません。しかし、大崩れすることなく45-50でキープできるようになってきたところに一つの安心感があります。

ポイント

これでもかというくらいの精読が、じわりじわりと効果を出す

>>小5の1月 早稲田アカデミーの先生による国語強化プラン

タイトルとURLをコピーしました