【成績まとめ】早稲田アカデミー小学6年組分けテスト結果一覧

中学受験

こんにちわ。中学受験を始めた息子の話です。6年生に入り引き続き早稲田アカデミーで中学受験勉強を進めています。

この記事では、6年で俺の息子が受けた組分けテストや公開模試などの成績を載せています。成績の推移、模試に向けての勉強法などを記録しています。

小学5年生の時の組分けテストの推移を参考にしたい方はこちらをご覧ください
>>【成績まとめ】早稲田アカデミー小学5年組分けテスト結果一覧

小学6年の組分けテストの結果

次男6年生の早稲田アカデミーの組分けテストの偏差値推移です。小学5年から大きな成績変動もなく、Bクラスを抜け出す事が出来ずにここまで来ています。6年生になりまだ3回しか試験がないので、5年の志望校判定以降の成績を載せています。

5・6年 公開組分けテスト実施回国語算数理科社会4科合計
5年志望校判定2回48.1152.3355.6844.6444.64
5年第9回35.9855.659.4960.1453.22
6年第1回48.2662.7953.4750.7755.49
6年合不合判定テスト48.5259.1156.6651.5854.34
6年第2回49.4554.7852.8453.2753.04

大きな変動はありませんが、国語があと少しで偏差値50というところで推移しているところは大きな成長だと思います。まだまだ足りないのですけどね・・・

4科全体の推移

4科の全体の推移をグラフで表現しました。

グラフで見ても明らかなのは、国語の足の引っ張りは5年生の時と変わりませんが、引っ張り具合がかなり軽減されてきました。どの程度の効果があるのか懐疑的でしたが、この対策が良い方に息子の成長を促したのかもしれません。

算数のテスト結果の推移

得点源にしていた算数ですが、出題範囲が広がり、点数が思うように伸びない結果となっています。簡単な計算ミスや、速さと比など苦手な単元が今回のテスト範囲なので、苦手な中でも偏差値54.78を出しているのはほめるべきだと思います。しかし、この成績でSSクラスに上がるには他の科目の得点を伸ばす必要があり、算数を伸ばすのか、他の科目の底上げするのかは非常に悩ましい選択です。

理科のテスト結果の推移

覚えるしかない単元で覚えている事が出来ず失点しています。俺の息子が半べそ書きながら「頑張って覚えているけど、覚えられないんだよ!!」と切れ気味に口答えしますが、覚えられていないという事実が全てで、覚えるまで頑張れていないということに他なりません。効率的な学習法があれば別ですが、見つからない限り頑張って覚えるしかない問題を落とさないようにするしかありません。

記憶単元にコアプラス

覚えるしかない知識を本で効率的に学習するならコアプラスが情報が上手く整理されているのでわかりやすく覚えられると思います。

社会のテスト結果の推移

社会も理科同様に覚えるしかない単元で落すことが多い科目です。4科の偏差値とほぼ同じ数値を出しています。知識問題が得点源になっていないのは、覚えるまで頑張れていないということに他なりません。効率的な学習法があれば別ですが、見つからない限り頑張って覚えるしかない問題を落とさないようにするしかありません。

国語のテスト結果の推移

6年生になり一番変わってきたのは、国語です。塾教師のミッションを守ってきた結果なのか、それとも俺の息子の精神年齢が上がって、読解力が身に付いたのと同時に解答能力も上がったのかわかりませんが、このまま足を引っ張ることなく偏差値50の壁を突破してもらいたいです。

>>小5の1月 早稲田アカデミーの先生による国語強化プラン

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました