【中学受験】SSクラスに上がったら役に立つ算数の参考書

中学受験
スポンサーリンク

こんにちは。中学受験の「算数」に関するお話です。「算数」の成績は、難関中学校を受験するお子さんにとって非常に重要な科目です。塾に頼るだけではなく、家庭学習でどれだけ問題を解くかが合否の分かれ道と言っても過言ではないでしょう。

今回は、中学受験勉強における算数の家庭学習で効果を発揮する参考書をご紹介します。問題集ではありません。参考書の紹介です。

早稲田アカデミーのSSクラスで学んでいるけど、算数の授業がちょっと難しいなって感じているお子さんの勉強を助けてあげる参考書のご紹介です

スポンサーリンク

家庭学習は塾のテキストだけでは不十分

塾のテキストは要点をまとめられていて、塾の授業を受けることで理解を深めることはできますが、授業は繰り返し聴く事が出来ません。従って、あとで振り返るには、授業の重要なポイントをノートかテキストに自分で書き残す必要があります。

しかし、それだけで、授業のすべての問題を解くだけの知識を補完することは難しく、宿題となる復習問題を解けないケースも多くみられます。そこで役に立つのが難関中学受験向けの参考書です。

学力レベルに合った参考書が成績アップの秘訣

中学受験用の参考書は書店に行くと様々な参考書が置いてあります。あまりに多すぎて、自分の子供に合った参考書を探すのは難しいから、ネットのクチコミや評判などを頼りにしちゃいますよね。でも、実際に購入したら簡単すぎたり、難しすぎてわからなかったりで、なかなか自分にぴったりな参考書を見つけるのは難しいと思います。

SBクラスからSSクラスに上がったばかりで、SSクラスの授業に慣れていないお子さんは、宿題の量などがSBクラスよりも増えて、家庭学習の時間が足りないって思っている場合は、ここでご紹介する参考書が家庭学習をサポートしてくれるのではないかと思います。

SSクラスの授業を補完する「速ワザ算数」

速ワザ算数シリーズの紹介です。速ワザ算数シリーズは、ネットで分かりやすいと評判の参考書です。 特に見開き右側でまとめられている「ポイントチェック」は、鉛筆、赤ペン、マーカーを使った手書きのノートのような見た目で、視覚的に理解しやすい構成となっています。

SBクラスには多少難易度の高い「速ワザ算数」シリーズ

「速ワザ算数」 の参考書の構成は、見開き左側に例題と解説があり、右側にそのページの学習の 「ポイントチェック」 が記載されています。「ポイントチェック」は、鉛筆、赤ペン、マーカーを使った手書きのノートのような見た目で、視覚的に理解しやすくなっています。

速ワザ算数平面図形編より

我が家では、SBクラスの時に購入しましたが、当時はまだ多くのテーマに関してポイントチェックを見ただけで理解できるレベルにはありませんでした例題の解説も読めばわかった気にはなるけど、問題を解けるレベルにはない状態でした。

「速ワザ算数」はSSクラス初心者に最適な難易度

SSクラスに入ってから改めて確認すると、右ページの 「ポイントチェック」 を見るだけで、考え方のヒントを理解する事が出来るようになっていました。その結果、家庭学習で扱っている「上位校の算数」の問題を解くカギを見つける事が出来るようになってきています。

逆に開成中学など最難関を狙える生徒には物足りなさを感じてしまう内容かもしれません。あくまでも、SSに上がったばかりで、授業の難易度が上がって少し難しいと感じている生徒にちょうどよい参考書だと考えてください。

「上位校の算数」の正答率が上がる 「速ワザ算数」 シリーズ

「上位校の算数」 は、基本単元を一通り学習しているSSクラスの生徒が解く応用問題なので、問題を解くための取っ掛かりのヒントが分かれば解ける問題が多いのですが、そのヒントを見つけられずに正解にたどり着けない、または時間がかかる生徒がSSクラスには一定数います。

「速ワザ算数」は、「上位校の算数」 を解くヒントが多くまとめられていて、「あ~、なるほど!」と答えを導くきっかけを与えてくれるため、効率的に家庭学習を進める事が出来るようになっています。

上位クラス×家庭学習で難関中学受験を乗り切る

塾の授業は、先生の解説を聞いて理解を深めるインプット型の授業が中心となっています。理解度を確認するために問題を解く事はありますが、習熟度を高めるために多くの問題を解くのは家庭での学習に委ねられます。これが復習型の宿題になってきます。

上位クラスでなければならない理由

塾の上のクラスは、中学受験の基礎が出来上がった前提で、難関中学合格に向けての授業が行われます。それに対して、その他のクラスは、上のクラスに上がるための授業で、基礎の構築がメインです。

しかし、生徒によって基礎の仕上がり具合は異なり、基礎が出来ている単元も授業で聞くことになるし、理解度が低い単元も十分な理解が得られないまま授業が終わる可能性もあります。従って、自分の弱点は家庭学習見つけて、キャッチアップしなければなりません。

従って、基礎が出来ている前提で難関中に向けた学習をしている上のクラス、すなわち早稲田アカデミーでいうところのSSクラスに少しでも早く上がって学習することが難関中学合格への秘訣だと考えています。

塾の授業を聞くだけでは不十分

塾では新しい単元や応用力を上げるための授業を行い、その習熟度を高めるために復習型の宿題が出されますが、授業の内容を授業中にすべて理解して家庭学習を行うほど、授業の内容を理解しきれていることは多くありません。

宿題は、塾のテキストの中から問題を出題されますが、授業の内容を概ね理解していたとしても、実際に家庭学習の時に問題を解くときに、塾で習った内容の通りに解く事はなかなかできません。

そこで分からない問題が出てきたときに「速ワザ算数」シリーズが問題を解くヒントとして非常に有効な参考書になります。

家庭学習のポイントは効率的な復習

SSクラスの宿題はSBクラスよりも多い量の宿題が出題されます。より多い問題を解く事で理解度と正確性を上げていく意図がありますが、SBクラスの進め方に慣れていると、SSクラスのペースについて行く事が出来ず、宿題もギリギリまで時間がかかってしまいますが、「速ワザ算数」は、そのSSクラスの家庭学習のペースを掴むための参考書としてかなり良質な参考書ではないかと思います。

まとめ

世の中には、多くの良質な参考書があります。しかし、学力のレベルに合った参考書を使わないとその効果は限定的です。

今回は、SSクラス上がりたてで学習ペースがつかめない人に最適な参考書を紹介しました。

SBクラスの人が重宝する参考書

タイトルとURLをコピーしました