新常識 音読が受験を制す

中学受験
スポンサーリンク

勉強には教科にかかわらず4技能がある。

スポンサーリンク

読む、聞く、話す、書く


だ。
英語の学習で4技能をバランスよくという話を昨今よく聞いてきたが、
英語にかかわらず、どんな勉強においても重要な4技能である。

4技能のうちより重要なものは、話すと書くの2技能。
英語で取りだたされるのは、学校教育が、読むと聞くに重点を置いているがゆえに英語を話せるようにならないので、話すを増やす必要がある。という理論。
英語においても話すは重要。
ただ、それ以外の科目も同様に音読は非常に重要である。
ぶっちゃけると音読だけでも良いくらいです。

ただ、1回読んだだけでよいかというと、そんなことはなく、理解して記憶するまで読み続けることが重要。
これができないから大変なのだということもあるが、それだけを実施したら相当学力は上がる。
1回読んでも意味が分からないという単元も繰り返し繰り返し音読していくと大抵何を書いているか理解できる。
いくら読んでもわからないよーっていう声があるが、それは読み込みが足りないだけ。
どんなに知識がなくても繰り返すことで、それ以上の情報を入れなくても理解できるようになってくる。
これは不思議な現象なんだけど、この事実は不変であり、絶対の勉強方法である。

是非、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました