基礎を抑えて受験のスタートラインへ!偏差値50を目指す子供の勉強法

中学受験


受験に向けて必死に勉強頑張っているけれど、偏差値が50に届いていないお子さんへ捧げる勉強法です。
偏差値50までは勉強のやり方を少し変えるだけで、割とすぐに到達します。
勉強方法はとてもシンプルなんです。
続けられるかどうかが問題ですが、やさしい問題から始めることで少ないストレスで継続することが出来ると思います。

基礎力が定着していない偏差値50の子供達

では、偏差値50に届かない生徒は何をすればよいのでしょうか?
一言で言うと基礎固めが重要なんです。
偏差値50に届いていないお子さんの多くは、基礎がまだまだ未熟なお子さんといえます。

学習理解度を4段階で表すと、以下のステップになります。

①分からない→②なんとなくわかった→③わかった→④解けた

偏差値50未満のお子さんは、上記の①か②の子供です。①と②は違うようであまり変わらないのです。なんとなくわかったつもりという意味では同じレベルです。要するにわかっていないのです。
②の子は、①のわからない子供よりも正解する確率が高いだけです。「わからない」に限りなく近い状態なんです。

偏差値50未満の算数勉強方法

偏差値50未満のわかっているつもりでわかっていない。そんな子供は、基本問題をマスターすることで学力はすぐ上がります。
塾に通っている子供は、テキストの基本例題や基本問題など、難易度の一番低い問題を解く事が重要です。
このレベルの子供は、計算問題が完璧に解けない状態です。文章問題に入る前に、まずは計算問題を完璧にマスターしましょう。
一問一問丁寧に解く。ミスしないことに注意してとにかく計算問題で解けないことがないように繰り返し解く。
偏差値50未満のお子さんはこれを目指してください。

塾の問題が難しいのであれば、この二つ。
基本の基本です。これをマスターしましょう。

「中学入試算数のつまずきを基礎からしっかり 計算」を解く

あまりにも有名な問題で「何を今更」と、お考えかもしれません。
ですが、実際に問題を解いても、100%正解はできないものです。まずは、実力チェックで、どの問題で正解してどの問題でミスるか確認してみてください。
まずは現状把握からです。そして、まずはこれを完璧にしましょう。できそうでできない。それが偏差値50未満のお子さんには多いと思います。

偏差値50未満とはいえ、簡単だと思います。躓きがあるかもしれませんが、たぶん解説は不要です。何度か読めばわかってくると思います。
少なくとも理論編は大丈夫だと思います。人の感情表現や比喩などはないので、音読して、問題も解いてみましょう。

いえ、難しくてもいいのです。まずは音読。読めたら解く。解けるまで音読。

基礎編は音読つまづきますか?
こちらも問題解く前にスラスラ読めるまで音読してみましょう。読めたら問題に挑戦。

出口の小学国語レベル別問題集 2標準編

標準と言っても、偏差値50未満のお子さんにはすこし難しいかもしれません。
こちらもやはり音読から。スラスラ行けたら問題を解いてみましょう。
スラスラ読めるまで、音読繰り返しましょう。後半になるに従って、繰り返しの回数は減ってくると思います。
回数に拘らず、スラスラいけたら解いてみる。で、よいと思います。

塾の宿題もあり、初めはかなり大変だと思います。が、標準編を終えたらかなりの実力が身につき偏差値50は超えていると思います。

音読は何回必要?

音読が必要と言っても、実際何回繰り返すのか?
これは人によって変わります。

文字に抵抗がある。ライトノベルばかりで語彙力は少ない。そんな子供は時間がかかるかもしれません。

スラスラ読めること。それが基準です。回数じゃないのです。
親が聞いて理解できるくらいです。だから、日本語のリズムや単語のイントネーションが違う場合は正してあげてください。
子供が音読をするときに心がけることは、場面を頭の中にイメージしながら読むこと。です。
できるかできないかは別として、それを意識させた上で音読を始めるのです。
この意識がおろそかになると、字面を見て発声しているだけとなり、意味のない音読になってしまいます。
最初は仕方ないかもしれませんが、いつまでもその意識では成績を上げるのは難しいのです。
実態は後からでも、早いうちから意識を持たせることが重要。音読の前に言葉で伝えるだけでもいいのです。

頭の中に物語のシーンをイメージしながら読んでごらん。

それだけです。
参考に、音読は5回程度で効果が出る人は少ないです。
5回程度の繰り返しなら、実は2回でも効果に差はないことが多いです。
劇的に国語力を向上させるには30回ほどは音読した方が良いと言われています。
どっかの国立大学、東北大だったかなの教授が昔、教育テレビで言ってました。
30回やれば、意味のわからない単語、言い回しもわかってきます。
30回は子供にとっては長い苦しい道のりですが、だんだん内容理解してくるから、最後はかなり実力がつきます。

「30回音読」では、塾のテキスト、模試、受験問題集、過去問の問題文などの、3ページ前後の文章を読むのがオススメです。

音読は、受験でよく出る言い回しなどを覚える効果もあります。
いつまでも基礎の文章を読み続けることなく、ある程度音読の抵抗がなくなってきたら、塾のテキストや問題の文章の音読や受験中学の過去問に登場する文章の音読をすることをお勧めします。

わからない語彙は読み飛ばす?

繰り返し読むうちにストーリーのつながりが見えて、わからない単語を脳が意味を予測し、辻褄を合わせに開くのであらすじが見えてくる。その繰り返しで、発想力や、思考も鍛えられ、予測力も鍛えられ、読解力も鍛えられ、読む速度も速くなります。

読めば読むほどです。

ただし、30回読むのは至難の技。
予測するまで繰り返してる時間がない場合は、調べて進めてください。親が調べて教えてあげる?

偏差値50未満ですので、教えてあげてください。

いえ、本来は自分で調べるのです。
甘やかしてはいけないのです。この先、レベルがあがってきてから、自分が調べるのが厳しくなるまでは、親がサポートしてあげよう。そんな甘えは不要です。自分で調べて分かる面白さを体験させてあげてください。
というのが理想ですが、とりあえず、偏差値50未満から脱出するのが目的であれば意味なんてさっさと教えてしまってあげてください。

まとめ

いかがですか?それほど新しい方法ではないです。あなたがいつも悩んで、どうすればいいのか?とググって調べた結果、どこかのページで見たことがあるような本や勉強法と同じかもしれません。
そうなんです。特に裏技なんてないのです。そして、日本の世の中には良い参考書が本屋にはたくさん揃っています。
ただ、学力別にやらなければならない方法が異なり、それを理解せずに、勉強しているだけなのです。

あとは、コツコツと毎日継続するだけ。それだけで、基本学力は身につき偏差値50は難なく突破できます。
50から55に上げる方法も基本は同じです。ただ、少しだけ違うことが・・・・

それは別の記事でまたご紹介します。
次は、「偏差値55を目指す子供の勉強法」です。

参考)偏差値60を目指す、偏差値別学習法

コメント

  1. […] 偏差値50を目指す子供の勉強法 […]

タイトルとURLをコピーしました