受験生を持つ親のリアル

高校受験

高校受験シーズン到来

いよいよ中学3年の3学期。受験シーズンが始まります。

第一志望は日比谷高校を狙っている長男ですが、最近のサピックスの模試の成績が伸び悩んでいるのと、中学の内申点があまり良くない子を持つ親としては頑張って欲しいけど、結構厳しいのではないかなぁと思いつつ子供の最後の頑張りを見守ろうと思います。

内申に縛られる生活からの解放

本質的に正しい行い、発言だとは思いませんが、子供の中学校生活において、高校受験の第一志望校に受かるために役立った事はあまりなく、内申で良い点を貰うために通っていたと言っても過言ではないくらい時間に縛られた生活でした。

これは公立中学に通う上で覚悟しなければならないこととしてある程度理解はしていましたが、その辺はまた別の記事で改めて書くこととして、内申を書いてもらった今となっては、学校を行かずに受験に向けての勉強に全ての時間を費やせる期間に入ったわけで、長男にはその旨伝えたけれど、学校は受験日以外は休まず行くと強い意志を持って言われたので、その意思を尊重しましたが、中3の3学期なのに受験生の気持ちを全く考えてない学校のカリキュラムに苛立ちを隠せない日々を送っています。

都立試験日は2月下旬。

その日をターゲットに首尾よく受験シーズンを乗り切るために、まずは千葉最難関の渋谷幕張にチャレンジです。

自宅からだと距離的に受かっても通うことはない高校です。第一志望にしている生徒さんもいる中で失礼だとは思いますが、難関高の受験慣れ、緊張をほぐす意味でも合格を勝ち取りたいところです。

続けて、栄東高校。これはサピ推薦ともいえる事前の面談を受けて太鼓判貰っているので、大丈夫だとは思いますが、埼玉難関私立の一校なので。油断は禁物です。

その後、超難関の慶應志木、開成、国立、そして最後に日比谷と続きます。

思えばここまで長男の成長は目を見張るものがありました。

中学1年の夏季講習からサピックス中学部に入塾しましたが、しばらくは成績は上がらず下のクラスで数ヶ月の期間を過ごし、やはり、蛙の子は蛙。頑張ってもらって明大中野に入れたらいいなぁと思っていましたが、あることがきっかけで、2年生の夏ごろから上のクラスに上がり、そこから偏差値も右肩上がり、最終的に年末年始返上の正月特訓、元日K特訓を受け開成高校に手が届くかもしれないまでの学力を身につけました。

まだ、受験シーズン始まったばかりで結果も何もわかりませんが、ここに至るまでの長男と愚息ならぬ愚親の振る舞いも合わせて振り返りたいと思い筆を取りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました