私立小学受験するなら必読!!練馬区にあるお受験教室情報

私立小学受験するなら必読!!練馬区にあるお受験教室情報

小学校への進学を控えたみなさん、お子さんを地元の公立小学校に通わせますか。それとも小学受験をして私立小学校への進学を検討中でしょうか。

公立小学校は一言でいうと、義務教育を受けるための学校です。つまり、最低限の学力を身に着けるために文部科学省が定めたカリキュラムを進める以上の教育は受けられません。言い換えると、公立小学校では中学受験、高校受験を視野に入れた教育は受けられないというのが前提です。

そして、公立小学校では、様々な生徒が多く、先生の転勤も多いので、生徒一人ひとりをよく見てくれなかったり、一貫した教育が受けられないという側面や、マスコミや噂話などで報じられる、いじめや先生による体罰などの公立小学校が荒れている話などを聞くと私立小学校への進学を検討するご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、学校の教育方針がしっかりした私立小学校や難関国立大付属の小学校に入学させたい。何がなんでも小学受験をしたいと思っているご家庭向けに、小学受験向けのお受験教室をご紹介します。お受験教室は練馬区を中心に選出しています。

小学受験情報が豊富な大手お受験教室

小学受験をする場合、お受験教室に通う方が効率的です。ご家庭での学習でも対応できるような教材は本屋さんに行けばたくさん置いてあります。しかし、小学受験のノウハウを知らない親御さんと小学生未満で自主的に何かをするには幼いお子さんが二人三脚で受験を乗り切るのはかなりハードルが高い取り組みです。

さらに、私立小学校の最新の受験情報の入手などを困難を極めるため、私立小学校を狙うのであればお受験教室を利用するのが必須だと考えます。
小学受験の情報を大量に持っているのは、大手のお受験教室です。練馬近辺で有名なお受験塾といったら次の4つでしょうか。

大手のお受験教室は、私立小学校とのパイプを持った教室も多く、私立小学校の最新の受験情報がいち早く入ってくるため、小学校別の対策などもあり、通わせたい小学校が決まっているのであれば、大手のお受験教室に通うメリットは非常に多いと思います。

大手お受験教室
  • わかぎり21
    柔軟な思考力を養う知能トレーニング,集中力を養う手先・指先トレーニング,発達段階に応じた運動・リズムトレーニング,志望校に合わせたコース設定など子供の成長に合わせた教育と志望校対策の充実したお受験教室
  • 伸芽会
    “創造力教育”、”体験力教育”、”自助力教育”の3つの教育理念を掲げ、半世紀以上の実績に基づく指導で私立小学校、国立小学校の合格へ導きます。
  • こぐま会
    幼児の思考力を育てる独自の「KUNOメソッド」を用いて思考力の育成し、小学校から始まる教科教育を見据えた学習指導に取り組みながら、小学校受験に挑むご家族全員のサポート
  • 理英会
    理英会では体験して理解し、それを表現する「実験」を授業に採り入れた、独自のカリキュラムを用いて最終的には小学校受験に必要な小2レベルまでの知能を育てていきます。

(参考)大手お受験塾の合格実績2020年

その一方で大手お受験教室だと大勢の生徒を抱えてて、我が子のことをちゃんと見てくれるのか?と心配になることもありますよね。できる事なら、少人数で、自分の子供の性格や理解度に合わせが指導をしてくれて、小学受験の合格実績の高いお受験教室に通わせたいと思いますよね。

我が家も初めは大手お受験教室を探してましたが、体験を受けたて感じたのは、お受験教室の学習速度は優秀な子供に合わせていて、新参者の学力の低い子供にはペースを合わせてくれないということです。よくよく考えたら当然のことで、多くのお子さんが難関小学校合格に向けて必死に頑張ってる中、途中から入ってきて、ついていけない子供のためにペース遅くしたりしないですよね。

当時は他の子供達と、息子のレベルを見ると、かなりのレベル差があり、先生が息子の作業が終わるのを待っていたら、他の子は作業終わらせてじっと待ってるし、なんか見学してる保護者の尖った視線が気になってこっちが申し訳なくなってしまい、「すみません。先進めてください」って気持ちになり、すごく居心地が悪かったんです。お受験教室の先生がどうこうではなく、すでに通ってる生徒。というか、その保護者が怖かった。

小規模のお受験教室は一人一人と向き合った指導

大手のお受験教室の先生は、すぐにみんなに追いつきますと言ってくれましたが、保護者の視線が気になって、も〜無理。って思っちゃいました。
それで、もっと小規模の子供一人一人をよくみてくれるお受験教室を探して体験教室や、電話で問い合わせをしましたので、そのお受験教室について、ご紹介します。

練馬区から通えるお受験教室です。特に西武池袋線沿いです。
(参考)練馬お受験塾の合格実績

フォレスト幼児教育

練馬区では有名なお受験教室です。合格実績もかなり高いです。勉強というより訓練みたいに短期間で色々なことを繰り返して、速いペースで次々と新しい事を刷り込んで行きます。短時間で色々な事を体験して、それを家でも繰り返して定着させる事を繰り返すので、親のサポートもかなり必要だと感じました。

一方で、家庭学習の方法なども親に細かく説明しているので、続ければかなりのレベルになると感じます。ただ、出来ない子に手を差し伸べるのは限定的で、ちゃんと家庭学習で練習しないと置いていかれてしまう気がします。体験に行きましたが、初めてだから、体験だからと優しくフォローしてくれるわけでは無く、出来なくても、時間が来たら途中でやめて次の課題に進むので、年長から合流するとかなり大変だと思います。

(参考)フォレストの体験に行ってきました

ふたば会

大泉学園にあるお受験教室です。平成30年から年長クラスのみとなったので、来年小学生になるお子さんは、おすすめのお受験教室だと思います。先生も子供に合わせてフォローしてくれるので子供も無理なく通える気がします。ただ難関校対策として年長から初めて小学受験期までの短い期間でどのレベルまで上げられるかは未知数です。

千樹

塾長は大手お受験教室「わかぎり21」の池袋校の元代表者という経歴の持ち主です。教え方も子供と楽しくをモットーにしていて、子供も楽しみながら学んでいきます。少人数教室で、子供のこもを良く見てくれています。「わかぎり21」にいたころから筑波大学付属小学校のお受験といえばこの先生。といわれていた程の指導力をお持ちのようです。その影響か、国立小学校の合格実績が高い印象です。国立小学校だけではなく私立小学校の関係者とのネットワークもあり、ここの塾長ならではの情報が得られたり、授業の終わりに塾長独自の小学受験の対策方法や親の面接対策で抑えるべき時事情報の共有などもあります。

(参考)千樹会の体験に行ってきた

家庭学習けで小学受験にチャレンジ

お受験教室に頼らずに小学受験を乗り切るのはかなりの覚悟が必要です。子供がまだ小学受験をする覚悟もなく、中学受験、大学受験と異なる難しさがあり、また受験情報の入手なども自分で調べて進める必要があります。したがって、子供と一緒に受験対策をするのと同時に受験の手続きなどの準備も自分で調べる必要があるため、親の負担も高くあまりお勧めはしません。

でも、絶対に家庭学習で小学受験にチャレンジする!!と覚悟を決めているご家庭は、受験に最適な問題集や図鑑を使って学習する事をお勧めします。

自宅で小学受験に最適な教材

小学受験教室教室行かないと小学校に受かるのは実際難しいと思います。でも、家庭でも学習できる教材は思いのほかたくさん出版されています。
家庭学習で小学受験は難しい。ってよく聞きますし私もそう思います。でも、これ、やるかやらないかだけなんですよ。

そんな中、こぐま会とサピックスが提携して通信教育が2020年に開始されました。知育教材と中学受験塾の最高峰の2つが手を組んだかなり質の高い通信教育だと思いますので、ご紹介します。

1ページずつ確実に理解なんてしなくてもいいから、とにかく本の内容繰り返し繰り返し繰り返し10回でもやればできるようになるんです。
それをやらない、家族だと大変。そう思うからお受験塾に頼っちゃうんですね。でもやっていることは、ここに書いてあることと大して変わらないです。家で繰り返しできるかどうか。それだけなんです。

校外模試で学力のチェックは必須イベント

あとは、お受験教室に通わないお子さんは、定期的に全統オープンなどを受けて、お子さんのレベルを相対的に判断して、希望する私立小学校の合格率判定を参考に学力の変動をチェックしていく必要があります。また、家庭学習でできていた課題が模試では緊張してできないということがあると、本番に向けての不安もあるので、模試は、子供に小学受験の雰囲気を体験させる良いイベントです。

いずれにしても、家庭学習だけで小学受験に挑むのであれば、参考書だったり、模試をうけたり、こどもの頑張りと親であるあなたの受験日に向けての情報収集や学習管理など親の負担は想像以上だと思いますので、それを覚悟で実践してください。おすすめはしませんが、乗り越えられないわけでは有りません。

突元「確かに私立小中学校は授業料が別途かかります。学校によっても金額はさまざまですが、授業料他学納金等、年間100万円程度を見ておけば良いのではないか、とも言われています。ただ、区立中の状況としては、さっきもお話ししましたが、高校受験のために多くの生徒が塾に通っていることを考えると、中学校に関しては学費のトータルは、そんなに大きく違わないかもしれません。私立中高一貫一環校の場合、学校の授業や宿題に真面目に取り組んでいるだけで、自宅通学圏の有名大学に合格できちゃう学校もありますから。」

まとめ

如何でしたか。私立小学校への進学を検討されている練馬区にお住まいの方向けにお受験教室のご紹介をしました。大手お受験教室と少人数のお受験教室ではそれぞれのメリットデメリットがあります。ホームページ見ているだけだとわからない事もありますので、気になったら電話をして、体験授業を受けたうえで通うお受験教室を決めるのが一番の選定方法です。

公立小学校への進学に少しでも不安があるのであれば、いろいろなお受験教室の体験を受けてそれぞれの教室の先生の話を聞いてみるだけでも、小学受験の世界を知ることができる良い機会だと思います。体験授業を受けても気に入らなければ断れば良いだけ。一つ勇気を持って電話して行動に移ると、子供の将来も明るくなります。

小学受験カテゴリの最新記事