SMAP全員が揃う場はあるのか

ジャニーズ事務所SMAPを説得できず

未だにNHKは紅白にSMAPを出演を諦めていないようだが、12/23事務所からSMAPの紅白出場についてNHKに辞退の連絡をしたらしいです。

NHKは期限を設けずにSMAPの紅白出場を打診していたようだが、ついにその可能性は潰えたようだ。

NHKはなぜSMAPにそこまで固執していたのか?
今年で解散。今年の最後の歌番は紅白。解散の日と放送日が同じだから視聴率が取れる。
この様に考えているのだろう。また。毎年出場していたSMAPにも紅白歌合戦への思い入れはあるはずで、最期の場として相応しい。
と考えている可能性もある。

仮に紅白出場したことを想定する。視聴者である日本人は木村とその他の確執を知った上で見ることになる。
当然、SMAP自身も自分達の確執を視聴者が知っていることを知っている。
そんな中での出場が本当に盛り上がるのだろうか。。
視聴者がこのメンバーの確執をほぼ知らなければひょっとしたら出場はあったかもしれない。
視聴者が知っている状態での出場だと、SMAPメンバーは、どの様に生放送を乗り越えれば良いか、
あえて仲の良い振りをする?
それとも木村との確執を隠さず木村との距離感を見せる。
どちらもSMAPとしては全国民の前で晒される形にしかならず、苦痛以外の何物でもない。

そして、スマスマ出場も

フジテレビのSMAP×SMAPでも同様だ。
SMAPが紅白歌合戦以上に思い入れのある番組は20年間彼らを支えて来たスマスマでしょう。
ただ、12/26の最終回ですら全員揃うかわからないという状況です。
思い入れがあるからこそ、最後は全員揃って生放送で話や歌を歌う。
と言う考え方もあります。
そう、SMAPの確執がここまで国民に知れ渡っていなければその可能性もあった。
でも、今やSMAPの確執を知らずにスマスマを見ている人なんていない。そんな状況でのスマスマ生出演は、紅白出場同様、国民に晒されるだけなので、出演は本人達の意図する事ではないのでしょう。

愛着ある番組だからこそ

人は愛着あるものは大事にしたいと思うのは当然の思考、行動です。
SMAPにとって、スマスマも紅白歌合戦も愛着のある番組なのでしょう。番組最終回や解散日に愛着のある番組に生出演すると言うのは、愛着あればこそやりたく無い事なのでは無いか。とも思います。
ファンが期待しているのはわかるし、放送局が望んでいるのもわかる。
でも、SMAP彼ら全員が5人揃って和やかに過ごせることができないほどの亀裂があるなら番組を壊してしまう可能性がある。
プロとは言え感情のある人間です。番組を壊してその記録が未来永劫記録されるのは避けたいと思っているのかもしれない。
自分達が愛着のある番組であれば尚更そう考えてもおかしくは無いでしょう。

スマスマ最終回は、通常と同じ収録はしていないと思うので、全員揃わないのであれば、過去の放送を流すしか無いのでしょう。そこにSMAPメンバーが過去を振り返りトークするということも企画していたのかもしれないですが、ただただ過去の名シーンを振り返るだけの5時間になる可能性もありますね。

紅白歌合戦はSMAP出場枠が埋まらないので、別の候補者を探すのでしょうか。ただ、SMAPが出ないから代わりにお願いします。と今更言われて快く受ける人がいるのかよくわかりませんね。
もしくは、出場アーティストの持ち時間を増やして時間の穴埋めをするか。

解散まであと僅か。ですが、もう実質メンバーが揃うことは無さそうです。
もう、その点を国民は受け入れて来年からのソロの活躍を応援する様に気持ちを切り替える時期かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました