紅白歌合戦という年末風物詩の終焉

NO IMAGE

SMAPの出演可否で話題を集めているが、その他の出演アーティストについてもこれまでとは異なる風が吹いている。

宇多田ヒカルは出場を承諾したが

  • 安室奈美恵が出演を断る
  • 和田アキ子が落選
  • EXILEの落成
  • ゴールデンボンバーの落選・・・は、想定内?
  • PUFFYが今更?今年何か活動したのか?
  • 桑田佳祐や井上陽水も出演を拒否

などなど、出たい人が落選し、出て欲しい人が断る自体が発生している。世代交代などとNHK関係者がコメントしているが、次世代のアーティストはそれほど紅白歌合戦に強い思いを抱いてはいない。

昔は誰もが出場する事を目標の一つにしていた

今や紅白歌合戦のプレミア感はなく、人気アーティストは紅白歌合戦に出場しなくても普段のコンサートで充分な収入やファンがいるので、数分の出場に固執するのではなく、年末はそれぞれで活動するのが良いという事なのだろうか。

紅白歌合戦は、各アーティストの持ち時間が決まっていてフルコーラスでは歌えないらしい。それを守らず、出禁となったアーティストもいたとか。昔からの演歌歌手や人気下降気味のアーティストにおいては視聴率の取れる紅白歌合戦に出場する事で広告効果が得られるが、人気アーティストにとっては少々旨味が少ないのだろう。

諦めの悪いNHK

そして、他のアーティストから見たらSMAPの出場にこだわりすぎているNHKの心象も良いはずがない。

NHK自身が嵐の相場が司会をやると決めた時点で、SMAPの出場はほぼ無くなっているのに、その事を受け入れず、SMAPを特別視して待ち続けている状況の読めなさも、報道を聞いていてNHKが何をこだわっているのか分からなくなる。自分達に誇りを持っている他のアーティストに失礼ではないか?

このままだと、数年先は出演アーティストが激減しNHKホールにアーティストが集まらなくなり、出たとしても中継での出演が増え盛り上がりのかける年末紅白歌合戦になってしまうのではないかという不安が残る。

本当に紅白歌合戦の企画を、見直す時期に差し掛かっていると感じた今年の紅白歌合戦の前哨戦でした。

芸能カテゴリの最新記事