高齢運転者に関する交通安全対策の規定の整備について

高齢運転者に関する交通安全対策の規定が、2017年3月12日に施行されました。

高齢運転者に関する交通安全対策の規定の整備について(平成29年3月12日施行)

75歳以上のドライバーは、免許更新の時に認知機能検査を受けて、認知機能低下者向けの高度化講習を受けるか、一般的な合理化講習を受けるかが判断される様です。。

また、認知症のおそれがある方は、後日、臨時適性検査を受けて、医師の診断書を提出する必要がある。そして、認知症と判断された場合は、運転免許の取消し又は停止となる可能性があります。

また、75歳以上の高齢者については、信号無視や通行禁止違反など、認知機能の低下により引き起こす事故を起こしたら、臨時の認知機能検査を受けることとなり、そこで認知症と診断されたら運転免許の取消や停止処分となります。

これで事故が減るのか?

以前書いたけど、高齢者の事故は多い。この制度の施行により、事故が減るのであれば非常にありがたいのだが・・・

そもそも、免許取消された認知症ドライバが、それを認識して運転をしない様な行動がとれるのか?

この懸念は払拭されない。これを回避するには、システマチックな改革も必要だろう。

例えば、車のエンジンをかける時はキーだけではなく、免許証の読込をしないとエンジンが掛からない様にするなどだ。

ルールを作ってそれを破るのも守るのも結局は人なんです。だなら、何の規制も働かないルールを作るだけではなく、それを守る仕組み作りも必要なんだと思う。

免許取り消された認知症ドライバは免許取り消されたことを忘れたまま運転してしまうだろう。そうなっては元の木阿弥だ。ルールを守れない人のためのルールを作っても仕方がない。

そのルール作りがただの税金の無駄遣いにならず、子供達の未来を守るルールとして機能する制度が必要だろう。