総括!!NHK朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」

まだ最終回じゃ無いんだけど・・・

もうすぐ最終回を迎える朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」

主人公のすみれが、戦後に始めた子供服メーカー「キアリス」の成功物語。戦後の厳しい時代に女学生時代の親友3人で始めた子供服のお店がいろいろな苦労を乗り越えて大きく成長するお話なんだけど・・・なんかなぁ、なんかなぁと言いながらサクッとアイディアが生まれて、とんとん拍子で店の人気が出て簡単に成功してしまったかのような印象が拭えない。

戦後の子育ての苦労、女手でお店を構える苦労。この辺の女性苦労をどれだけうまく描くかが、朝ドラの醍醐味に思えるのだが・・・

苦労話が身にしみない。。

そもそも、戦後の住まい探しもサクッと小さいけど小綺麗な家を構えてるし、子育ての苦労も、喜代さんが身の回りのことほぼなんでもやってくれて、家事洗濯子育て全般ぜーんぶ喜代さんのおかげ。

店出すのも、靴屋のあさやの隅っこを自由に使わせてもらっていたし、親友3人の旦那も戦争から無事に帰還してるし、子供も大した反抗期もなくすくすく育って、留学もさせて順風満帆な人生、とても恵まれた環境で育って大した苦労して無いじゃん。って思ってしまいます?

一番の苦労人は

苦労したのは靴屋のあさや、そして最大の苦労人は坂東家の女中頭の喜代さん。自分の人生全てをすみれの為に費やしている。彼女の献身的なサポートが無かったら、すみれはなにも出来ず、戦後の世を生き抜くことはできなかったんじゃ無いか?

すみれは時々「なんかなぁ」と言いながら自分のやりたいことだけ考えて自由気ままに、なんの苦労もなく成功階段を上り詰めた。と言う感じがしてならない。

ドラマの主人公すみれの性格が基本的に暗いのでドラマ全体が暗い。すみれの苦労話と言うより、暗い性格のすみれの自由奔放の人生を支えてきた喜代さんの苦労話。

子供も成長して、喫茶店ヨーソーローで知り合った妊婦の山本五月をさくらの家出中にしばらく家に住まわせていたけど、その世話も喜代さんがいたからできた事。

忠さんと喜代さんの冒険に行こう話を聞くまでは、喜代さんの人生のことなんてなにも考えずに、家にいるのが当たり前と考えているすみれをはじめとした坂東家の人々の感覚が、世の中とズレている気がしてならない。

すみれがイッチバン苦労してない!って思ってしまった。

けど、何となく見続けてしまう。。。

なんかなぁ。。なんかなぁ。