大泉インター改造計画

東京外かく環状道路の工事が進んでいます。

我が家から数分のところで工事を行っていて、日々進化して行く町並みを眺めることができる。

隣駅の石神井公園駅もまた駅前開発が続いていて石神井、大泉はさらに便利な街に今後なって行くなぁとしみじみ感じている今日この頃。。

 
ただ、本当に便利かと言うと、確かに車の移動は便利。外環、関越のインターがあるし今後外環延長で中央自動車道へも繋がるようになる。電車も西武池袋線から副都心線直通で新宿、渋谷も一本で行ける。さらには東急東横線に乗り入れているので、横浜までも一本で行けるようになった。

練馬区が便利になっているわけではないな・・・

でも、これって・・・。

不便な街練馬が、便利な他の街へのアクセスを便利にしただけで・・・

練馬自身が便利になったわけじゃないよなぁ。

実際問題、買い物行くときは大泉の、東映撮影所前のOZに行くこともあるけど、大抵は東久留米のイオンか北戸田のイオン。

もうちょっと足伸ばして、ふじみ野のららぽーとか外環使って三郷のららぽーととかコストコ行ったりして、練馬にはあまりお金を落とさない。

練馬区の財政を潤す方法を勝手に考えてみた。

練馬区活性化計画


まず、比丘尼公園廃止。

そこにイオンかららぽーと建設。

そして、大泉サービスエリアも作ってそこから直結させる。

そして、スマートインターも作りUターンも可能にする。

これだけで、区外から人が来て、お金をがっつり落としてくれるので練馬区の財政が潤ってくるはず。

イオンか三井、やってくれないかなぁ。