厳選!練馬でサッカーやるならココでしょ

以前、練馬区の小学生クラスのサッカーレベルがあまり高くないと書きましたが、みんながみんな、将来Jリーガにしたいわけではなく、ちょっと上手くなればいいかな。

って、考えている人の方が多いんじゃないかな。
まぁ、通わせるならそれなりに一生懸命頑張って練習したい。って思うのが親心なんだけど。
厳しすぎてサッカー嫌いになっても嫌だけど、緩すぎで全然上手くならない感じも嫌。

なんか、バランスいいクラブないかなぁ。

って考えて、どこのクラブに入れようか迷っているなら以下を検討して見てください。

練習試合が多いクラブ

毎週土日にどっかのチームと練習試合しているクラブはFC大泉学園


毎週どっか試合してます。
ホームページにもしっかり更新しているので、クラブ運営もシッカリしている印象です。
コーチも多く、トレセンコーチになってるコーチもいて、クラブとしての指導力も確かだと思う。
実際練馬区では、チーム力が頭一つ抜きん出ている印象があり、試合の成績も好調だ。選手の数が多いから、試合に出られるか不安かもしれないが、試合数も多く満遍なく試合経験を積むことができるだろう。
ただ、親のお手伝いが必要なクラブなので、子供を送り出してのんびりしたい親には向かない。
続いて実力が肉薄しているサウスユーベ

こっちも、実力のあるチーム。FC大泉学園同様、平日練習で、土日に試合。
親の手伝いは必要になるが、アジリティトレーニングや、ドリブルの指導をするドリ塾などもかいさいしていて、個人のスキルを磨く手助けもしている。

子供の自立を促すならこっち

これまでは、土日に試合ばっかりやってるクラブチームを紹介したが、親の手伝いは避けられない。
次に紹介するのは、親の手伝いはほぼない。子供達で出来ることは全て子供達でやって、子供の自立を促すチーム。

それはコレーガFC


建前は、子供の自立、成長を促しているが、実はコーチが人間嫌いなんじゃないかと。
体験に行ったことがあるんだけど、コーチは親とほとんど会話しない。
子供たちからは非常に慕われているが、保護者を寄せ付けない雰囲気がある。
噂では、練習試合はそれほど多くはなく、子供にプリント渡して日程を連絡している。
でも、子供全員にプリント渡すのではなく、レギュラーで試合に出る人にだけ配るので、プリント配られない子供はかわいそーって思うが、試合会場までの送り迎えもやってくれるし、親の手伝いはほとんどない。
コーチは一人しかいないので、子供全員に目が行き届いているのかたしょうふあんだが、それでも、試合の結果はそんなに悪くないので、指導力はあるのだと思う。
コーチとのコミュニケーションを多く取りたい人には向かない。
親にとっては手伝いがなく楽ではあるかな。

コレーガからは、2016年にFC東京U-15むさしに入団した選手もいるので、それなりにレベルの高いチームなのかとも思います。。

まぁ、毎年そういう選手を輩出しているわけではないので、その子が別のスクールでスキルを磨いていただけの可能性もありますが・・・