東京 私立高の無償化の効果

みんな私立に行きたがる

なぜか

私見です。

  • 授業の質が高いから
  • 大学付属で勉強以外の活動に時間が費やせるから

でも学費が高いから行かせられない。富裕層ばかりが通う。良質な授業を受けた学生は学力が上がる。

子供の学力は親の所得で決まると言われる所以。
こうして格差社会が作られて行く。。

それを危惧してか、東京都の小池百合子知事が、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討していることがわかった。

世帯年収910万円未満を対象に、都内の私立高の平均授業料の年44万円を国と都で肩代わりする案だ。

私立高の授業料無償化は大阪府が世帯年収590万円未満、埼玉県が同500万円未満を対象に実施実績があるけれど、東京都の案は910万とより対象が広い。

2年後、高校受験を迎える身としては、選択肢が広がり非常にありがたい。
ただ、ちょっと待てよと。

国や都の役割とは

国や都が考えるのは、国民のこと。都民のこと。それはわかる。国民、都民のために私立への道を広げてくれるのはありがたいが、国や都が運営しているのは、国立や都立の高校であろう。
私立に行きたい人を補助するのではなく、国立や都立高校の質をより上げて、都民が通わせたいと思える公立高校を作るべきなのではないかと思う。
そこに税金を費やして、私立との差別化をしないと、私立人気の流れは止まらなくなるのではないかな。
それを許容するのであれば、質の低い公立高校なんて廃校にして税金の無駄遣いを防止するべきではないかと思います。

日比谷、戸山、西、八王子東、国立、立川など進学指導重点校などてすら、授業の質は良いのだろうと思うが、学校の設備などは快適とは言えず、そう言う点で私立にはるか及ばない。
私立は色々なことにお金をかけている。だから学費が高い。
公立は最低限必要なところにお金をかけている。だから、学費が抑えられている。
そもそも、私立と公立の高校は同じ土俵に立っていない。なのに、私立にも補助を出すのは不平等にも思える。補助金出すくらいなら都内の公立高校の設備改善に費やした方が公立高校人気復活に繋がるのだと思うのだが、なぜ自分たちの運営している公立高校を優先しないのだろうか。。。

と言う思いは重々認識しつつも、私立行きやすくなるので、この政策応援しようとは思っています。