【おすすめ絵本③】コんガらガっチ

絵本と言うよりは、迷路です。

分かれ道でどっちに行くか?の選択を迫られる質問があり、まぁ、どっちに行っても最終的に最後までたどり着けるのですが、選択したコースによってストーリーが変わるので複数の物語が楽しめます。

子供は迷路好き

ストーリーはいたってシンプルで、分岐の質問もワンフレーズなので、絵本を子供に読めせる取っ掛かりとしては良いかなぁと思います。

シリーズ本

こんがらがっちシリーズとして4冊出版されているはずです。
Eテレ『ピタゴラスイッチ』の製作に携わっているユーフラテスが手がけているユニークな絵本だと思います。