レアルとの戦い方-鹿島がレアルに勝つために

圧勝とは言えないが守備が際立ったクラブ・アメリカ戦

12/15のレアル・マドリードとクラブ・アメリカの対戦は2対0でレアルが勝利して決勝戦へと駒を進めた。

前日の鹿島とナシオナル戦では、ナシオナルが攻撃して鹿島が守ると言うような一方的な試合にはならず、前半はクラブ・アメリカのペースだった様に思える。
一方的に攻撃したナシオナルが得点出来なかったのはキーパー曽ヶ端のスーパープレーもあるが、不運としか言えない様な、ゴールに嫌われているのか?と言うくらいポストに阻まれるシーンもあり、そんな中でビデオ判定から流れが徐々に変わって来た様に思えるが、昨日のレアル対アメリカ戦はレアルの堅固な守備の光った試合だった。レアルのGKケイラー・ナバスは、世界一の反射神経を持っていると言われるほどシュートに対する反応が早い事で有名だが、昨日の試合では、GK以外のディフェンス陣のプレーが際立っていたと思う。
アメリカに攻められていたとはいえ、失点に繋がる致命的なミスを犯すどころか、相手の動きを先読みする様なプレーで、相手にフィニッシュをさせないディフェンスは組織プレーと言うより、個々のスキルに依存している部分が大きい。
攻撃を防ぐというディフェンスの役割りは、相手の動きを見て動くことが多いのだが、レアルの守備は相手を守りやすい方に動かして止めたり、相手のサインプレーを読む(読んでいるのか、誘導しているのかはわからない)事で相手の攻撃の芽を潰している様に思えた。
初めはアメリカの攻撃を受けながら徐々に攻撃の流れを作っている様に思えました。

悪いなりにも2得点

攻撃は、日本のファンもが期待しているCロナウドのゴールは、後半ロスタイムまでお預けだったが、攻撃のバリエーションは凄まじいですね。GKやDF陣の体を張った守備が多く2得点のみだったが、レアルの放つシュートの速度の速さはJリーグではお目にかかったことがないくらいの迫力でした。スローでみているはずのVTRのシュートが、スローとは思えないスピードでゴールに向かっているシュートを見ると、これに当たったら命の危険があるのでは?と思ってしまう様なインパクトがありました。

鹿島はどの様に戦うのか

鹿島の勝利は。ナシオナルの選手の時差ボケやビデオ判定による想定外の得点など、ナシオナルにとっての不運が重なっていることもあるが、レアルは時差ボケも無くなっているはずです。

そんなレアルに、鹿島はどう挑むのか。

アジア勢初の決勝進出を果たした鹿島。ナシオナル戦を振り返った選手の多くはレベルの違いに圧倒されていたと言う。そんな中、歴史的勝利を挙げた鹿島イレブンは、充分な成果を成し遂げている。
怖いのは、

    • レアル相手に勝てると思っていない心。
    • 記念試合の意識で挑んでしまう心
    • 決勝進出を遂げて燃え尽きてしまっている心

    こう言う気持ちの選手はプロの選手にはいないと思うが、少しでもいたら勝ち目はない。それどころか大量失点をしてしまうたろう。

    きっとファンも誰も勝てるとは思っていない。それでもレアルに一矢報いて日本チーム恐るべし。とレアルに印象付けるような戦いをして世界中を驚かせて欲しいですね。

    何か起こるとしたらレアルにとって想定外の出来事で動揺を誘うしかない。ビデオ判定は、既に想定内となってしまった。レアルは鹿島のことを何も知らないはず。これは、想定外の一つだろう。だが、それだけでは勝敗を覆すことは難しい。プレーの中での想定外をどれだけレアルに与えられるか。