シリア戦、U23アジア選手権をみて

全国高等学校サッカー選手権の準決勝の2試合の方がいい試合だったし、そっちの方が強いんじゃないか?と思わせる試合だった

青森山田や帝京長岡や静岡学園の方がU23より走るし球際の強さ、ボールコントロール、スピード、パスの精度、トラップ、ポジション取りなど含めて、高校サッカーの方がレベルの高さ、勝利への貪欲さ、全てにおいてうわまっているように思われた。

気持ちがのってない

海外行けばいいものではなく、ここまでどう苦しんでそれを乗り越えてきたのか、そこが非常に軽いチームに思える、レベルの低い試合だった。

綺麗にプレーしようとしすぎているのか、後ろに下げるプレーが多い。後ろに下げるのが悪いわけではないが、その選択を選ぶ確率が非常に高い。

選手が動いてない。足下でボールを受けているから動きがなく、ディフェンスが怖くない、

攻守の切り替え、スピードのメリハリがシリアの方が上。

アジア内での戦いでディフェンシブに構えている相手に対して攻め手がなさすぎる。

ペナルティエリア内への攻め込みが極端に少ない

総称すると選手、監督共に実力と代表としての自覚不足を感じた一戦だった

最終目的はW杯で、そこで成功するためのプロセスかもしれませんが、このオリンピックは、W杯に向けての中間進捗確認としては最重要イベントになる。その前哨戦とも言えるアジア選手権でこのグダグダな試合だと、オリンピックも不安でならない。

ここでチームを作りきれなかった監督の責任は思いのでしょうね。