テクニックより思考力

最近、サッカー熱が下がってきた。

最近、練習してても必死さを感じない。何となくボール蹴って、時間が過ぎている。クラブでの練習の様子を見ていると、そんな覇気の無い惰性でやっている姿をよく見かけるようになってきた。

本人は必死に頑張ってやってるって、言い張っているんだけど、なんだか、3年生の時よりも気合いが感じられない。

なぜかって、少しクラブ事情を確認してみた。そしたら、同じクラブの仲の良かったメンバーが退会して、中学受験に向けて塾に通い始めたからではないかという結論に至った。

まだまだ、友達の動向に左右されて主体的に自分のやりたいことを考えずに、周りに流されて物事を判断をしてしまう年頃なのか。我が子もなんとなくサッカー熱が冷めて、受験しようかなんて言い始めた。

受験しようと言うだけで勉強はしない

それで勉強時間増やして受験モードになれば良いんだけど、勉強はしないんだよな。

だから結局サッカーやってたのも友達とサッカーしているのが楽しかったからで、その友達がやめちゃったら、サッカーへの熱量も下がってきている。

でも、好きなことは?と聞くと条件反射のようにサッカーと即答する。

こういう行動、発言を聞いてると、応用力がないなぁ。と感じてしまう。

発言と行動の矛盾に気づけない幼さ

過去の成功体験に依存しすぎるあまり、その行動というか、発言というか、反射反応を繰り返していれば安泰。と考えて機械的に反応している節がある。

あの時はその反応でよかったが、今は状況も違うし、同じ反応だと自分の発言と行動に矛盾が生じているよ。

って事に気づけない。

状況が変われば行動も変わる

当たり前のようで、我が子にはまだ理解が及ばず、過去の成功体験にしがみついている。

これは普段の発言だけではなく、サッカーにおいても同じことが言えて、クライフターンもどきがたまたま成功して、コーチに褒められると、所構わずクライフターンをやる。

まぁ、クライフターンの練習なら良いんだけど、明らかに自陣ゴール前とか、ミスればピーンチって曲面や、ディフェンスが遙か遠くにいるときにくるっと回って終わったところで奪われるとか、DFのチャレンジ&カバーのカバーの時の距離感がチャレンジしてる味方との距離が全くカバーになってなかったり、たまたま過去に一回成功しただけの経験に縛られて毎回周りの状況見ずに同じ動かしたり。。。

そんな感じで、たまたまシチュエーションとアクションが合致した経験がなぜ成功したのか、類似シチュエーションでの失敗はどんな理由があるのか、成功させるには何を改善すべきなのか、とか。状況が刻一刻と変わるサッカーにおいて、同じケースはほぼ無いのだから、毎回考え続けるしか無いのだけど、そこの努力が足りて無い。

勉強も、サッカーもである。

まず鍛えるべきは思考力

こういう発言、行動を見ていると、がむしゃらにサッカーを続けても、練習への意識が低いから成長曲線も緩やかなままで非効率なんだと思う。意味もわからず型にはまった練習を繰り返しても、いずれは出来るようになるだろうけど、意味を理解して、意識して練習した時の成長曲線には到底かなわない。

従って、何らかの練習をする時は、その練習の目的を理解してから練習に取り組んだ方が良い。何十倍も効率的に成長が見込める。

why?を意識する

じゃあ、意識しろって言われても、簡単なことでは無い。

と思うかもしれないけど、割とそうではない。

勉強でも同じなんだけど、物事には原理原則が必ずある。

それを理解するために必要な思考は

なぜ?

である。もうこれだけで良い気すらする。

社会人になり5W1Hで物事を考えよ。と教育されてきたが、このうちwhyが最も重要な要素である。

自分が納得できないことは、なぜ納得ができないのかを自問自答することが重要。そして出てきた解に対して、なぜそのようなことが起きるのか?その答えにさらになぜ?を投げかける。そうやって何故?を自分が納得するレベルまで深掘りすれば良い。

これが、why?を意識することに他ならない。

これが自然に素早くできるようになると、残りの4W1Hも自ずと出てくる。

そうすると、自分がやりたいことは何なのか、何故そう思うのか、それは何故か・・・。

という感じで、理由付けも出来てくるし、

何をすればそのやりたいことを実現できるか。

も見えてくる。勉強もサッカーも同じである。そして何故サッカーが好きなのかも、何故受験するのか?の根本的な行動指針の確認もこれでいける。

なぜ?を振り返り自分なりの答えを見つけて改善へのトライをする。たとえ、その答えが間違っていても、じゃあ何故間違ったのか?を、もう一度考えればよい。このwhy?を繰り返す癖が人の思考を鍛える。

我が子はまだその癖がついていない。

それどころか3回程度何故?を、繰り返したらもう思考停止してしまう。

社会人になってても出来ない人が多々いる中で小学4年生で、学校教育でも教えてくれないこの思考を強いるのは酷なことかもしれないが、やっぱり考えた末に導き出した答えというのは何物にも変えがたい貴重な答えであり、経験なのでしんどいとは思うけど繰り返すべきだと思う。

結果、サッカーはそれほど好きではなかった。になるのか、やっぱり好きだ。なのか。

後者になった時の子供の成長が楽しみだ。