試合前のストレッチはほどほどに・・・

試合前の準備体操やストレッチ。ケガしないようにしっかりやるようにクラブのコーチは言いますが、実はやればやっただけよいというものでもないらしいです。

ストレッチには、静的ストレッチと動的ストレッチがある。

ストレッチには、静的ストレッチと動的ストレッチがあります。前者は可動域ギリギリまで筋肉を数秒間伸ばすことで体全体の循環を促し、蓄積した疲労を緩和することが目的です。
後者は体を動かしながらほぐし、可動域を広げることで筋肉の温度と柔軟性を徐々に上げることが目的です。

ストレッチは試合前と試合後それぞれ目的が異なる。

2つのストレッチ、試合前と試合後どちらにどっちのストレッチが有効か。。

上の説明見れば想像つくと思いますが、静的ストレッチは、蓄積した疲労の緩和ができるので、試合後が適切。
動的ストレッチは、可動域を広げて筋肉の温度と柔軟性を上げる効果がある。つまり、体に「今から運動をするぞ」というスイッチを入れる意味がある。


ただ、可動域を広げすぎるのも逆効果。適度な伸縮がコントロールできる程度のストレッチをしないと、試合をするときに体が伸び切りやすくなり俊敏な動きができない。
本当にウォーミングアップ程度にして、試合に挑まなければ体が伸びすぎて本来のスピード感で体をコントロールすることができなくなる。