スカウトの目にも止まらず、セレクションも受けずにプロサッカー選手になる方法

海外から注目されつつある日本のサッカー

プロサッカー選手になるために「プロテスト」を行っているクラブは多い。プロテストをサッカーでは「セレクション」とか「トライアウト」って呼ばれている試験なんだけど、一般公募で参加した選手がプロでやっていけることは可能なのだろうか。
川崎フロンターレの中村憲剛選手 はテスト生からのスタートという話を聞きますが、実態は、大学時代からスカウトが評価していたこともあり、全くの無名選手だったわけではありません。多くの選手はスカウトの目に留まり、セレクションを通過してプロへの道が開けています。

では、全くの無名選手がスカウトの目に留まることはないのだろうかというと、昨今の日本代表の海外からの評価を見ているとスターの原石が日本のサッカー界にはたくさん埋もれている。という目で注目されているようです。

最近では、名前も組織も忘れてしまいましたが、日本のJリーグクラブのスカウトマンもノーマークだった無名選手が海外のスカウトマンによって海外移籍するケースも出てきています。またイニエスタやポドルスキ、ビジャなどヨーロッパからの日本移籍選手が日本人のサッカーレベルの高さをヨーロッパのマスコミでも報じていることから今後ますますヨーロッパから注目される選手が出てくると思われます。ターゲット層はかなり低く少年サッカーのレベルからスカウトがれをつけているケースもあります。

プロサッカー選手になる方法は

今、日本でJリーガーを目指してサッカーをしている選手が夢をかなえる方法は大きく2通りあります。

  • 高校、大学サッカーで実績を残してスカウトを受ける
  • Jクラブの下部組織からトップチームへ昇格する

Jクラブのスカウトマンも日々忙しいので、無名選手を発掘する余裕はあまりありません。
なので、上記の2つの流れでプロ選手として契約を結ぶケースがほとんどだと思います。しかしこれはかなり倍率の高く、めちゃくちゃ狭き門です。
Jのクラブ数を考えたときに、ポテンシャルだけでプロ契約を結んでも開花しないリスクもあるし、そもそも育てるのに時間とコストがかかる。したがって、即戦力になりうる選手と契約したい。だから上記のような若手を育てる仕組みを作ってそこで開花した選手をJ1チームがスカウトする。
そういう流れがこれまでの日本のプロサッカー選手になる方法でした。
ただ、これだと原石が原石のまま埋もれてしまう可能性が高い。。。

いきなり海外組になり逆輸入する方法

日本のプロサッカー選手になるためのセオリーを守っていても、狭き門故あきらめざるを得ない人が多くいる気がしている。実際に狭き門になってしまっている要因はいくつかあると思うが、下部組織でも高校サッカーでもそこのコーチの目に留まるために必要なことは個人の頑張りにかかっている。そして、所属チームのミッションは試合で勝つことなので、チーム戦術に合わない選手は起用されることが少なくなり秘めたる特技があっても生かす場が設けられずに埋もれてしまう。
そして、指導力。
選手のスキルだけではなく、メンタルも同時にケアできる指導者、環境の整ったクラブ・チームは非常に少ない。日本のサッカー指導力はまだまだ発展途上故に数少ない目立ったスキルを持ち合わせている選手を育てることに注力してしまい、内に秘めたるスキルを見出しそれを育てることのできる指導者が絶対的に少ないと感じる。

うちの子が内に秘めたるポテンシャルを持ち合わせていて今のチームのコーチが引き出せていない…と言っているわけではありません。。。

プロサッカー選手になるための2つの方法を先ほど述べたけどそれ以外には、ないのかというと、調べてみるとまぁいろいろありました。

<セレクション関連>
日本で受ける海外プロセレクション。昨今の日本代表の活躍が海外でも注目されているため、原石を早く手に入れて育ててチーム戦力にする。または、移籍させることで、移籍金を手に入れて次の原石の発掘をする。そんなことを考えている海外クラブも増えてきています。海外クラブの指導力は、基本スキルであるパス、トラップ、ドリブルのスキルからトップリーグで活躍するためのメンタルトレーニング、戦術なども指導が受けられるので、Jクラブの国内組は経由せずいきなり海外組になって、日本に戻ってくるという考え方も今後増えると思います。それこそ、ヨーロッパの各クラブが注目してくればJリーグの数チームへの狭き門を狙うよりもはるかに多いクラブへの移籍可能性が出てくるので、むしろいきなり海外組でプロ契約のほうが現実的に可能性の高い方法なんじゃないかと思ってきています。
WPSCプロジェク
San Diego Sports Authority
Try Action

<サッカー留学関連>
こっちはスカウト受けるとかではなく、まず海外行っちゃってそこでスキル磨いてスカウト受けちゃおうって話。
海外とくにヨーロッパのサッカーの指導力はかなり高いので、日本人コーチの指導では得られない経験、自分でも気づかなかった特技を見つけることも可能で、またサッカー以外の経験も併せて身につくので、プロになるならない関わらず生涯サッカーに関わって行きたいと思っている人が、世界を体験するという意味でも利用する価値はある気がします。
ユーロプラス
footballatuk

まだ調べ途中だけどざっくり検索しただけでも複数ヒットしているのでまだまだアピール下手な(英語メインなだけかも)な国内セレクションサイトがあるかもしれないので、時間あるときにでも載せていこうかと思います。