アジアカップ準優勝という結果をどう考えるべきか

アジアカップ決勝戦でカタールに3-1で敗北

これは、とういうことか

  • 1-0でカタールに負けた韓国より3点取られた日本の方が弱い
  • 大迫一人が半端なくても他が半端だったらアジアのトップレベル以上には太刀打ちできない
  • 早くて強い相手と対峙した時に1対1では太刀打ちできない。
  • ディフェンスの寄せが甘くて自由を与え過ぎ
  • 遠藤がいないから、中盤で相手にプレッシャーを与えられていない
  • 交代のタイミングが遅い。勝っているチームの時間稼ぎのような交代で、後手後手に回っているので交代の意図が見えない
  • パス、トラップ、シュートなどのサッカー基本技術力がまだまだ日本代表のレベルは低い
  • 走力でかなり劣ってる
  • イランに勝って油断しまくってた

などなど。

でも要するに日本が弱くてカタールが強かったと言うだけだな。

日本が勝っていたのは、スタミナだけ。

後半相手がバテてきた時こそチャンスだったのにそこで決定的なプレーが出来ない。

個人プレーでなんとか打開しようと試みても人数で囲まれて突破できない。バスも回せない。足元へのパスは通るけど、相手のディフェンスが早くて繋げない。早いパスをしてもトラップが乱れてやはり繋がらない。

動きの中で、走り込んだ先でパスを受けようにもパスの精度とトラップの精度が低いので、繋がらずに相手に潰される。

それなのにミドルのシュートは打たずにゴール前までなんとかボールを運ぼうとして、やっぱりそれも潰される。

逆にプレッシャーが少ないので中盤相手ボールを積極的に取りに行かず、自由にさせてしまう。ミドルからシュートを打たれる。

全体的にチームとしてちぐはぐ。

個々人が自分の得意なプレーを披露するだけで連動性がない。

日本のサッカーの方程式がない。

偶発的な成功に頼っている印象が否めない。

だから、自陣ペナルティエリアでハンドなんかしちゃうし、ペナルティエリア付近でオーバーヘッドさせてしまう程度のプレッシャーしか与えられていない。

日本の武器がコーナーキックだと言うが、相手も守備が整っているんだから、ただ放り込んだだけではそうそう得点は取れない。ここでも、チームとしての連動した動き、精度の高いパスがあってこその武器になる。長身の相手や強豪チームとの対戦ではコーナーキックは武器というほどの脅威を与える事はできない。

要するに個々人のテクニックを活かすために必要なのはチームとしての連動。身勝手に個々人が動いても通用するレベルにはない。

そしてパス、トラップなどの基礎。これがまだ日本は世界レベルにない。走り込んだ選手へのバス。走り込みながら周りを見ながら次のプレーを見越したトラップ。この辺のスキルがまだまだ発展途上だから、惜しいプレーはあっても、決定的なプレーにはほとんど繋がらない。相手に脅威を与えられない。

それが、新ビック3と持て囃された3選手の台頭で組織的なプレーがないがしろにされている気がする。個々人ではまだ発展途上の3選手に頼った単調な攻撃が多く見られた。

日本の特技は組織的なプレースタイルだったのにそのカラーが薄くなっている。

ヨーロッパで活躍している選手が代表の多くを占めているが、彼らが活躍できているのは、ヨーロッパチーム全体のレベルが高く、効果的に動くチームメイトがいるからであって、そのサポートなしで、一人で何かをできるほど高い能力の選手は今の日本にはいない。

長谷部誠、遠藤保仁、中村俊輔、中田英寿、小野伸二たちに勝る選手はまだ今の日本代表にはいないと言う印象だ。

可能性のあるのは遠藤航。まだ経験が浅く今後に期待したい。

ヨーロッパでは、周りにサポートされながら力を発揮する選手が集まっても、サポートする選手がいなければ活躍することができるわけがない。

それを実現するには、繰り返すが、パス、トラップの基本技術を極限まで磨き上げて、日本の組織的プレーを誰もができる共通認識として植え付ける必要がある。