1人のスターの存在がチームを別物にする

少年サッカーにおいて、1人の突出した選手がいるだけでそのチームの戦闘力が大幅に向上する事はよくある。

その子がボール持ったらゴールまで一直線。とか、ロングシートでハーフラインを少し超えた辺りからゴールを決める。

そんな選手が1人いると、その人がゲームを勝利に導く。

ただ、学年が上がるごとに、サッカーの戦術、原理原則を理解して組織的なプレーをするようになると、1人のスターだけではどうにもならない。

そう思っていた…

が、昨日の日本代表は、私の常識を覆すほどの変化を遂げていた。

スタメン大迫勇也

昨日のイラン戦。この一人の存在が日本代表をこれまでとは全く別のチームに変えてしまった。

大迫が2得点というのは、彼自身の存在がFWとして確固たる地位を築いている事の証なんだけど、それよりも何より攻撃陣の動きが全く別物になった。

顕著なのは堂安と南野の動きだ。

これまで二人の動きがあまり連動する事なく個々人の力で突破しようとしてディフェンスに阻まれるシーンが多かった。というか、ほぼそれだった。

南野に関しては一人で無謀なドリブル突破を仕掛けるも、ディフェンダーに阻まれて転倒して相手ボールになるシーンが多く南野がボールを持つとドリブルのあと取られてピンチみたいな印象が残っていたが、昨日は効果的なパスを出すし、ゴール前に走り込んでチャンスを作ったり、得意のターンでディフェンダーを置き去りにするシーンもみられた。

堂安もダイレクトパスやドリブル突破、そしてディフェンダーの密集地帯での細かなパス回しなど、攻撃の選択肢が増えて次はどんな攻撃で相手を崩すのかワクワクしながら見れた。

この二人の動きを変えたのは大迫の存在が大きい。

  • 大迫がボールを前線でキープ出来る
  • 効果的なパスで味方を生かす
  • これが出来る歴代の選手は中田英寿とか、本田圭佑とかMFが多かったけど、FWでこの役を担って、更にゴールも決められる選手って過去の日本代表ではいなかったんじゃないかな。
  • 少年サッカーだけで起こり得る事象だと思っていたのに、一人の選手がチームを別物にする。
  • そんな事が日本代表でも起こり得るなんて、大迫の凄さを改めて感じだ一戦でした。
  • それでも、やっぱり歴代の代表と比べると全体的に物足りなさを感じる