【体験レポ】フォレスト幼児教育の体験に行ってきた

来年はうちの子も年長、地元の公立小学校じゃなくて、学校の教育方針のしっかりした私立小に入学させたい。と思っているご家庭向けに、小学受験向けの塾のご紹介。

今回は練馬区で塾を、開いている「来年はうちの子も年長、地元の公立小学校じゃなくて、学校の教育方針のしっかりした私立小に入学させたい。と思っているご家庭向けに、小学受験向けの塾のご紹介。「フォレスト幼児教育」での、体験レポです。

ここが、私の知っている練馬で一番有名だと思います。テレビや雑誌の取材も何度か受けているので、ご存知な方も多いかと思います。
場所は西武池袋線練馬駅北口から2分の立地で通いやすいです。
ミーハーな情報ですが、福山雅治主演ドラマ「そして父になる」の小学受験の面接シーンの演技指導を室長が行なっていたとか。。。

それは良いとして、実際の授業を受けた印象ですが、とにかくスピード感が半端なかったです。
時は金なりを、体現しているような感じで、先生がストップウォッチを持って、短い時間で色々な課題をこなしています。
生徒たちもその環境に慣れているようで、体験に参加した我が子だけが圧倒されて何もできず自信喪失。と言う感じで終わっています。

先生の印象は・・・淡々と、ただ淡々と進めています。上手くできた子には当然褒めていますが、強い感情はなく、ただ淡々と褒める。と言う感じ。褒めて伸ばす。より、多くこなして慣れる。と言う方針を貫いているような印象です。

年中からのコースもあり、年長から受験対策を始めようとのんびり?していたので、年中から始めている子とのギャップが激しかったのかもしれません。これまでなんの対策もしてこなかったからですが、子供は親の想像をはるかに上回る成長をするので、自宅学習次第では追いつくことも可能だとのことです。

スピード感はありますが、課題が多岐にわたると言うよりは同じ課題を何度もなんども繰り返して体に叩き込むと言う印象ですね。

どこの学校にも対応できるように受験対策の基礎を徹底して身につける取り組みだと思います。
親への家庭での学習指導も徹底していて、毎回授業の内容と家庭で実施して欲しいことの説明回を行なっていました。

室長は、自宅学習次第ではまだ間に合うと言っていましたが、のんびりとしていて、鉛筆を持ったことすらなかった我が子にはちょっと厳しいかなと。また、親の家庭学習のフォローもかなり大変だろうと思い、我が家は通わせることを断念しました。