トラップが上手くなるために教えていたことが実は遠回りな練習法なんじゃないかと思った件

トラップが下手だ。上手くなるために

  • ボールをよく見て受け取る。
  • ボールの勢いを抑えて優しく受け止める。

これを繰り返し練習していて、そこそこ上手くなってきた。

と、思っていたが、昨日の練習試合では全くトラップができない。

練習では出来るのに試合でできない。

よくある話で、練習が足りないのだろう。と思っていたんだけど、何かが違う。今の練習を続けても今以上の進化は望めないんじゃないか。

そんな気がする試合だった。

自宅に帰り、試合のビデオを振り返ったところ、やはりボールをよく見て優しく受け取る努力はうかがえる。

ではなぜ失敗するのか。なぜ足元に収まらないのか。

初めは分からなかったが、繰り返し見るうちに原因が分かってきた。

理由は明確

相手を意識したプレーが出来ていないからだ。

もっというと、味方のポジションも意識していない。

練習通りにやっているんだけど、トラップが終わる直前までボールしか視界に入ってない。敵が近づいてきていることに気づけてない。

だから、トラップ直後に敵を意識して慌ててしまい、ボールを見失い取られてしまっている。

もっと早めに敵を認識できたら、正面からきている敵に向かってトラップせずに、逆方向にトラップする選択肢もあったかもしれない。

味方の位置も見えていたら、味方の方角にトラップして次のプレーにつなげることができたかもしれない。

我が子はその判断がトラップ終わってから行われるので、プレーに余裕がなく慌ててしまい、ボールを取られてしまっている。

トラップの前に間接視野で、敵の位置、味方の位置を確認しつつ、次のプレーを意識したトラップができるようにならなければいけない。

それを改善するためにやるべきことは

練習・練習・練習・・・

練習あるのみなんだけど、今までのやり方では、変わらないのでちょっとゲーム性を取り入れてみた。

上述していないが、ボールをよく見て優しくトラップする練習は、リフティングをする事で身に付けてきた。

今回の工夫は回数を増やす事でもなく、トリッキーな足技をふやすことでもない。

重要なのは周りを見ながら続ける技術。

テレビでも見ながらリフティングを続けられるのが理想だけど、流石にそこまでの技術を身につけるのは難しい。そこで考えたのは、10回リフティングする毎にジャンケンをするゲーム。

ジャンケンすると勝敗が気になってボールから目を話す。

初めは目を話すとすぐリフティング失敗していた。それはそうだ。ボールをよく見ろとずっと言ってきたので、それが身体に染み付いているのだから。。それでもその癖を治すために繰り返すしか無い。

しばらく失敗が続いていたが、リフティング9回目くらいで次はジャンケン回だって、身構えるようになってきた。

それでもあわてる。リフティングの基礎が疎かになる。ボールの下を蹴られない。ボールをよく見る。それ以外のリフティングのコツは今まで通り必要な要素となるので、それが欠けると続かない。

それでも根気強く続けていると、やはり子供の成長は早いのか、だんだん成功率が増えてきた。

そこで、私の立っている位置も一定ではなく、右へ行ったり左へ行ったり近づいたり下がったり・・・

また振り出しに戻ったかのように失敗が増えてきた。

それでもこれは、ボール以外に意識を持っていってもリフティングを継続できるようになってきている証拠である。

これが安定してきたらジャンケン回を不規則にして私も動きながらジャンケン出来るよに訓練して、それが出来たらあっち向いてホイとか・・・

リフティングやりながら○○するという訓練をする事で、ボールにだけ集中する事なく、周りを見ながらボールをコントロールする力を身につけようと思う。

試合の予定がしばらく無いので、実戦での効果を見るのは先になるのだが、効果はすぐに現れない。継続することが重要だ。

続けられるかこの忍耐力だけは子供を信じるしか無いのかな。。